« 一週間が早いですなぁ | トップページ | 押しかけ誕生会 »

2018年1月30日 (火)

『最後の医者は桜を見上げて君を想う』二宮敦人

まだまだ寒い日が続きます。

   *

先日 母に話した本がこれです。

「突然自分に降りかかる、しかし当然ながら、誰にでもやってくる『死』というものを

確認し、思い出させる本」でした。

読みながら

自分はどうだろう、どうするだろう、と

考えながら読みました。

内容紹介

発売から大好評! 13万部突破!
本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位!
自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――
衝撃と感動の医療ドラマ
!

(2016/11/1)8

書下ろしらしいです。

いろいろなことを私に考えさせる

素晴らしい本でした。

    *

最終的に

部屋の整理をしようと思った次第であります。

情けない・・・

|

« 一週間が早いですなぁ | トップページ | 押しかけ誕生会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一週間が早いですなぁ | トップページ | 押しかけ誕生会 »