« 鹿 | トップページ | 秋日和 »

2018年10月14日 (日)

一筆箋で、歩きで、

一昨日の夕方のこと、

前から

最近会わないな。元気かな。」と思っていた、すぐ近くの友のことが頭に浮かんだ。

都内に出かけて帰ってすぐのことで、

(普通なら疲れてドタッとしてしまうところなのに、)

どうやら私はその日、ちょっと「キビキビ働く女モード」だったらしい。

彼女の御嬢さんは娘の仲良しでもある。

すぐ近くに住んでいて、

玄関to玄関はそうですねぇ、2,30歩もないかな。

であるからして(マンションの入り口違い)

ごみ出しとかでも会う時は会う。

それがここ数か月

まったく会わない。

何だか気になって、以前にも娘に聞いてみたりした。

何かあるとしたら、忙しいとしたら、だんだん心配になり、

電話をするのも悪いし、メールも変わっているかもしれないし…と

迷って、

一筆箋を取りだした。

こんにちは。最近お姿を見かけていないような気がするのですが。 

お元気ですか。夏ごろから少々心配しています。お元気ならいいのですけど、特に用事はありません。」と書いた。

善は急げと

テレビもつけっぱなし、ドアの鍵も開けっぱなしで、友の1階のポストに入れに行った。

なんってったって、2,30歩ですから・・・

往復1分。

しばらくして夫が帰ってきて、

「玄関のドアに何かぶら下がっているけど、なんだ?」と言いながら持ってきた。

開けて見たら

彼女からの手紙とおまけの(?)韓国海苔。

手紙を見ると、元気だそうである。よかった。

「良かったよかった、元気で。返ってすみませんでした。」とメールをした。

最初のアドレスに出したら、やはり戻ってきた。

二番目のに出したら、どうやら届いたようだ。

安心して、ほんとに嬉しかった。

   *

そして翌日の昨日、

期日でもあったので

午後から図書館に行った。

誰もいなかったので、カウンターの人としばらくおしゃべりした。

帰り道、買い物をして行こうと歩いていたら

向こうから、私の「歩きの師匠」がやってきた。

「あらぁ、どうしているかと心配していたのよ。

全然会わなかったから。ちょうど今朝もあなたのこと考えていたの。」

そういうと

「ありがとう。ところで最近歩いてる?」

「あんまりね、お仕事もパソコンで、飽きてもそのままネットサーフィン!」

と話す。

「30分に一回立ち上がるようにするといいわよ。」「そうか。わかった」

「私なんて家の中でも結構歩いてるから。」とも言う。

「私なんてじっとしてたら、一日500歩!」

ということで、30分毎に立ち上がる、ということを教えてもらった。

ぜひやってみよう。

    *

結局「歩きの師匠に私が会わないということは、

私が外に出ない、歩いていない。」ということだったということに気が付いた。

私が心配することではなく、心配される方なのでありました。はい

|

« 鹿 | トップページ | 秋日和 »

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿 | トップページ | 秋日和 »