« 台風と・・・ | トップページ | ますのすしとますのすしの週末 »

2017年10月27日 (金)

『諦めない女』 桂 望実

水曜日

クリニックに行ったら

インフルエンザの予防注射を薦められ

なんの心の余裕もないまま受けてきた。

「申込用紙に書きながら、心の用意をしてくださいね。」

「はあい」

さすが看護婦さんはわたしをよく知っていらっしゃる。

明日からはまた雨模様の予報。

今日は服の入れ替えをもう少ししてしまおう。

   *

今回の本は「諦めない女」

何かで知った本。

どうなっていくのだろう、結末はどうなるのだろう、

そう思って読んで行ったら

突然結果が現れた。

それから

また細かく語られていく。

なにか

ドキュメンタリーを読んでいるかのような、

あるいは

自分が調べているようなそんな気がした。

本の組み立て方が

読み手を少し惑わせるが、

それを乗り越えて

読み手が理解していく方法。

面白かった。

内容(「BOOK」データベースより)

 

小学生になったばかりの沙恵は、学校帰りに母京子の勤務先に寄り一緒に帰宅する。スーパーに入った京子は、入口のベンチで待っていたはずの沙恵が、忽然と姿を消し狂乱する。そして数年が経ち、離婚した京子は今日もひとり、わが子の帰りを待ちながら、情報を集めてビラを撒く。失われた時間、果たせなかった親子の絆を求めて…。

(2017/4/18)47

|

« 台風と・・・ | トップページ | ますのすしとますのすしの週末 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風と・・・ | トップページ | ますのすしとますのすしの週末 »