« 私らしく??? | トップページ | 一年生になったよ »

2017年4月27日 (木)

三つのハグで幸せ!

昨日夜帰ってきました。

144ハグその1

学校から帰り、塾に向かうマゴッチ1と。

「今度は塾が無いときに来てね。」

そうだね、そうするね。

帰ってきたときは帰ってしまっていないから…

また来る時まで元気でね、

ぎゅっ

ハグその2

ママが帰ってきて

夕食を食べ、遊んでいたら、

特急に間に合わなくなりそうで、

30分遅くに変更してもらった。

あわてて帰りつつ、

「じゃあね」マゴッチ2とぎゅっ

「今度はいつ来てくれるの?」「運動会かな。6月の。」

「それまでは来ないの?5月とかは?」

まあ、なんと、久しぶりに来たってことは

いいなぁ。なんだかいつもより多めに歓迎されて…うれしいな。

で、ぎゅっ!

ハグその3

新宿に着いたら8時3分

でもこれ以上早くはできなかったから、

8時半にしてもらって良かった。

と、ゆっくりゆっくり構内を歩き、

ころばないように・・・人ごみの中を行く。 

時間はたっぷりあるので、椅子に座りしばし待つ。

電車が来てそろそろ乗れそうだと思って

乗り口に向かって歩いていた混んだホームで

ふと目があったご婦人

ふとあった目がしばし、お互い止まった。

「うんっ!」

「えーっ!」

「〇さん?」

「そう、△さんでしょ?」

てな感じで一応確認をした。

お互い知らない人ともこんなことをする可能性を十分持っているお年頃でありますから、

確認は大事であります。

(そこで,今、これを書きながら、私の想像力は、これが全く知らない者同士であった場合のいくつかのパターンを考えて、思わず笑った。最後まで気が付かない場合、話の途中でわかった場合、でも気まずくならないで、話を続ける場合など。たぶん相手にも寄るけれど、最後の場合になるだろう。)

「元気だった?久しぶり。」「心配してたのよ。」「私だって…」

彼女はすぐ近くに住んでいる。

しかし行動パターンが違うらしく、めったに会わない。

82になったわよ、まだテニスに行っている、という。

私はよけいな心配をしていたことになる。

40代から60近くまでかれこれ10数年、

一緒のコートでのテニス仲間だった。

私はそのあと

アクアビクスからエアロビクスの方向に変わって会わなくなったけれど。

相変わらず元気なご様子です。

「かくありたい」と思う笑顔の素晴らしい人生の先輩です。

お互いニッコニコで思わずホームの端っこで“ハグ”

電車の時間も違ったので

高揚した気持ちのまま電車に乗った。

携帯を見ると

塾のお休み時間なのか

「いろいろありがとう、気をつけて帰ってね、ばあ、大好きだよ。」とマゴッチ1からのメール、

うっ!

「だいすきだよ。」なんていう言葉

久しぶりにいわれたぁぁぁ

(って、言われたことあるのか、とお疑いとは思いますが、同じく孫に言われたことがありますです。はい)

「疲れていたって、そんなこと言われたら、また明日にでも行ってしまいますとも。」(行けませんでしたけれど、ね。気持ちだけはそんな具合です。)

|

« 私らしく??? | トップページ | 一年生になったよ »

家族のテーブル」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私らしく??? | トップページ | 一年生になったよ »