« ジンギスカンと…⑥ | トップページ | バラの季節 »

2018年5月 6日 (日)

小田原で歩こう

今日も母のところにいつも通り行って来た。

   *

きのう土曜日

天気がよさそうなので、どこかに行こうということで考えた。

HPで調べたら

小田原のウォ―キングコースはかなり整備されているらしい。

その一つを選んで出かけた。

まず、前から気になっていた玉宝寺「五百羅漢」へ。

1その前に小さな「白山神社」に寄る。

五百羅漢までは、足柄駅で降りて300メートル、5分とある。

(メートル数は誰にでも同じだが、歩くのにかかる分数は私の場合、5割増しであります。)

243こじんまりした静かなお寺です。

お参りしたいのですが、と聞きに行くと

どうぞあがってください、と。

6


5


7


8


9


まずお参りした御本尊の、両側に羅漢像が三段にぐるりと並んでいます。

手の込んだ古いものから、

金色に塗りなおされたようなものまで

様々です。

市のHPによれば、

像高24cmから60cmの羅漢像526体が、 

本堂内に所狭しと並列する様は、誠に壮観で、県内でも数少ないものです。」とある。

なかなか素晴らしい。

じっくりゆったりお参りさせていただきました。

寺の外に出て、あれ、どっちに行くんだ?と

ふと見ると、入り口に茶色のプレートの案内板があった。(うむ、わかりやすい)

大雄山鉄道の「五百羅漢駅」のそばを通り、だらだらと坂を上り始める。

休み休み…

101112久野1号古墳まで1500メートル、

「久野諏訪ノ原丘陵には『久野百塚』や『久野九十九塚』と言われるほど、多くの古墳が点在していました。 

120に及ぶ古墳の存在が想定されています。 

一番、目を引くのが「百塚の王」とも称される久野1号古墳です。 

足柄平野を治めた首長の墓にふさわしく、足柄平野を一望することが出来、逆に足柄平野からも久野1号墳が良く見えます。…周溝を含めた直径は60メートルを超え、神奈川県内でも最大の円墳と言える規模であったと考えられています。」案内板より

本格的発掘調査は行われていないとかで、緑濃い丘になっていた。

その横から下って

1段下の道を行く。

1415車も来ず

静かな良い道。

17


18


25


2833


手つかずの道ではなく、

花が咲き

鶯が鳴き

梅が生っている里山の風景。

尾根から下る道も趣がある。

16


19


眺めながら行く。

20


21


23


途中のみちは

植木屋さんなのか、下草も手入れされた場所が多い。

公園のようだ。

27


モンスターのような枝垂桜も凄い。

30


31


4号古墳
まで1号古墳から1700メートル

32道から奥まったところにある。

古墳時代後期のもの。

35


34


15号古墳まで4号古墳から200メートル

ここは石室が復元され公開されている。

予定通り

ここから別ルート。

左に曲がって

下りに下ってくねくねと

龍泉寺観音堂」に行く。

ちょうどバス停があったので、

すっかり歩く意欲が失せて

バスの時間を見たら行ったばかり、(1時間に2本)

どうしようか考えたが、

バスの道をバス停を二つ先まで歩いてこれで今日はおしまい。

小田原で美味しいご飯を食べたかったので

小田原行のバスに乗りたかった。

39小田原は祭りの真っ最中で

あちこちに御神輿が集まっていた。

聞けば駅前に50基ほどの御神輿が集まってすごいらしいが、

われわれは、お刺身地魚定食を食べ、とっとと帰ってきた。

帰りの電車でも珍しく爆睡した。

疲れたが、いい日だった。

あれだけ疲れたのに、14500歩だった。

|

« ジンギスカンと…⑥ | トップページ | バラの季節 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジンギスカンと…⑥ | トップページ | バラの季節 »