« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の15件の記事

2017年12月31日 (日)

良いお年を!!

寒い夜です。

今年もあとわずか、

よって

当然ながら

来年

新年まであとわずか

という大みそかであります。

今年も何もないというか

穏やかな一年でありました。

来年も

良い年でありますように…

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

忙しいですなぁ。

何が忙しいのか、

というと

こころが…

体は

いつもよりちょっと多めに立っている程度でありますから

それほどでもない。

しかし

さすがに

気ぜわしい。

いくら

悟りを開いたとはいえ、

大勢が集まるのに

座る場所だけはいる。

で、

ああして

こうして

ああやって・・・

気ぜわしいのであります。

5657そんな中

マゴッチたちの

ディズニーの熊ちゃん用の

ベレー帽と

三角帽

この忙しいのに…ね。

段ボールを片付けていたら

半端の毛糸が出てきて…

ついつい・・・

上手く入るかなあ。ふあ~ん

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

あめあめふれふれ

この辺りは

雨が降らず

乾燥している。

作物たちも、農家の方も

大変だ。

5251で、

野菜は高い。

そこで、

ありがたいことに

お正月全員集合に

やっと間に合いそうな

ベランダの葉っぱ達。53


お正月は

何とかこれで

間に合わせようか。

    *

そんなある日

買い物の帰り、

生垣の間から近くの保育園の

幼児の列が出てきた。

先生と手をつないだ一番前の子の歌う声が聞こえた。

「雨々ふっれふれ♪」

当然

つぎは

「かあさんがぁ」となる。

はずだった。

ところが

私の背中に聞こえてきたのは

「もっと降れ」

さらに

わたしのいいひとつれてこい

でありました。

引率の先生は

慣れているのかびっくりもせず、

であるからして

私も

そのまま

素知らぬ背中で

横断歩道を渡って帰ってきました、とさ。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

クリスマスいろいろ

39何年続いているか、

プレゼント交換

隣の部屋に山積み

くじ引きは延々続き

それぞれがメッセージカードを読み

プレゼントを開ける。

46わたしのはこんな感じ

こんな小さな幸せがまだまだ続きますように。

43その前に

5分だけ寄った友のリビング

新しい絵が並んでいた。

31
47それぞれのクリスマス。

その他頂き物。

5049一点物のアクセサリーを作ってくれる友の作品

いつも、とても素敵で役に立っています。

頑張って妹にも買った。

もちろん妹が赤

48もう一つ

これは夏にもいいかな。

   *

26その前日まで、

青森に行っていた夫からの写真

雪の青森

クリスマスツリーのような木

いつものホテルらしい

27


28


雪だと何にもわからないが、

晴れたら

素晴らしい。

45


お土産は

母のお気に入りのアップルパイ9

メリークリスマス!

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

恒例のクリスマス会①

昨日は

恒例のクリスマス会(魔女の会)でした。

メニューには今年のテーマ

「ま女達のホワイトクリスマス」とありました。

(この「ま」がひらがななのには何か意味があるのか。

私がピンと来たのは「まぬけ」であった。ははーっ)

とっても楽しく、美味しい会でありました。

総勢9人張り切って・・・

とはいえ

忘れっぽいお年頃

とりあえず手作りのお料理の作り方を

分かる限りで…メモメモ

クリスマスっぽいテーブルセッティング

宿主様のご親友がはるばる九州からおいでになっていて、

助手をしてくださいまして、

我々は申し訳ないことに、のんびりと…

    *      *

32もち麦サラダ

もち麦100g、600CCの水で塩一つまみ入れ、ゆでる。水にさっとさらす。

サラダ…キューり、トマト、紫玉ねぎ、ピーマン、ツナ缶、トッピング…生ハム、炒り卵

ドレッシング…赤ワインビネガー大2、マスタード25g、塩、水25cc、オリーブオイル、サラダオイル

33かぶのスープ

かぶ5こ、玉ねぎスライス、水2カップ、ブイヨンで煮て、ミキシングする。

皮は向かなかった。

(その方が栄養的にもいいですね。)

