« 『出会いなおし』 森絵都 | トップページ | 銀座でパエジャ »

2017年11月 5日 (日)

柿とみかん

先週は

母の医者に続いて私の医者もあり

いろいろと忙しかったです。

木曜日

2母から「柿が届いたから医者の帰りに取りに来るように」と電話がありました。

九州の親戚から

段ボール二箱の「太秋」です。

ものすごく大きいので数はあまりありません。

あちこちにおすそ分けもして…

そこに

近所のおばさんが

庭にできたみかんを持ってきてくれました。

これがまた今年は甘くて大きいのです

テニスボールかと思います。

ソフトボールぐらいかもしれません。

どちらも甘くておいしかったです。

太秋柿

太秋柿は「富有柿」をベースに、「次郎」と「興津15号」を掛け合わせて出来た品種を掛け合わせて生まれた完全甘柿品種です。1994年8月に品種登録されています

果実の大きさは平均380g前後と大玉傾向にあり、500gを超えるものもあります。

果肉が梨のようにさくさくとして軟らかく、果汁が大変多いのが特徴。

糖度も高く、17~18度程にもなります。

種は少なく、入っていても2~3個ほどです。

●条紋入りが甘い

太秋柿は果頂部を中心に円を描くように細かいひび割れのような筋が入りやすい特徴も持っています。

この筋は「条紋(じょうもん)」と呼ばれ、沢山入ると見た目が悪くなり商品価値が下がってしまうのですが、実は、この条紋が入った部分は周りより糖度が上がったために出来るらしく、甘く美味しい部分なんだそうです。(以上HPより)

この前に

同じく親戚から頂いた「荒尾梨」というものもあるが、これもまた大きいので有名だ。

4分の一で普通の梨一個分になる。

まさに今

「小さい秋」ならぬ

太い秋が私の周辺で、真っ盛りであります。

いやはや

お蔭で私は・・・どーしましょー

|

« 『出会いなおし』 森絵都 | トップページ | 銀座でパエジャ »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『出会いなおし』 森絵都 | トップページ | 銀座でパエジャ »