カテゴリー「映画・テレビ」の180件の記事

2017年6月11日 (日)

『君の名は』我が家のものがたり

昨日は定例週末の母のところへ。

行ったら、椅子に座って、植木屋さんが入ってさっぱりした庭を見ていた。

「今、座る練習をしている」という。

月曜日は病院の整形に行くのだ。

天気も良く、母の腰もだいぶ良いようだった。

少しでも動けるようになれば、気持ちも晴れやかで、

ネガティブな気持ちも無くなって

いつもの母に戻っていた。

帰ってから、思う。

「偉いなぁ。」

いつも自分と置き換えてみる。

「私よりずっとえらい。」

     *

さあて、

新海誠監督作品「君の名は」の話。

2016年8月公開、

歴代3位の興行収入

言わずと知れた大評判作品である。

SF、ファンタジー。

「入れ替わり」の話。しかもちょっとひねりのある。

    *

その年の9月のマゴッチ1の誕生祝に行ったころだったろうか、

家族でこの映画を見に行ったらしく、

保育園の帰りに

手を繋ぎながら

「彗星が落ちてきてね・・・」「え、すいせい!」

(私は半分、子供の、5歳の子の話だからと、聞き流しつつ)

マゴッチはそうとも知らず(ごめん!)、熱心に話し続ける。

「ふーん、そうなんだ。」

「でね、てんてんてんッ♪」と歌いだす。

後から

そのかわいかった歌だけ私が覚えていたので

てんてんてんっ♪」でしょ、知ってるよ。

と言ったら、「ちがーう、ぜんぜんぜん♪なのっ!」

と訂正された。

誰かに直されたんだね。

バアはなんでもいいから可愛いきみの歌声が好きだよ。

何しろ、映画は娘一家にとって、すごく心に残ったらしい。

婿殿は本まで買ったと話していた。

娘は、どんないい話かと思って観に行かないで、

普通に行けば面白いと思うよ。と。

あまり期待していくと・・・ね。いわゆる期待外れとなる。

    *

そんな話を聞いていた息子2夫婦。

冬に、映画見たけど・・・

イマイチだったらしい。

そりゃ、人それぞれだ。

いわゆる「個人の見解によるものです。」

    *

映画はいつか見てみたいが、

婿殿が買ったという小説をリクエストして読んだ。(婿殿に借りればよかったんだ。)

この本の方が先にできたらしく、これもヒットしたようだ。

新海監督が自ら

この話は映像で見るのがいいと述べていた。

たしかに、

本を読んでそう思った。

話の筋は良くわかった。

これもまた28冊目の「7回・・・」と同じく、時間を越えた、出会いの話である。

DVDにはなったらしい。そのうちどこかでやるだろか。

内容(「BOOK」データベースより)

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

(2016/6/18 )29

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

テレビで映画

BSでやっていたので、

 

また見てしまった。

 

「麗しのサブリナ

 

  • 初公開:1954年10月  (アメリカ合衆国)
  •  

  • 監督:ビリー・ワイルダー
  •  

  • 上映時間:113 分
  •  

  • 受賞:アカデミー衣装デザイン賞(白黒)

 

『麗しのサブリナ』は、1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『サブリナ・フェア』をビリー・ワイルダー監督が映画化した。『ローマの休日』に続くオードリー・ヘプバーンのヒット作。(ウィキペディアより)

 

なつかしかった。

 

   *     *

 

エンドロールを見ながら

 

いろいろなことを思い出した。

 

おかげさまで

 

記憶力低下のせいで

 

いつも初めてのような気分で、新鮮にみられる。

 

今回もまあ十年以上ぶりだから

 

もちろん「初めて」のようだった。

 

    *

 

もう一つBBCドラマ「氷の家」

 

二週続けてみました。

 

1997年の作品

 

ミネットウォルターズのデビュー作であるこの本を読んだのは

 

随分昔です。

 

CWA最優秀新人賞受賞作!

