« ベランダ便り | トップページ | 北の国から »

2017年6月16日 (金)

『さいとう市立さいとう高校野球部』あさのあつこ

昨日は一人で私の病院に行ってきて

今日は少々疲れた。

なぜかといえば、帰り

ちょっとばかり歩きすぎたから。

暑い午後であった。

    *

あの「バッテリー」のあさのあつこさんの本。

「バッテリー」と違い、少しヤングコミック風?

だが、テンポはいいので、

すいすい読める。

野球部監督の鈴ちゃんが面白い。

謎。

今回、甲子園に行かなかったので、

続編をリクエストした。

家族で温泉好きという面白一家も

少し我が家と似ている。

温泉の名前に「うんうん、」と一緒に頷いている。

内容紹介

さいとう市立さいとう高校に入学した勇作は、少年野球からエース投手として活躍してきたが、高校では野球と決別し、気持ち新たに学生生活をエンジョイしようとしていた。小学校の頃からバッテリーを組んできた一良の誘いも断り、温泉三昧の日々を夢見ていた勇作の前に現れたのは、美術教師にして野球部監督の鈴ちゃん。「どうやっても野球のユニフォームが似合わない」監督、鈴ちゃんとの出会いから、勇作はふたたび野球へと流されていく――。

(2013/8/24) 30

|

« ベランダ便り | トップページ | 北の国から »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベランダ便り | トップページ | 北の国から »