カテゴリー「家族のテーブル」の1000件の記事

2019年4月30日 (火)

ありがとう。30年!そして「ココ」!

いよいよ平成の時代が終わる。

テレビはそれで忙しい。

あまりそのことについてどうこうは思わないが、

平成すべてを結構な「おとな」で生きてきたものとしては

懐かしく、ここで一つ確認しておこうという気にもなる。

「平成」になった時よりは「令和」になったことの方が印象的だ。

   *

まさに時代の境目ということだ。

   *

時間の境目ということで、こんなことを思い出した。

昔、子どもに真顔で話したことがある。

大晦日が元旦に変わる境目があるのよ。

瞬きしているとわからない一瞬がその境目だよ。

新しい年はぴかーっと光ってやってくるの。と私。

眠いのに

一生懸命起きてその時を待っていた息子には申し訳ないことをした。

その後は

「お母さんのいうことの半分は冗談だ」とわかって

しっかり、自分で判断するようになった、と思う。

いまではこちらの「言い間違い」までも聞き直されるようになった。

わかっているのに

わからないふりをして、聞いてくる、全く困ってしまう。

って、

自分が気が付けばいいだけなのに。

  *

とにかく

今日一日は平成、(あと何時間?)

明日からは令和、ということだ。

  *

ということで

切りよくこのブログもここでお引越しいたします。

なにしろ、ディスク使用量95パーセントなので。

今後ともどうぞよろしく。(引っ越し先

 

 

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

実家のナニワイバラ

41_1 タケノコご飯をもって、実家へ行ってきました。

今日も母は元気でした。ほっ!

先週まで咲いていなかったナニワイバラが咲いていました。

去年、あんなに短く切り取られてしまったので

今年は咲かないかなと思っていましたが、

いつものように大きな花を咲かせてくれました。

42_2 43_1 44_1 これは

一応、我が家方面では「私の花」ということになっています。

私が友達のお義父様にお願いして挿し木をもらったからです。

だから枯らすことはできません。

「咲いていたでしょ?」と母。

「うん、咲いていた。」と私。

「根性あるんだね、あの花(だから大丈夫、ということみたいでした。)」

その前に

先日大学病院に行ってきたことの顛末を、散々話したので。

もっと大きくなっていいところ、道路にはみ出さないところに、植え替えるため、

今年は挿し木をしようと思いました。

伸びすぎて、道行く人のご迷惑になるといけないから…

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

育てよ!新しい芽!

40_1 ベランダの鉢にまいた種が力強い芽を出した。

これから、たくさん太陽を浴びて、水を吸って、元気に大きくなってほしい。

   *

先日の病院後、娘に電話をした。

「どうだった?」

「それがね、かくかくしかじかで・・・

朝起きた途端、倒れそうになっちゃってね。

よっぽど病院に行くのが嫌だったんでしょうね。」

すかさず、娘が答える。

PTSDか!(そうかもしれないね。)

お母さん!お母さんもそうかもしれないけど、私たちだってそうなのよ。」

「そうか」(それは思わなかった)

「いい思い出ないものねぇ。」(たしかに)

入院後半になって、週末1泊だけ家に帰った時のこと、

ある時、娘一家の車で病院に送ってもらったことがある。

毎週見舞いに来てくれたまごっちが

車の中から「ばあ、あそこに見える建物がバアの病院だよ。」と

説明してくれた。

外からはあまり見たこともないその病院を、マゴッチは何度も来てくれていたことを思った。

三歳になったばかりなのに、いとおしくやさしいなと感じたものだった。

こうしてまるまる10年経っても

生々しくみんなの心に残っているのだ。

そういえば息子1も

救急車で運ばれた日あたりは、なにかドキドキしてしまうといっていた。

その時は夫は出張中で、息子が一人で対応したのだった。

   *

これから一年に一度

定期点検(?)をしにこの病院に来て、

あの時、命を得たことに感謝して、

また一年、生きたことを確認していこう。

命あることの感謝でつらい思い出を「上書き」していけたらいいな、と思った。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