牛乳半カップ、生クリーム4分の1カップ、塩コショウで煮る。

優しくておいしかったです。

34○大きな盛り合わせ皿

左から

押し豆腐

(木綿豆腐重しをして半分の暑さになるまで、ペーパーで巻いて。

赤唐辛子2分の1本、削り節、酒半カップ、水半カップ、しょうゆ大4、みりん大3、ケチャップを煮立てて豆腐を入れ、40分煮る。

ラップをせず、冷蔵庫に入れて4日ほど乾燥させる。

煮汁は煮物に使える。

味噌漬け豆腐

水きりした豆腐。味噌80g、砂糖40g、こしょう、削り節5g

ペーパーで包んだ上から,ぬる。冷蔵庫に入れて乾燥させる。4,5日。

・白菜と油揚げのからし醤油和え

油揚げカリカリ、太めの千切り。白菜、しょうゆ、塩、辛子、すりごま。

・切り干し大根のキムチ和え

切り干し大根、白菜キムチ、裂きイカ、ごま油、しょうゆ少々

・たこのコブサラダ

ゆでたこ、アボカド、厚揚げをオーブントースターで焼く。

ドレッシング…粒マスタード大半分、しょうゆ、酢、砂糖、ごま油

・鯖の紅茶煮

紅茶ティーバック煮出して、鯖を10分ほど煮る。塩、酢、砂糖、大3に漬け込む。

高野豆腐のグラタン

高野豆腐、お水に浸し、サイコロに切る。牛乳1と2分の1カップで煮る。

玉ねぎ、ベーコン、ジャガイモ2個(レンチン)、生シイタケ、シメジ

白ワイン大1、ハーブ、オリーブオイルでチン2~3分。

チーズ振りかけてオーブントースターで焼く。

3536○ランチョンミートと白菜の煮込み

玉ねぎニンニクすりおろし、豚ひき肉500g、酒、、水、小麦粉大3こねて半分に分けて丸め、ブイヨン入りの熱湯で30分ほどゆでる。

その後、塩コショウ入れて白菜を茹でる。

37○牛肉の巻きずし

米2合、すし米を作る。6本できる。

ごましょうが柚子

しゃぶしゃぶ用牛肉ラップの上に乗せて、ご飯をのせて巻く。

醤油4分の1カップ、みりん大1につけて、オーブントースターで4分焼く、

またたれに付けて、反対の面を3分焼く。これを2,3回繰り返す。切る。

38○冬野菜のマリネ

レンコン、カリフラワー、にんじん、ゴボウ、大根、セロリ、長ネギ、

塩をいれて煮たてた中に、固いものから入れる。固め

シメジ、シイタケはオリーブオイルでニンニクと炒める。

白ワイン2分の1カップ、出汁1カップ、はちみつ大1、レモン、唐辛子、ローリエ、塩、こしょうの中に野菜を入れ5分煮る。

40デザート

○簡単ティラミス

6枚切の食パン、5ミリ角くらいに細かくする。

インスタントコーヒー5g、砂糖20g、お湯80ccにつけ

冷蔵庫で固める。

生クリーム200cc、レモン汁小2分の1を9分立てにする。

マシュマロ110gあわせてレンジで1分。溶けたら卵黄を入れて。

食べるとき上にココアをまぶす。(続く)

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

『フロスト始末』R.D.ウィングフィールド

11この前

ピーラーを買った。

生まれて初めて買った。

文明の利器は使うに限る、って、

そんなたいそうなものだかどうだか。

頂いたレンコンの皮を剥くのにいいかも、と思ったのだ。

しかし

それはなかなか来ず、

結局皮を剥くのはほかの人に頼んだ。

で、まだ使っていない。

まあ、あるだけで安心ともいえる。

    *

今回の本は「ジャック・フロストシリーズ第6巻」

もうこれが最後の本だと

思いながら読むのは少し複雑であった。

いつもそう思って読んでいたわけではないが、

だからなのか

読むスピードは少しゆっくりだった。

作者は

この本を書いて、亡くなったのだ。

    *

相変わらず

事件はあれやこれや起きるし、

一向に解決しない。

人手不足のデントン署

その中心にいるフロストは大変だ。

上司は手柄だけは欲しくて

やいのやいの言う。

この本では

亡くなった奥さんのことを

良く思い出している。

上下二巻

読みごたえがあった。

フロストの本はいつも分厚い。

(2017/6/30)56,57

| | コメント (4)

2017年12月19日 (火)

茨城から栃木から

出かけようとしたところに

荷物が届いた。

茨城の義兄からの荷物。

1819大好きな手作りこんにゃく

麹漬けの大根の漬物

17


サトイモ

ゆず

キウイ

15干し柿(早速母に持って行った。)

そして

21翌日には

日光の婿殿のご実家から荷物

お手製沢庵

白菜

ネギ

玉ねぎ

ジャガイモなど

ホントにありがたい。

一つひとつの包み方にも

送り主の心が感じられる。

   *

皆々様

ありがとうございます。

早速その日は

お鍋にしました。

| | コメント (2)

2017年12月18日 (月)

嬉しい日だった!

