« 『さざなみのよる』木皿泉 | トップページ | 隅田川七福神 »

2019年1月11日 (金)

『監禁面接』ピエール・ルメートル

この辺りは今日もいい天気でした。

内容(「BOOK」データベースより)

重役たちを襲撃、監禁、尋問せよ。どんづまり人生の一発逆転にかける失業者アラン、57歳。企業の人事部長だったアラン、57歳。リストラで職を追われ、失業4年目。再就職のエントリーをくりかえすも年齢がネックとなり、今はアルバイトで糊口をしのいでいた。だが遂に朗報が届いた。一流企業の最終試験に残ったというのだ。だが人材派遣会社の社長じきじきに告げられた最終試験の内容は異様なものだった。―就職先企業の重役会議を襲撃し、重役たちを監禁、尋問せよ。重役たちの危機管理能力と、採用候補者の力量の双方を同時に査定するというのだ。遂にバイトも失ったアランは試験に臨むことを決め、企業人としての経験と、人生どんづまりの仲間たちの協力も得て、就職先企業の徹底調査を開始した。そしてその日がやってきた。テロリストを演じる役者たちと他の就職希望者とともに、アランは重役室を襲撃する!だが、ここまでで物語はまだ3分の1。ぶっとんだアイデア、次々に発生する予想外のイベント。「そのまえ」「そのとき」「そのあと」の三部構成に読者は翻弄される。残酷描写を封印したルメートルが知的たくらみとブラックな世界観で贈るノンストップ再就職サスペンス! 

(2018/8/30)2

462ページの重たい本であったが、

なんとなく軽やかに読み終えた。

訳本ではあるが

それでもなんとなくユーモアもある。

怖い場面も殺人事件も最後まではない。

「そのとき」の語り手が変わっていることに

数ページ読んでから気が付いた。

結末が気になる、話の運び。

|

« 『さざなみのよる』木皿泉 | トップページ | 隅田川七福神 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『さざなみのよる』木皿泉 | トップページ | 隅田川七福神 »