 

「蛇の形」「遮断地区」「病める狐」などなど私はかなり読んでいる。

 

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

ムツばあさん

2017年1月26日たまたまついていたテレビで見た。

プレミアムカフェ 秩父山中 花のあとさき~ムツばあさんのいない春~

というテーマだった。

「ハイビジョン特集 秩父山中 花のあとさき~ムツばあさんのいない春~(初回放送:2009年)20年間、山の畑に花を植え続けた故・小林公一、ムツさん夫妻と、二人の思いを受け継ぐ地元の人々の姿を描く」

とあった。

2002年から取材が始まり、その時も戸数5戸住民9人だったという。

日当たりのいい場所を開墾し畑を作って

長年

暮らしてきた。

96その後

そういう暮らしがやがてできなくなる、という夫婦の考えで

二人で畑を元の山に返そうと思ったそうです。

取材の前までに既に1万本の花木を植えてきたと言います。

それもただ植えるのではなく

モミジはことのほか美しい色の木を集めて植えるとかの努力をされたそうです。

少しずつ畑を元に戻して、

自然に返していきます。

それでも

下草を刈り,蔓を切り、

花たちが「元気に生きて行けるように」頑張ります。

斜面の

緑の中にしゃがんで振り返るムツさんの笑顔は優しい。

自分たちのできること、出来ないことを見つめて

今後を考えていく

その潔さ。

ひとつのものを追及し続け、駆け抜ける人生も素晴らしいと思うが

こちらもあり得ると思う。

カメラを通して見つめるNHKの方のまなざしも優しかった。

    *

この時の「スタジオゲスト」は医師の鎌田實さんでした。

アナウンサーが

「今はどうなっているかと言いますと、誰も住んではいないそうです。」と話すと

絶句して「では、花たちは?」誰もが疑問に思いますよね。

しばらく間をおいて

「ボランティアの方がお世話しているそうです。」との声に

鎌田さんも涙目になったようでした。

現在の写真がありませんでしたので、

それもなかなか難しいのだろうな、と想像しました。

交通の便の悪い山奥に残された花たち。

何とかならないかと思いますが。どうでしょう。

なにかHPのようなもので

基金とか募って、うまく動かせたらいいのに、などと思いました。

ムツさんご夫婦は空の上で

仲良く草木の手入れをなさっていることでしょうか。

人生の豊かさ、生き切る、などいろいろなことを考え、感じた放送でした。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

今朝のテレビで

寝ぼけ眼で

聞いていたニュースの中で中継していました。

百済寺

湖東三山の由緒あるお寺

紅葉がきれいでした。

昔行ったことを思い出しました。

私は忘れないけれど、

そういうことをすぐごっちゃになって忘れる人も

覚えていたみたいです。

とても楽しかった。

で、自分のブログで確認しました。ちょうど10年前でした。

こういう時にたいそう便利なのです。

    *

その後

アサイチで

真田丸のテーマ音楽などの生演奏

特別ヴァージョンらしいです。

音を大きくして

聞き入りました。

前からすごい音楽だなと思っていたので

とてもうれしかったです。

三浦文彰さん(バイオリニスト)、辻井伸行さん(ピアニスト)

