« 姉から弟のために | トップページ | コーヒーをホットで… »

2017年9月15日 (金)

『オスロ警察殺人捜査課特別班』サムエル・ビョルク

大型の台風が直撃!

と心配していた朝、

別の心配のニュース

まったく!!

    *

久しぶりの北欧ミステリ。

あらゆる、その要素をふんだんに盛り込んでいる。

どこかで読んだようなエピソードも。

だけど、だから、面白い。

しかし、たくさんの要素があるからこそ、説明が少し荒いかなと思う。

でも面白かった。

最後

まだ結末に行かないの?

もう残りページ数これしかないのに、と不安になったほどのところから、

ラストに向かう。

なので、そのハラハラドキドキが

余裕がないというか、少ないというか、

急ぎ過ぎの印象を受ける。

読み手が

ドキドキ、も少し、がんばれ、と思う部分がもう少し長いといいな、と思う。

盛り込まれた内容をラストまで回収していく時間が短かったということだ。

字数制限でラストを急いでしまった、ということでしょうか。

おかげでみんなに読まれるベストセラー。

ミステリの要素はふんだんに、厳しい痛い記述は少なく、あっさり駆け抜ける?

内容紹介

北欧発!  世界中が震撼!  北欧ベストセラーのサスペンス・スリラー、待望の日本上陸!

てんとう虫、てんとう虫
早くお帰り
お家が火事で、
子どもたちは死んじゃった――。

オスロの山中で見つかった六歳の少女の首吊り遺体。
少女の首には「ひとり旅をしています(アイム・トラベリング・アローン)」のタグがかけられていた。
鷲のタトゥーの男、謎の宗教団体、忌まわしい過去……。
それぞれが複雑に絡み合い、謎が謎を呼ぶ難事件に、オスロ警察殺人捜査課特別班が挑む!

北欧ベストセラーに選ばれた『I'M TRAVELING ALONE』が待望の日本上陸!

(2016/12/23)42

|

« 姉から弟のために | トップページ | コーヒーをホットで… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姉から弟のために | トップページ | コーヒーをホットで… »