« 行ってきました。恒例の父の日母の日記念旅行…① | トップページ | 『霧島神宮』…③ »

2017年5月16日 (火)

やっとこさ空港へ、やっとこさ鹿児島へ…②

そこへ来て、ちょうど同じ木曜日夕方6時過ぎ、

夜中、息子1が前から酷い咳だったのが、悪化していた。

仕事に出かけたが、心配で、メールで「お医者さんに行ったらどうかな。」

「今まさに向かっているところです。」

そうか、思うところは同じだ。

さほど心配していたわけではない。薬をもらってみんなで出かけよう、という感じでいた。

レントゲンと血液検査をして帰ってきた。

明日結果を聞きに行くという。

風邪が酷くなっているということだった。

    *

翌日「難しい病気じゃなかったら、行くからね。」「了解じゃ」

しかし、なかなか医者から帰ってこない。

途中、結果を聞いても返事がない。

息子1いわく「こころ折れた」らしい。

フラフラでもあったようだ。

3日間は絶対安静と言われて帰ってきた。

ムリすることないよ。体が大事。たしかに大変だ。

夫は何度も「明日起きて気分が良かったら…」などと

思い切り悪く、希望的観測を述べている。

また行けばいいんだから…

で、欠席となった。

この計画をすべてキャンセルするかとも思ったが、

それでは責任を感じてしまうかもしれない。

    *

息子1の言うとおり、

「太い道を行って、佐多岬まではいかないで、安全運転で、行って来ればいい。」

ということに。

「〇君が行けなくなりました。違う組み合わせの4人で行きましょう。」と

メールを出した。

後で聞けば、娘のところにはこのメールが届いていないという。

間違ってパソコンに送ってしまったようだ。

娘は空港で「あれ、〇ちゃんは?」と聞いてきた。

知らなかったのだから、びっくりだったろう。

    *

今まで、空港までも、行った先でも、すべて息子1が運転していたのだから

その点が大慌て。

空港までは何とか早目に着いた。無事。

金曜の夜、息子1はメールで飛行機、レンタカー、ホテルなどの予約の状況を送ってくれた。

行きの飛行機Jの「タッチアンドゴー」のメールも来ていた。

私の名前で来ているのだから、他の参加者にも来ているだろう。

娘は6時には着くと言っていた。

検査場を先に通って乗り口で待ち合わせた方がいいよ、混んだりしたら困るし、(とは私)

そうだね、そうしようか。(そんなことをしていたらたいへんだった。)

で、自分のメールを見ていた息子2が

あて名は自分のになっているけど、開いたバーコードの名前は別の人になっていることに気が付いた。

どういうことだ!

3人で見比べてみる。

私と息子2と娘のはメールがあるが夫のはない。

絶賛!病気療養中の息子1にも電話で問い合わせたり・・・

療養する間もない。

さらに娘に電話をして聞くと、そんなメールは来ていないという、ありゃりゃ

あわてて、カウンターに向かう。ぞろぞろ

事情を話して、免許証を提示しているところに

娘がやってきて、同じく免許証を出し、

無事4人分のチケットが発券された。

先に我々だけ、検査場を抜けていたらどうなっていたろう。(無事抜けられたらの話だが。)

良かったねぇ、4人で乗れて。

終わりよければすべてよし、だ、と言えば。

「まだ終わっていない!今から始まるんだ。」と言われた。確かに。

かくして

8時10分鹿児島空港に着陸した。

    *

まず帰りの便を1名キャンセルし、

それから、レンタカー屋さんへ。

今まではすべて息子1が手続きをしていたのだが

息子2と娘がやっている。

フリードを予約したのに、何の手違いか、大きいワゴン車だった。

帰って聞けば車種指定してあったというのに。

そのへんも分からず、少々難のある車で出発した。

まあ、最近まで家にあった車と同じ大きさである。

まずは息子2がハンドルを握ってくれた。

隣は娘。

私たち二人は広い後部座席でゆったり。

まずは、霧島神宮へ。

やっと観光になりますな。(③へ続く)

 

|

« 行ってきました。恒例の父の日母の日記念旅行…① | トップページ | 『霧島神宮』…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ってきました。恒例の父の日母の日記念旅行…① | トップページ | 『霧島神宮』…③ »