素晴らしかった。

2月には一緒のコンサートもされたようです。

    *

気分を良くして

クリニックに行ったら

インフルエンザらしき患者さんもいて

身が引き締まりました。

いえ、引き締まる思いがしただけ!ではありますが。はい

家に帰って

しっかり手を洗い、

うがいをしました。

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

映画『大鹿村騒動記』

きのうBSで観た映画。

公開された時に

仲間うちでも話題になり、

私も興味があって見に行きたかったのだが、

行けなかった映画である。

2011年7月16日公開

    *

面白かった。

言葉の面白さ、掛け合いの面白さ、間合いの面白さなど

隙間なく散りばめられていて

ちょっとの油断もよそ見も許されないほどだった。

二人で、くすくすあはあは笑って観た。

遠くに雪の南アルプスがそびえて見える

そのずーっと下の山あいの村

気持ちのいい場所だ。

ロケーションと言い、

登場人物と言い

まるですっかりそこに溶け込んでいるかのような感じであった。

みんなうまいなぁ、当たり前のことを思う。

あの食堂も実際にあるんだ。

    *

エンドロールを見ていたら

なんでこれが我々の仲間で

話題になったのか、がわかった。

そこに高校の同級生である名前を見つけたのだ。

   *

300年以上続く大鹿歌舞伎の伝統を守り続けている。

その大鹿村。

それも素晴らしい。

原田芳雄さんが実際に行き、歌舞伎の話を聞いて(観たのかな)、映画を提案したらしい。

ということで、この大鹿歌舞伎を題材に、笑いあり涙ありの物語が展開していく。

登場する俳優さんたちのそれぞれの存在感がすごい、重い。

また、村民約300人がエキストラ出演したという。

その最後の見せ場である歌舞伎の場面も壮観であった。

いい映画を見せていただいた。

映画館で見られなかったのは、残念だったが。

    *

公開3日後の2011年7月19日に主演の原田芳雄さんが死去し、この作品は彼の遺作となった。

    *

そのことからの私の思い出と言えば、

さらに20年近く前、高校の友達とみんなで新宿に映画を見に行った。

〇〇さんが映画を作ったので、行こう、とか言われて。応援のつもりだった。

終わってから、製作者である彼に連れられて大勢で新宿の小さなバーに行った。

そのカウンターの奥まったところに、原田さんとかが座っていて、われわれ、というか映画人の知り合いである、同級生を迎えてくれた。

暗い中でも光って見えた。

   *

もう一つ思い出したのは

同じ仲間に尾瀬沼に誘われて行った時に見た檜枝岐歌舞伎。

村内を案内していただいた。面白かった。270年以上の歴史があるという。

歌舞伎の舞台。広々してはいなくて、すり鉢状に石で階段というか、があった。

   *

高校、同級生、というキーワードから、私の思い出は

次々と外に引きづり出されてくる。ずるずる・・・

離れそうになる私を高校の同級生たちとつなげてくれる、いろいろな手に感謝しなければならない、と思う。

で、気が付けば、実際の今の私は何もせず、パソコンの前で、手についていないのでアール。いかんいかん。

   *

ということで、では、ごめん!

 しゃーっ!(風のごとく動き出した音…実際は、どどっどたっドテン)

| | コメント (2)

2016年1月26日 (火)

映画『イン・ハー・シューズ』

寒さが治まったとはいえ、

暖房が無いとやはり寒い。

    *

最近テレビでCMしている映画がこの前読んだ本だった。

忘れるはずはない、10月のことだったから。

面白かったので、映画にも興味がある。2月初め公開らしい。

CMを見ると、まさに原作通りのようだ。

本は「火星の人」と言う題名だった。映画は「オデッセイ」だった。

     *    *

この前、久しぶりに映画を見た。ケーブルで。

キャッチコピーは、「私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。」

「In Her Shoes」は「彼女の立場になって」の意。

互いに分かり合おうってことかな。

キャメロン・ディアスの魅力満載と言いたいところであるが、

私にはそれは多すぎと感じ、それ以外の人物に魅力を感じた。

姉妹、いろいろな面で異なる。

しかし、結局血のつながった姉と妹なのだ。

互いに気遣い、いないと心配する。

    *

弁護士で、地味な姉は高価な派手な靴をたくさん買って(買うだけ)

ストレスを発散している。

靴と言うのがいい。

足が合えば、誰でも履ける。

姉の靴は妹にもピッタリなのだ。

そして

実の祖母にも。

このシャーリー・マクレーン演じる祖母が素敵。

普通に「ばばバカ」でもなく、

妹をすっかり見通している。

やがて、迎える姉の結婚式に

祖母は素敵な靴を貸す。

まさにSomething fourです。4つの何か。
「Something Blue」「Something Old」「 Something New」「 Something Borrow」。
花嫁はこれを身に着けると幸せになれると言われているとか。

祖母の靴を借りるのです。

それぞれの思いを越えて互いに分かり合って

結婚式では難読症だった妹が姉に向けて詩を読むのだ。

久しぶりに

ほんわか、じんわりした映画だった。

解説

『L.A.コンフィデンシャル』『8Mile』のカーティス・ハンソンが、キャメロン・ディアスを主演に迎え、女性の自分探しを描いた感動作。製作にリドリー・スコットも名を連ねる。共演に『アバウト・ア・ボーイ』のトニ・コレットとベテラン女優のシャーリー・マクレーン。内面にコンプレックスを持っている妹と外見にコンプレックスを持っている姉の心のすれ違いと葛藤(かっとう)を女優たちが見ごとな演技で表現する。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ビートルズ

どんよりした午後

連休持ちますように・・・

    *

いま

先日買った、ビートルズのDⅤDを聞いている。

2015年11月世界同時発売と銘打ったソフトである。

「こんなビートルズ、見たことない!

