« 押しかけ誕生会で | トップページ | 『銀河鉄道の父』門井 慶喜 »

2018年7月23日 (月)

『スティール・キス』ジェフリー・ディーヴァー

41,1度

新記録!

なんて喜んではいられない。

頑張ろうね、みんな!

って感じ。

   *

この本は少し前に読んだ。

内容(「BOOK」データベースより)

リンカーン・ライムが刑事事件から撤退を決意した!原因はバクスターという男の死だった。ライムの徹底した捜査の結果、重罰を科されることになったバクスターは自殺を遂げた。捜査に間違いはなかったが、しかし…。そんな疑念がライムを捕らえたのだった。だから連続殺人犯を追うアメリア・サックスはライムの助けを借りることができない。そしてライムは、民事訴訟のための調査依頼を引き受ける。それはサックスの目の前で起きた痛ましいエスカレーター事故の訴訟だった…。
(2017/10/30)34
第12作
久々の気もする。
しかし
次作も刊行されていて、
その次も用意されているというから
大したものだ。
枯れることのない創作意欲。
素晴らしい。
相変わらず
面白かった。
次回作も期待しています。

|

« 押しかけ誕生会で | トップページ | 『銀河鉄道の父』門井 慶喜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 押しかけ誕生会で | トップページ | 『銀河鉄道の父』門井 慶喜 »