« 『霧島神宮』…③ | トップページ | 蒲生の大楠と鹿児島市内巡り…⑤ »

2017年5月18日 (木)

鹿児島神宮…④

121お昼は黒豚とんかつを頂く。

早めだったので、良かった。

出る頃は満員。

歯ごたえのある、脂身もおいしい黒豚だった。

     *

122次は「大隅一宮正八幡」である「鹿児島神宮」へ。

正八幡と称し、全国八幡社の本宮である。

この鳥居をくぐって、向こうから入ってくると駐車スペースがある。

124125緑深い静かな古い社だ。

歴史は古くいつから存在していたかは定かではないようであるが、神武天皇の時代から存在すると伝えられてもいる。

901年には歴史上その存在が記されていることから、少なくとも1100年の歴史があることは間違いない。927年に完成したとされる、「延喜式」に記載されている神社(式内社)である。

123126現在の本殿は宝暦6年(1756年)に島津重豪【しまづしげひで】によるもので、鹿児島県内最大の木造建築物

拝殿、勅使殿と共に鹿児島県指定有形文化財となっている。

130129127128装飾も美しい建物。

拝殿の天井格子240枚余りには植物が色鮮やかに描かれている。

131


境内には巨木があり、参道、石段の両側にも大きな楠が門のように向かい合っている。樹齢800年と言われる。

⑤へ

|

« 『霧島神宮』…③ | トップページ | 蒲生の大楠と鹿児島市内巡り…⑤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『霧島神宮』…③ | トップページ | 蒲生の大楠と鹿児島市内巡り…⑤ »