« 鷹狩山展望台(たかがりやま)…② | トップページ | 4日 高ボッチ高原へ…④ »

2017年5月 7日 (日)

霊松寺から夜は「ヒカリヤ」へ…③

前に来たときは2008年でしたから

運転は私のはず。

山道で

かなり狭い、急な坂道だったと思いましたが、

その通りでした。

やがて

お寺の大きな屋根が見えました。

霊松寺です。

22232427前に来たときは

桜吹雪が夢のように降り注いでいたのが印象的でした。(その時のブログ

25


境内に入ってみると

桜が咲いていました。

本堂の前にシダレザクラも。

桜吹雪だった桜の木たちは

満開で花が膨れ上がっているようでした。26


数人のお参りの方がいらして、

その中の一人の女性と目があいました。

優しい目をしていました。

お互い頷いて会釈をして

「サクラがきれいですね。」

そういうことがしたくなるような

穏やかな時間でした。

28


ゆっくり鑑賞して

お寺を後にしました。

お昼はどこで食べようか、

「安曇野 」という蕎麦屋があるらしい。

とりあえず行ってみようか。

「翁」といえば「長坂」のはず。

長坂の師匠の一番弟子が開いたらしい。長坂も弟子に変わったという。

行ってみたら、かなり待っていたので、次回にする。

つぎっ!

3029ガラリと変わって「レオ二ダス」へ。

穂高地ビールの工場のレストラン。

夜は豪華お食事を予約しているので、

軽くランチ、ワンプレートで。

明日の夜のために「穂高ビール」を買ってくれました。

3132もう一か所いつもの最終ポイントに寄ります。

なかなか帰ってきません。

車で待つ私の耳には美しい鶯の鳴き声が・・・

満足げな笑顔で帰ってきました。よかったね。

    *

それから近くの温泉・長峰荘で汗を流し(混んでいました)、

家へ帰って、着替えて、タクシーで「ヒカリヤ」に向かいます。

333436日本の伝統と西洋文化の両方を併せ持つレストラン」です。

35


松本の名商家「光屋(ひかるや)」の母屋を改装して、「ヒガシ」として日本料理を、漆喰の蔵を改装して「ニシ」としてフレンチを提供しているという。37


38_2


39

4041







42







45我々は「ヒガシ」で高級和食!!。

息子のおごりということになりました。

ごちそうさま。

お酒もすべて、美味しかったです。

帰って爆睡しました。

43_246それもそのはず、

朝の3時から

目いっぱい動いて、充実して、幸せな一日でした。

(④へ続く)

|

« 鷹狩山展望台(たかがりやま)…② | トップページ | 4日 高ボッチ高原へ…④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷹狩山展望台(たかがりやま)…② | トップページ | 4日 高ボッチ高原へ…④ »