昨日は

久しぶりに

吉祥寺の義姉のところに行った。

病気してからは

私が伺うのは初めてだ。

子どもが小さいころみんなで歩いた道も

懐かしい。

そこへやってきたのが

姪っ子のYちゃんと

その御嬢さんKちゃん(大きくなって、)

彼女が生まれる前、

つまり結婚式以来

Yちゃんには会っていないから、相当久しぶりだ。

(久しぶりすぎる!)

でも

あっという間にその時間は埋まり、

Yちゃんの以前と変わらない

むしろ

より美しく年を重ねてきた様子がうかがえて、

嬉しかった。

青春真っ盛りの高校一年生のKちゃんとの関係も

良さげで

見ているだけで

嬉しかった。

    *

今回の目的は

お姉さんたちに、例の、今年最大の我が家の一大事業

「古希記念コンサート」のDVDの

押しかけ上映会」でありました。

そのために

「ブルーレイプレイヤー」も仕入れ、

それとコードなどをすべて用意して

行ったのです。

    *

Yちゃんたちも来てくれたおかげで

大好評(?)の内に終えて

おっとっとは大満足でございました。

    *

二人で大満足

嬉しい一日でした。

2425 だだ茶豆のおこわ22

23神戸の「モンロワール」のチョコレート「リーフメモリー」

お土産にいただいてきた。

どちらもおいしそう。

っていうか、

おいしいです。

どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

友と・・・

昨日は

友と4人で会った。

いつものようにお昼を食べ、

今回はグラスワイン付き

20それから

お気に入りの喫茶店でおしゃべり。

暗くなるまで

延々と・・・

16旅の話から

時事問題まで。

フルコース。

14互いに

遠慮なくいろいろ話せる。

私は

少し体調が悪く

みんなに心配かけた。

家に帰ってきたら

妙におなかが空いていて。

いろいろ食べた私。

楽しかった。

おとなしくしていようと思いつつ

やはり黙っていられない私である。

楽しかったから

いいか。

物々交換をして

いろいろいただいてきた。ありがとさん。

   *

そして、今日は

母のところに行って来た。

土日が用事があるので、

今度は休みを取った夫と行ってきた。

13和歌山の梅のお土産を

持って行ったら、たいそう喜んでくれた。

(写真はHPから)

この箱が三つ入っていたので、

一箱もらってきた。

これで1000円らしい。おやつのような梅干し。

今日はヘルパーさんも来る日で

母も

忙しい。

肉じゃがと卵焼きを作ってもらうのだと言っていた。

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

リースそして、母のところへ

12リースを作った。

一気に寒くなって、

紅葉が進んだどうだんつつじの葉っぱで。

舞い落ちる寸前の葉っぱで。

    *

そして、日曜日

午前中に母のところに行った。

おっとっとが出張で一緒に行けなかったので、

リュックを背負って行った。

母と妹の分の

あのレンコン2本 を持って行った。

悪くなってしまうといけないから…

使命感であります。

立派なレンコンはかなり重かった。

なのに

いい天気だったので

調子こいて歩いて行った。

かなり疲れて

最後はへっぴり腰になったが

歩数は8300歩だった。

まだまだだなぁ。

母も喜んでくれて

いつもより動いていたようだ。

一泊して

今度は乗れるだけバスに乗って

帰ってきた。

情けない。

10背中のリュックは軽く、

近所のおばさんからもらった

リースバウムクーヘン」が入っている。

家に帰った午後は何もせず

だらーっ。コラコラ

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

『トップリーグ』相場英雄

今朝淹れたコーヒーは

おいしかった。

自画自賛!!

ところがその後ログインしようとしたサイトに

入れなくなり、あわあわした。

メールを誰かに変えられたようだった。

元に戻るまで

おっかなびっくり。

電話で聞いたり、(なにしろログインできないから)

で、午前中が終わった。ふー

アヤシイ買い物もされておらず、ほっ。

十分注意しなければと再確認、再自覚。

    *

この本は「ガラパゴス」の作者の最新版ということで借りてきた。

読みにくくもないし、わかりにくくもない。

今にごく近い政治の話で、

モデルが分かってしまい、真実がどうなのかはわからないけれど、

そう思ってしまいそう。

記者との関係なども

政治の方面はこうなのかとも思う。

いやいや

権力者はすごい。

   *

この話の内容は

有ったのか無かったのか

筆者は

結末を

どうするのかの方向さえ暗示せず

読者に任せる。

あまりに近い話で

どうしようもなかったのか。残念である。

まあ

想像はいくらでもできる

が・・・・・

(2017/9/29)55

内容(「BOOK」データベースより)

