« 鹿児島神宮…④ | トップページ | 桜島へ家へ…⑥ »

2017年5月18日 (木)

蒲生の大楠と鹿児島市内巡り…⑤

さて、次は日本一の大楠です。

国の特別天然記念物に指定されています。

133132蒲生(かもう)八幡神社境内にそびえ立つ大楠は、
樹齢約1,500年、根周り33.5メートル、目通り幹囲24.22メートル、高さ約30メートルと日本で一番大きな楠です。

環境庁が昭和63年に実施した巨樹・巨木林調査で、日本一に認定されています。

平成元年6月、緑の国勢調査と呼ばれた環境庁の「全国巨樹巨木林調査」でも、蒲生の大クスが全樹種を含めて日本一の巨樹であることが確認されたという。

蒲生八幡神社が建立された1123年にすでに大木であったそうで、樹齢千年を超える堂々たる老木です。

134140樹根部分には、8畳分もの大きな空洞があり、下から見上げる壮大さと、地にどっしりと根をはった力強さは、神秘的で不思議な感覚を抱かせてくれます。

楽しみにしてきました。

駐車場からすぐのところにありました。

周りは木の柵で囲われています。

何と比べたらいいでしょうか。

目のあたりの太さが24メートル以上。

135_2その存在感に圧倒され、木道の周りをうろうろ。

大きすぎてどこまで下がったらいいかわからない。

136_2結局
自分の目で見ることが多く、写真はあまり撮れなかった。

根の部分はまるで巨大な怪獣の爪(?)

166


167


覆われたコケや草などが寄生している。

見あげると緑が降り注ぐ

圧倒的な

サイズ違いの大きさ。

初めてです。

来てよかったね、と言いながらホテルに向かいます。

137141142138_2ホテルは天文館に歩いて行けるところにあります。(これも息子1が予約してくれていました。むねん)

夕食は6時に予約してあるので、それまで市内散歩

照国神社

143144146_2
147鹿児島は空間が広い。

よって道も広い。

銅像などが多い。

145「小松帯刀像」

西郷さんと一緒に写真を撮りました。

観光パンフレットが充実している。

「どうして日本酒は高いのか。」とは息子の弁。

娘は「この辺の芝はとても美しい。」と。
149_2148_2150_2天文館はにぎわっていました。

お魚もおいしかったです。特にシマアジのお刺身。

宴会では

「みんな家族を残してきてるからね。」

「そうそう」、「ア、うちもだった。息子を。」

部屋に帰ったらみんなバタンキューでした。

今朝早かったからですね。

(⑥へ続く)

|

« 鹿児島神宮…④ | トップページ | 桜島へ家へ…⑥ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿児島神宮…④ | トップページ | 桜島へ家へ…⑥ »