« 三日連続・・・ | トップページ | 北からの便り »

2018年11月 1日 (木)

『探偵が早すぎる上下』井上真偽

昨日は

ど・いい天気でした。

ベランダに布団をいっぱい干しまして、

気持ちがいいです。

    ☆

今回読んだ本は

何処かでテレビ化されるという情報を聞いて…

初めての作家さんです。

なんとなく「謎解きはディナーのあとで…」シリーズ風かなと思って

読み始めました。

結果は

似たようなものでした。

読みやすく

一冊一晩てな感じでしょうか。

なかなか

ネタを探すのが大変だろうな、

などと考えました。

内容(「BOOK」データベースより)

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

   ☆

一昨日一日かかって、

新しいパソコンが使えるようになりました。

あと

仕事に使う文書などを移動しないといけません。

息子が

外付けのハードディスクを貸してくれたので、

やる気になれば

すぐできるでしょう。

その「やる気」を探さないといけません。

容量を聞いたら、なんテラとか言ってましたっけ。

ちょっと、どや顔が見えたので、きっとすごいんでしょう。

|

« 三日連続・・・ | トップページ | 北からの便り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三日連続・・・ | トップページ | 北からの便り »