昨日は病院へ

今年の1月に今行っている大学病院から

紹介状をもらっていた。

しかしなんだかんだと行き遅れて、

昨日になった。

行く日が近づいてくると、気が重い。

いいことがあまりないような気がしてくるのだ。

案の定

目が覚めたら

めまいがする。

夫は「別の日にしようか。」と言ってくれるが

いつまでも伸ばしていても仕方ない。

たのしく有意義な連休のためにも・・・

少し遅くになったが、行った。

それだけ緊張していたのだ。

   *

10時半ごろついて、

CTやレントゲンを撮り

先生にお目にかかったのは、2時。

まあ、今のままで大丈夫と言われたので

良しとしよう。

耳鳴りはそのボリュームを上げているが。仕方ない。

   *

そして、一年に一回

予約を取って、こちらの病院でも、みてもらうことになった。

半年の入院手術をしてから、ちょうど10年になる。

無事に今まで生きてこられて

本当に幸せだったと思った、

病院での待ち時間であった。

ウナギで遅い夕食を取り、

家に戻った。

待ちくたびれた、精神的に疲れた一日だった。

   *

35_1 39_1 37_1 36_1 38_2 夕日が傾くころ

家に帰った。

マンションの入り口の小さな花壇に咲いた

ミニマーガレットの海が

光り輝いて疲れた心を

ポッと緩めてくれた。

 

| | コメント (6)

2019年4月15日 (月)

春は段ボールで…

昨日日曜日

母のところから帰ったら

玄関に宅配便の「不在票」が入っていた。

差出人を見て、「あ、たけのこだ!」(うれしぃぃぃぃ!)

早速連絡して、

届いたのは「大きなダンボ―ル」

中には

程よい大きさのタケノコ5,6本

菜の花(辛し和えにしよう)

キャベツ

立派な里芋(今年初めてかも)など。14_3 15_2

本当に、いつもありがとうございます。

タケノコは早くゆでるのがいいと、写真を撮るのも忘れた。

13_2 12_1 じつは、またまた、今度は夫が娘の家に泊まりに行くので、

煮たのをもっていってもらおうと思ったのだ。

他に

ホウレンソウと実家から採ってきたさやエンドウも持って行った。

なかなか実が付かなかったさやえんどうも今ではこんなに・・・りっぱになって・・・(泣)

昨日はこの3倍採れました。

新中学生の毎日のお弁当の

付け合わせの緑にちょうどいいと思ったのだ。

ご両親たちは毎日交代でお弁当を作っています。

がんばれ!

そして、Tさん、ありがとさん。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

とんだ一週間

火曜日から

昨日金曜日まで、

先週に引き続き、

第二次新学期応援週間ということで

娘のところに行ってきました。

実を言うと

一泊か二泊で

と思っていたのですが

ちょうど(?)

マゴッチ2号が、私が行った日に

足を怪我して、

送り迎えをすることになり、

昨日までその任務を果たして帰ってきたというわけです。

少々疲れましたが、

規則正しく歩き、

疲れて帰ってくる娘のかわりに夕食を作り

(と、家でもそんなにしないことに励んだ結果・・・)

でも、今はかりに乗っても、体重は変わらなかった。残念。無念。

というわけで、

ブログにアップすることができませんで。

ブログ上では、私の今週は飛んでしまいました。

来週から普通通りになる、かな。

でも、その代わりにたくさん孫たちと接することができました。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

4月・新年度・さくら

4月

新年度が始まった。

我が家では恒例の「新学期応援月間」が始まった。

って、勝手に、そう言っているわけですが

で、娘のところに行ってきました。


その二日目、

Photo_22 3_2 4_2 5_1 6_3 7_1 8_3 10_2 11_2 近くの石神井川の桜並木を見に孫二人と行った。

どちらかというと

孫たちに連れて行ってもらった感じ。

案内図をプリントアウトしていったが、

川の両側に連なる、きれいな桜を

ほんの少し歩いただけで堪能することができた。

ひそかに

中山道の「板橋(いたばし)」という名所に行きたいなと思っていたが、

なななんと

少し歩いて着いた橋がその「いたばし」であった。

旧中山道の道が川を渡っている。

空は青空

桜は青空に映える。

橋の欄干越しに桜。

いいですね。

帰りは地下鉄に乗って元に戻り、

早めのお昼のイタリアンを3人でバクバク食べて

帰ってきたのはお昼過ぎ。

いい天気でよかった。

今年の桜はこれで良しとしようか。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

誕生日

月曜は
また
娘と息子の誕生日でもあって、
いつもそのあたりで、
ケーキをもって娘のお祝いに行っている。
  *
で、今回は、
20日に
娘のところに出かけて行った。
会社に行った夫が
メールで
早く出られるからウナギ食べてから行こう、ということになり、
着くのが少し遅れた。
  *
ちょうど、マンションの入り口に着いた頃
電話が鳴る。
「おれっちだよ。」
「あれ、〇ちゃん?」
はーい、どうした?
「今日うちに来るはずだったよね。」
「今、玄関ロビーに着いた、もうすぐ着くよ」
まだ、待たれているようで、非常にうれしい。
そんなこんなで、
いつもの料理、春キャベツ3個使った炒め物。
と、お刺身。
15_114
ハッピーバースデイを歌い
ケーキで祝う。
17日夜に送ったお祝いの花もまだきれいだ。
いい具合にマゴッチ1の制服も届いて
試着。
背が大きいのでこれから中学生とは思えない。
季節のせいか、体がだるい気がする。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

