« 『カノン』 篠田節子 | トップページ | アップルケーキと挑戦者の私 »

2017年3月18日 (土)

大みか饅頭

この連休はいいお日和、

マゴッチ2の卒園式でした。

送られてきた写真を見て

感無量であります。

大きくなったね。

そのぶん、我々は上へ押し上げられた。

重さで頑張ろう。

    *

29_2茨城に出張に行った人が

もらってきたお菓子。

大みか饅頭」という。

初めて見たので載せておきます。

どうして「大みか饅頭」というのかというと、

運平堂本店というのが茨城県日立市の大みか町にあることに寄るようだ。

「薯蕷(じょうよう)饅頭とは、白さ・美しさ・上品さを兼ね備えた和菓子の神髄とされる逸品であります。

30_2当店の大みか饅頭は、北海道十勝産の厳選された小豆を丹念にさらした特製のこし餡を、米の粉を主とした生地で包み、保存料等は一切使わず蒸し上げております。

昔ながらの正直な味を守っておりますので3日程しかおいしく召し上がることはできませんが、だからこそおいしいと多い日には2万個以上売れるほど永きに渡り親しまれております。
また、水戸では「光國饅頭」と親しまれております。

水戸光國公が青年時代に愛用された笛「一節切」に記した「光國」という二字にあやかり、北海道十勝産の小豆を丹念にさらしてたこし餡を米の粉を主とした生地で包み蒸し上げた薯蕷饅頭を光國饅頭と申しております。 」

「当店は、明治元年に創業し、昭和49年・50年の2度に渡り御料菓の光栄を賜っております。 また、平成元年には、食品優良施設厚生大臣表彰を受賞いたしております。 」

いずれもHPより

なんだか懐かしい味

美味しかったです。

|

« 『カノン』 篠田節子 | トップページ | アップルケーキと挑戦者の私 »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『カノン』 篠田節子 | トップページ | アップルケーキと挑戦者の私 »