« 信州の鎌倉・塩田平へ②…前山寺 | トップページ | 塩田平…その④中禅寺、塩田神社 »

2017年8月17日 (木)

塩田平その③…塩田城跡龍光院

水木と娘のところに行ってきました。

おいしいトウモロコシと桃を持って、

またうなぎも食べました。

マゴッチの宿題の相手もします。

「バアは絵がうまいから…」「そりゃ、一年生よりは上手いでしょう。」ってなことです。

    *

48続きです。

50前山寺からあじさいの道

「いざ鎌倉」の鎌倉街道沿いにあって

塩田城跡や他の寺に通じています。

まだガクアジサイがたくさん咲いていました。37

49
塩田城跡の石碑

塩田城は鎌倉時代中期(建治三年=1277)鎌倉幕府の重職であった北条義政がこの地に移り、館をかまえたことから始まります。

義政の子、国時、その子俊時と三代に渡り約六十年、塩田北条氏と称し信濃の一大勢力としてこの地方を統治し、また幕府内でも活躍しました。

元弘三年(1333)鎌倉幕府の運命が危うくなったとき、この塩田北条氏は「いざ鎌倉」と、一族をあげて支援にかけつけましたが、幕府とともに滅亡しました。

385152龍光院

龍光院の創建は弘安5年(1282)塩田北条国時が父である義政の菩提を弔う為、月湲和尚を招いて開山したのが始まりと伝えられています。

塩田北条氏の菩提寺として庇護され寺運も隆盛しますが、元弘3年(1333)、新田義貞に組した為一族が滅びその後衰退します。

慶長6年(1601)萬照寺六世瑞応が中興開山し当初の寺号だった仙乗寺を龍光院と改め曹洞宗の禅寺としました。」

本堂の左にかわいいお地蔵さんと12干支が並んでいました。

さて、お昼、です。

「塩田の館・北条庵」へ。

53424344「塩田の館自体は塩田平の歴史や文化を紹介するビジターセンターだが、近隣の農家の夫人らが切り盛りする館内の食事処「北条庵」が評判だ。

一番人気は小皿に小分けされて供される「里がえりそば」。

小皿5枚に乗ったお蕎麦。

いろいろ美味しかったです。

おなかいっぱいになりました。

続く

|

« 信州の鎌倉・塩田平へ②…前山寺 | トップページ | 塩田平…その④中禅寺、塩田神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信州の鎌倉・塩田平へ②…前山寺 | トップページ | 塩田平…その④中禅寺、塩田神社 »