96

今日は

母の誕生日でした。

96歳です。

息子2夫婦以外全員出席、15名です。

 

ひ孫たちも背も大きくなり、

いつの間にかみんな大きくなって。」

「ほんとに大きくなるのの早いこと。」

ほんと、もう96ですからねぇ。」

と言って笑いました。

無事

中学受験に合格して、今回一年ぶりにやってきた

マゴッチ1、マスクをして、キャップをかぶっています。

おばあちゃんはしきりに感心します。

背が伸びたわねぇ。」

マゴッチ1が公園に行った後に、同じくマスクをして娘がやってきて

「おばあちゃん、こんにちは、誕生日おめでとう!」

というと、

帽子を取ると印象が変わるわね。」

(あれ、どうやらマゴッチと勘違いしているようで…)

おばあちゃん、私よわたし…」

「うんうん」

(これでは、オレオレ詐欺にほかならない。)

最後に〇子よ、と名乗って、

あらまあ、どうも変だと思った。

その後、母と娘は並んで見せて、

「肩幅が違う!」とか

「二回りほど細い!」とか言い合いました。

母は

「やはり、顔の幼さは6年生ね。」

さすがです。

婿殿の姿を見れば、

「少し太った?」「はぁ」

何を言っても許されるのは、おばあちゃんだけです。

なんといっても

323396歳ですから…はい

豪華に大きなケーキ3つ

フーっとしたら

ローソクの煙がもくもくでした。

プレゼントも

欠席の息子2からも含め

山になりました。

全員の写真を撮って三々五々解散となりました。

おめでとう!!

これからの一年も元気でね。

    *

母からのお礼の品をもらって、家で開けたら

「今日はありがとうございました。」と書いた

ちいさなメモ用紙が入っていました。

「こちらこそありがとう。」です。

 

 

| | コメント (5)

2019年2月 3日 (日)

嬉しい電話

今日は朝から母のところに行ってきた。

節分なのでスーパーにはずらっと太巻きのオンパレード。

せっかくなので太巻きを買ってきた。

家のベランダで収穫していったホウレンソウの胡麻和えと、

子持ちシシャモ

それにヘルパーさん手作りのハンバーグ、卵焼き

などと一緒にお昼ご飯、食後にお団子も。

はぁ~、おなかいっぱいです。

    *

さて、昨日の昼頃のこと。

電話が鳴った

番号を見て、娘からだと思い、

「もしもしぃ」と、のんきに出る私。

「○○!」(名乗ったのはマゴッチ1だった。「です」もない。)

「あのね、第一志望受かったよ。」

「えっ!?」

「おめでとう。良かったね。」

さんざん、あーだこーだと話した後に、

ふと、ぬか喜びをしてもいけないと思い、

「合格したって、ちゃんと見たの?誰が見たの。パパがみた?そうか、大丈夫かね。」と私。

向こうで「バアがちゃんと見たか、って言ってる。大丈夫だよね。」

「うん、大丈夫!」と娘の声が言う。

そうか、ともかくよかったね。

家族挙げて取り組んできた中学受験

時代だから。。。そう言われて、ジジババは遠くから見守るしかない。

こっちには経験ないし…

そういえば昨日のニュースでは

都内では5人に一人が中学受験するといっていた。

ふーん。

で、

最近は邪魔をしてはいけないと、電話もせずひっそりとしていたのだ。

何はともあれ

望む道の門を開けて先に進めるのは

良かった。

この道の先にはまだまだいろいろなことが待っていることだろう。

輝くあの笑顔で、楽しみながら乗り切って行ってほしい。

翌日の今日

送られて来たメールには「名前入りの合格証書」の写真も添付されていた。

これで余計な心配は必要ない。ね。

今日は節分です。豆まきしましょう。

明日が立春 春ですねぇ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