« 『ブラックボックス』篠田節子 | トップページ | 春の入り口の昼下がり »

2017年3月 3日 (金)

ひな祭りに「人生100年時代」を思う

69今日は3月3日

 

ひな祭り

 

今年は友達が手作りしてくれたもの、第二弾!を出しました。

 

気持ちの良い布の手触りが

 

彼女の手を思い出す

 

そうして作られた小さな人形はまさに彼女そのもの、優しく美しく暖かく・・・

 

ひそひそさわさわと、雛たちのおしゃべりの輪が広がるようです。

    *

昨日は

 

大学病院での診察だった。

 

7時過ぎに家を出て、血液検査。

 

アレルギーの気配を指摘された。

 

今日の世の中はまさにその雰囲気、花粉飛びまくり状態である。

 

私は、窓をしっかり締めて・・・

 

帰り実家に寄ってお昼を一緒に食べて帰ってきた。

ひな祭りのお弁当と桜餅を買って行った。

    *

テレビでたまたま見た。

このテーマ。

聞きながらパソコンに打ち込んだので

少し数字など間違いがあるかもしれない。

でも

興味深いので書いておく。

    *

2007年生まれの子供は

半数が100歳まで生きられる。

新生児の死亡率を押さえ、

いまは高齢者の死亡率を押さえたことで

寿命が伸びているという。

120歳まで延びる可能性があるという。

100年時代の人生戦略はどうなるのか。

3つのステージ 「教育 仕事 老後」

何度も「教育、仕事」を繰り返すのだという。

100歳まで生きるなら

80まで仕事することになる。

すべてを考え直していかないといけないともいう。

有形財産ではなく

無形財産が大切

健康や人間関係、能力,コミュニティなど。

大切なのは

自分の生きる意欲だろうか。

前向きに生きて行く。

自分の時間を何に使うのか。

病気の予防も大事

格差は

健康にも及ぶかもしれないともいう。

(今でもそうかもしれない。)

若者に

自分の80歳のことを想像させて

考えさせることが大事だという。

(たいへんだろうな。)

私には

すぐそこに見えるけれど…

今10歳のこどもには

果てしなく遠い未来の話である。

我々に大切なのは

今の健康

とにかく健康かな。

そして友達、かな。

|

« 『ブラックボックス』篠田節子 | トップページ | 春の入り口の昼下がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ブラックボックス』篠田節子 | トップページ | 春の入り口の昼下がり »