« 十和田へ(11月9日)…③ | トップページ | 静まり返る蔦沼(11月10日)…④の2 »

2018年11月18日 (日)

酸ヶ湯温泉から蔦沼へ(11月10日)…④の1

引き続き

写真の整理をしたいのはやまやまなれど、

母のところに出かけてきた昨夜

娘から電話があり、まごっち2とフラッと我が家に出かけたいとのこと。

久しく、といっても一か月ほどですが、まごっちに会っていないジジババは大喜び、

マゴっち1の塾の間にちょっとだけということで

断ることなどあるはずもなく、

しかし、当然、旅から帰ってボーっとしていたばかりに、

今から座る場所を作るべく、掃除をしなくてはならない。

で、必死に頑張って片づけて、

二人がやってきたのが11時

お昼を食べて、おしゃべりをして、

青森の写真を全部見せて(見てもらって)、コーヒーを飲んで、

今帰っていきました、午後3時。

これから、仕事の前に一日分の写真の整理。

     ☆

4544_2「酸ヶ湯温泉といえば千人風呂、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」は初めて見る者を驚かせます。160畳もの浴室には、熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝などの源泉の異なる浴槽があります。300年に亘りたくさんの人々を癒してきた霊泉、そして柱一本ないヒバ造りの圧倒的な異空間が、時代を跳び越え自然との一体感を演出します。」

「日本には美しい自然に囲まれた温泉地で、健康を維持回復する「湯治」という伝統療法が昔からあります。
酸ヶ湯はその環境が整ったすぐれた温泉地として国民保養温泉地第一号に指定されました。」(
hpより)

有名な酸ヶ湯です。

どこに泊まろうか、いろいろ考えましたが、息子の勧めもあり、まずはここ「酸ヶ湯」に泊まらねば。

昔風の大きな宿は広くて、

気取ってはいなくて、お湯は素晴らしいです。

お風呂に行くにも結構歩きました。

大きいお風呂は24時間入れ、混浴です。

午前午後8時から9時は女性専用になるのでそこを利用します。

いつまでも硫黄の香りがしていました。

私の好きな万座温泉と同じような香りです。

夕食もおいしくいただきました。

山菜やキノコの具だくさんのお味噌汁はお替り放題。

おいしかったです。

   ☆

翌日は

また十和田湖方面に少し戻って、蔦温泉へ。

蔦沼へ。

紅葉で有名なところです。

朝一のバスなので、人が少なく空いていました。

4647入り口にはビジターセンターもあり、しっかり入り口と分かります。

立派な遊歩道があり、また、工事中でした。

     ☆

なーんて

ここまで書いていたら、5時近く、

息子1からメール

「今から帰る」

「夕食は?」

「食べないで帰ります。」

実をいうと、帰った週末にふるさと納税の山形の牛肉で

すき焼きをしようと行く前から、誘っていたのでありまして。

(留守番もさせていたことだし、ね。)

そのために早めに帰ってきた模様。

昨日ネギ以外の食材は買ってあったので、

早速ネギを買い出しに行き、用意をする。

おいしいお肉で久しぶりにすき焼き。

息子にもまたまた写真を見せて、(見ていただいて)

のんびりの日曜のはずが

子供たちとの楽しくおいしい、二部編成の友好関係の一日になった。

で、仕事はこれから、そして

ブログの続きはまた明日。(④-2へ続く

|

« 十和田へ(11月9日)…③ | トップページ | 静まり返る蔦沼(11月10日)…④の2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十和田へ(11月9日)…③ | トップページ | 静まり返る蔦沼(11月10日)…④の2 »