「命の保証はないぞ」政界の深い闇に斬り込んだ記者の運命は―大和新聞の松岡直樹は、入社15年目にして政治部へ異動になり、官房長官番となった。そしてまたたく間にトップリーグへ。一方、松岡と同期入社だった酒井祐治は、現在大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍している。そんな酒井が「都内の埋立地で発見された一億五千万円」の真相を追ううちに、昭和史に残る一大疑獄事件が浮かび上がってきて…。

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

今年最後の・・・

8水、木曜日と

娘のところに行ってきた。

いつものように途中で「うなぎ」を食べてから・・・

もう今年はこれで最後かな。

それから

マゴッチたちが

ふたりで「体操教室」に行く日なので、

それを見に行った。

それから

マゴッチたちが大好物のとんかつをみんなで食べに行った。

体を動かして

おなかが空いたのか、

完食が続く。

これからエンゲル係数は高くなる一方だろうな。

一晩泊まって

昼に帰ってきた。

娘のところに泊まりに行くのも、今年は最後になるだろう。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

行ったり来たりのお歳暮シーズン

玄関は

涼しいので

段ボールが並んでいる。

何とかしないといけない。

54夫の仕事仲間のお母様からの茨城のレンコン

いつもながら

とても立派なレンコン ありがたい!

早速おすそ分けして。

これから我が家の分は冷凍保存や調理保存に…

    *

67_2有田のみかん

前のがちょうど無くなったので

良かった。

ありがとうございます。

    *

21安曇野のりんご

「今年は良いようですよ。」

との声といっしょに。

コチラも

どうもありがとうございます。

どれもとてもうれしい。

行ったり来たりの声が飛び交うお歳暮シーズンであります。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

『しずかな日々』椰月美智子

昨日は買い物をして母のところに行き

御昼を食べ、

帰りに灯油を買い、

そのまた帰りに図書館に行って帰ってきた。

母が元気で

前向きだと

我々はうれしい。

    *

この本は

何か優しい本を読みたいなと思って

リクエストしたもの。

   *

期待通りだった。

大きな事件も無い、

静かな日々が綴られている。

その毎日の中で

生長していく少年

友達との関係もいいし、

優しく見守る祖父もいい。

というわけで

読後感は総じていい。

内容紹介

読み始めてすぐ、これはただごとではないと思った。自分はいま傑作を読んでいるのだ、という強い確信を抱いたのである。――北上次郎(解説より)

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に――。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。

       *

人生は劇的ではないとぼくは思う。 

今の自分というのは、これまでの過去を全部ひっくるめた結果なのだ。  

いろんなことがあって、これからもあるだろうけれど、どんなことも静かに受け入れていくのがぼくの人生で日常だ。  

人生は劇的ではない、ぼくはこれからも生きていく。

 (2010/6/15) 54

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

12月!『服を買うなら捨てなさい』地曳 いく子

いやはや

もう12月がやってまいりました。

それは前からわかっていたこと、11月が来たら次は12月だと。

そして

今度はこう考える。

12月は31日あり、

今日はまだ1日だ。

まだまだ先はある。

さてさて

どうなることやら。

どうしたって

暮れはやって来るし、

驚くべきことに

その次の日はお正月で、

次の12月、大みそかまでは

たっぷり時間がある。

何だかこう考えると

時間って面白い。

そうか、

来年の12月までで考えればいいか。あはは 何を言っているんだか。

     *     *

この本は、随分前から

リクエストしていた本。

年の瀬、12月に我が家にやってきたのも何かのご縁というものだろう。

借りてきて

その夜に一気に読み終えた。

たくさんの人がリクエストしていて

長く待ちました。

で、

どうだったのか。

言ってしまえば、今まで数多くのお片付け本、整理整頓本を読んできた私にとって

特に新しいことは無かった。(スミマセン)

でも

たしかに気付け薬(?)にはなりました。はい

私にとって

こういうたぐいの本は

定期的に接したくなるものなのである。

無意識に私の心がそういう本を求めさせるのだ。

読み終えて、そう思った。

しかし、

これを実行するかしないかは

でぃぺんど おーん!

つまり

私にかかっている。はい、承知いたしております。

(2015/2/23)53

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »