« ついに、大人の休日倶楽部 | トップページ | 『嫁をやめる日』垣谷美雨 »

2018年9月29日 (土)

今日、出かけるとき

エレベーターホールの掲示板に

「訃報」が張り出してあった。

同じ階段の奥様のものだった。

つい先日

ご主人が入院のことを話してくれた。

あれは9月24日のことだった。

そして27日に亡くなったとのことだった。

ご夫婦ともに優しい方たちで、大好きだった。

お互いに

会えば健康のことを気遣う仲であった。

    *

そのことを知ってから

出かけているあいだ

車の中で二人でその話をした。

こころからお悔やみを申し上げる。

それにしても

命は儚い。

分かっているつもりでも思い知らされる。

    *

買い物に行けば、

アぁ このお店で奥さんとよくあったな、と思う。

外を歩く女性を見かけると

あれは彼女の後姿ではないか、などと思う。

    *

台風の前の小雨が降る中

いつの間にかどこからか金木犀が匂い立っていた。

まるで雨雲に押さえつけられた狭い地上の空間を

覆い尽くすように

甘く漂っていた。

明日はお別れに行きますね。

    *

早かれ遅かれ無くなる命

それまでの毎日を大切にしていこう。ね。

|

« ついに、大人の休日倶楽部 | トップページ | 『嫁をやめる日』垣谷美雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに、大人の休日倶楽部 | トップページ | 『嫁をやめる日』垣谷美雨 »