« 『君の名は』我が家のものがたり | トップページ | ベランダ便り »

2017年6月13日 (火)

整形外科

弱い雨です。

今朝、4時ごろ目が覚めてしまった。

息子に聞けば「地震のせい、」らしい。

「そうだったのか。」

で、珍しくそのまま起きてしまった。

    *

昨日は

母の病院でした。

整形外科の初診です。

今の時代でもあり、整形外科の事情は内科の先生からも、うかがっており、

「もう年なので、仕方ないですよ。」とか言われ

近所のお医者さんに行けと言われるだろうと

覚悟していった。

母もそこから悪化してはいないし、だいぶ良くなったから

悪い病気のせいでなければ、それでもいいか、と思ったからである。

    *

いつものところと違う1階のその場所は

当然ながら

車いすの人が多かった。

   *

廊下の反対側から聞こえる別の科の

子どもの泣き声は

細く長く悲しく

聞いていてつらかった。

どんなことでも

誰でも泣く声を聞くのは辛いけれど

ここにきている

おそらく病気の子の声は今も耳に残って悲しい。

心のなかで祈った。どうか・・・と。

    *

初めてのお医者さんは若く、

熱心に丁寧に見てくださった。

最初に考えたようではなかった。

それだけで我々3人は「よかったね。」と思った。

とりあえず

コルセットをつけるということで、

今度は私のお医者の日に一緒に行くことにした。

しばらくは少し通う回数が増える。

妹とも

交替で母のところに行っているから

あまり話ができないので、ちょうどよかった。

母をはじめとして、私、妹、妹の旦那とみんなこの大学病院にお世話になっているのだ。

    *

特に悪い病気ではなく、

背骨が、よく言われるように出っ張っているという。

94年の重みである。

それが分かっただけで、

母もなんだかうれしそうで、

何回も「温泉行こうよ。」と誘っていたのを

「そのうちね。」と断っていたが、

帰りには

「私がみんなを温泉に招待する。」とまで言った。

「そうだね。行きたいよ。ね。」

先生も

小さな声で「お年もありますから・・」とは

話していたが、

「筋肉もあります。」とも言われた。

たいそうな話でもなく

皆ほっとした。

    *

いつにもまして

母に感謝され、

家に帰っても「やった感」に満たされていた。

良かったなぁ、

これからも出来ることはやっていこうね、

我々も年取って来るから、助け合ってね。(既に年取っているという話もある。)

そう話した。

それは自分たち自身のためでもある。

|

« 『君の名は』我が家のものがたり | トップページ | ベランダ便り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『君の名は』我が家のものがたり | トップページ | ベランダ便り »