« 『スマホを落としただけなのに』志駕 晃 | トップページ | 可愛い糸たち »

2017年11月13日 (月)

町民用ロゼワイン

週末、帯広方面に出かけていた息子

出かける前の会話

池田城に行く?」「行くよ。」

「なら、お土産 十勝のワイン1本とバターサンド買ってきて!」

「了解!」

    *

てなことで

昨日夜遅く帰ってきた息子。

「頼まれたお土産買って来たよ。」と寝ていた私を起こす。

「一番しゃれたラベルのを仕入れてきた、」と差し出したのがこれ。

24「十勝ワイン 町民用ロゼワイン ザ・いけだ

池田町内限定販売

面白いな、町民って言葉も。

「このブランドは、まち自体を苦境から救うため、池田町と人々が一体となって作り上げたもの。

生産者は十勝 ワイン (池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)で、キャンベル・アーリーの葡萄を原料に作られ ている」という。

「町民用」とは「池田町に限り1970年以来若飲みタイプとして親しまれている」ワインということらしい。

珍しい辛口の ロゼワインだという。

綺麗なロゼ色で、 キャンベル種の甘い香りが広がります。口当たりは香りとは異なり、酸がしっかりとある 辛口で爽快な味わいだという。

昔は池田町でしか買えなかったこの町民用ロゼ・・・今では通販でも買えるようになったらしい。

正式名称は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」。
全国でも珍しい、町が作ったワイナリー。

前に家族で行った時もお城風のワイナリーはあった。

昭和20年代後半、度重なる自然災害や震災に襲われた池田町が、その苦境から脱却すべく打ち出した新事業がワイン製造だったという。

私がチビチビ飲む用に頼んだのだが、やはり年末までとっておいて、ラベルで面白がりましょう。と思い、取っておくことにした。

27というわけで

コチラの「バターサンド」は私のもの。

2628他に「お菓子の詰め合わせ」(母と分けよう)

襟裳岬の「昆布煮物三升漬け味

25同じく年始用の「北海道クラシックビール

着々と

年末の食料は集まりつつある。

年末年始が楽しみでアール。

|

« 『スマホを落としただけなのに』志駕 晃 | トップページ | 可愛い糸たち »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。懐かしいので久しぶりのコメントです。

新宿伊勢丹の明治通り側の一画に池田町直営のワインバーがありました。

立ち飲みで生ハムなどを食しながら赤ワインを飲んでました。

若のみタイプだったように記憶してます。

学生の頃にはあったと思います。

ここで下地を作ってゴールデン街というのがいつものコースでした。

投稿: 多摩散歩人 | 2017年11月13日 (月) 20時14分

こんにちは
多摩さん 読んでくださりありがとうございます。
お元気そうですね。

伊勢丹の向こう
追分団子
映画館もあった気がしますね。
でも
ワインバーは目に入りませんでした。
若のみワインに生ハム
粋ですねぇ。

私はまだ「町民用」を飲んだことがありません。
味は辛目らしいですね。
楽しみです。

投稿: いち | 2017年11月14日 (火) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『スマホを落としただけなのに』志駕 晃 | トップページ | 可愛い糸たち »