"究極のベスト、究極のザ・ビートルズ"
全英/全米で1位を記録した永遠の27曲が最高の音と映像で登場

2015年最新ミックス・サウンド HDリマスターによる驚異の高画質
ザ・ビートルズ 初のミュージック・ビデオ集」

というけれど

いささか

ムリもある感じ。仕方がないか。

Uiby15068「2000年にリリースされ、これまでに全世界で3200万枚、日本でも320万枚のセールスを記録している大ベストセラー・アルバム『ザ・ビートルズ1』の最新版ということだ。

今回発売される『ザ・ビートルズ1』は、CDのみならず映像作品としても発売される。ということで・・・

映像も

まとまったのが

ひとつあってもいいかなぁ、という気分で買った。

すべて耳慣れた曲だけれど、

年代が年代

であるからして

ロックがのろい、とか音量が統一されていず、強弱があるとか

文句をいいつつも

やはり思わずその世界にはまってしまう。

さすがだ、

ビデオの中の彼らと

その強烈なファンたちに思いを馳せる。

そして

自分の通り過ぎた時間たちにも…

    *

1.Love Me Do / ラヴ・ミー・ドゥ
2.From Me To You / フロム・ミー・トゥ・ユー
3.She Loves You  / シー・ラヴズ・ユー
4.I Want To Hold Your Hand / 抱きしめたい
5.Can't Buy Me Love / キャント・バイ・ミー・ラヴ
6.A Hard Day's Night / ア・ハード・デイズ・ナイト
7.I Feel Fine / アイ・フィール・ファイン
8.Eight Days A Week / エイト・デイズ・ア・ウィーク
9.Ticket To Ride / 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10.Help! / ヘルプ!
11.Yesterday / イエスタデイ
12.Day Tripper / デイ・トリッパー
13.We Can Work It Out / 恋を抱きしめよう
14.Paperback Writer / ペイパーバック・ライター
15.Yellow Submarine / イエロー・サブマリン
16.Eleanor Rigby / エリナー・リグビー
17.Penny Lane / ペニー・レイン
18.All You Need Is Love / 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19.Hello, Goodbye  / ハロー・グッドバイ
20.Lady Madonna / レディ・マドンナ
21.Hey Jude / ヘイ・ジュード
22.Get Back / ゲット・バック
23.The Ballad Of John And Yoko / ジョンとヨーコのバラード
24.Something / サムシング
25.Come Together / カム・トゥゲザー 
26.Let It Be / レット・イット・ビー
27.The Long And Winding Road / ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
VIDEO EXTRAS
Paul McCartney audio commentary / ポール・マッカートニー音声コメンタリー
 Penny Lane / ペニー・レイン
 Hello, Goodbye / ハロー・グッドバイ
 Hey Jude / ヘイ・ジュード
Ringo Starr filmed introductions / リンゴ・スター映像解説
 Penny Lane / ペニー・レイン
 Hello, Goodbye / ハロー・グッドバイ
 Hey Jude / ヘイ・ジュード
 Get Back / ゲット・バック
    *
終わるころには
泣きたくなるくらい
切なくなった。
泣かないけどね。

| | コメント (3)

2015年7月24日 (金)

映画『鍵泥棒のメソッド』

前に内田けんじ監督の「アフタースクール」を見た。

それも面白かったが、この映画も評判だったので、

この暑い夏、家に籠って、

録画しておいたのをみた。

2012年

普通に面白い、主人公たちが魅力的。面白い。

広末涼子の役も面白い。

香川照之も、もちろん境雅人も。

独特のおかしみが全編に漂っている。

解説 

「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督が、人生が入れ替わってしまった売れない役者と凄腕の殺し屋が巻き込まれる騒動を、堺雅人主演で描く喜劇。35歳でオンボロアパート暮らしの売れない役者・桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男・コンドウが転倒して記憶を失ってしまったことから、出来心で自分とコンドウの荷物をすり替え、そのままコンドウになりすます。しかし、コンドウの正体は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を引き受けなくてはならなくなる。一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功するため真面目に働き始め、徐々に事態は好転していくが……。共演に香川照之、広末涼子。第36回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞した。

「運命じゃない人」もいつか・・・

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

『大統領の料理人』…美味しい映画

今日は7月7日

七夕ですね。空は雨模様。

   *

大統領の料理人

ちょっと前にケーブルで見た。

私は美味しそうな料理の絡む映画が、(も?)好きだ。

見たが、

とても美味しそうだった。

実在のモデルがいるので、淡々と描かれていた。

ストーリー的には、取り立てて感想を述べるまでもないと思ったので

そのままにしていた。

解説

 

「フランス最後の国父」と称されるフランソワ・ミッテラン大統領に仕えた、仏官邸史上唯一の女性料理人ダニエル・デルプエシュの実話をもとに、大統領のもとで働く女性シェフの奮闘を描くドラマ。片田舎のレストランを経営しているオルタンスは、ミッテラン大統領の指名によってエリゼ宮のプライベートルームに迎えられる。オルタンスは、規律に縛られた男社会の厨房で孤立しながらも、ひたすらに料理の味を追求。やがて、オルタンスの情熱が冷え切っていた厨房を刺激していく。監督は「恋愛小説ができるまで」のクリスチャン・バンサン。

2013,09公開

    *

今日、NHKのアサイチ<レジェンドキッチン> に「ダニエル・デルプシュさん」が登場していた。

この映画のモデルになった方である。

映画と似た、ちがう!本人に似た配役だった。

73歳とあったが

とても素敵な方で、赤いサンダルがお似合いだった。

フランスの素敵な家と、キッチンも紹介されていた。

映画は60歳で南極基地の料理人になったところで終わる。

「湯煎にかけてゆっくりかき混ぜてつくるスクランブルエッグ」まさに芸術的であった。

素晴らしい。

    *

美味しい映画と言えば

私はまず「バペットの晩餐会」「マーサの幸せレシピ」などが思い浮かぶ。

懐かしく、好きだ。

「厨房で会いましょう」も。

まだまだいろいろ思い浮かんできます。

    *

幾つになっても

おしゃれを忘れてはいけないな、とも痛感いたしました。

エリゼ宮でも「ネックレス」と「ヒール」の靴は欠かさなかったということです。

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

映画「バグダッド・カフェ」他

いつのことだったか、どんな状況でだったか、

誰とだったか忘れた

そんな前に

誰かがこの映画のことを話していた。

この映画の題名だけが、それだけが私の頭にかすかに残っていて

そこにひっかかった。

で、見なきゃ。

    *

そんな風で観た映画

☆「バクダッド・カフェ」

1987年西ドイツ映画

アメリカ合衆国ラスヴェガス近郊のモハーヴェ砂漠のうらぶれたカフェに集う人々と、そこに現れたドイツ人旅行者ヤスミン(ジャスミン)の交流を描く作品。

「日本では1989年にシネマライズで初公開されて大ヒットし、当時のミニシアターブームを代表する一作となる。また、ジェヴェッタ・スティール(英語版)が歌うテーマ曲「コーリング・ユー(英語版)」は、アカデミー賞最優秀主題歌賞にノミネートされ、80組を超えるアーティストがカバーするヒット曲となった。

1994年には『バグダッド・カフェ 完全版』がリバイバル上映され、新たなファンを呼んだ。」

 「人生をローギアに入れて」がキーワード

確かに秀作、味があった。今でもほんわか余韻が残る。

☆マネーボール

2011年のアメリカ映画。

ブラッド・ピット

マイケル・ルイスによる『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』を原作とし、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)、ビリー・ビーンがセイバーメトリクスを用い経営危機に瀕した球団を再建する姿を描く。

内容的には面白かったが、ドキュメンタリーなので、最後は・・・

☆冷静と情熱のあいだ 2001年 日本

なじみのあるENYAのあの音楽が浮かぶ。

イタリアフィレンツエ

フィレンツェのドームが印象的だった。

原作も読んだが、まさに恋愛小説であった。

内容(「MARC」データベースより)

はかなくてせつない、永遠に忘れられぬ想い。江国香織が女の視点から、辻仁成は男の視点から紡いだ、かつてない共作恋愛小説。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