« 『神の値段』一色さゆり | トップページ | 練習 »

2017年2月23日 (木)

テレビで映画

BSでやっていたので、

 

また見てしまった。

 

「麗しのサブリナ

 

  • 初公開:1954年10月  (アメリカ合衆国)
  •  

  • 監督:ビリー・ワイルダー
  •  

  • 上映時間:113 分
  •  

  • 受賞:アカデミー衣装デザイン賞(白黒)

 

『麗しのサブリナ』は、1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『サブリナ・フェア』をビリー・ワイルダー監督が映画化した。『ローマの休日』に続くオードリー・ヘプバーンのヒット作。(ウィキペディアより)

 

なつかしかった。

 

   *     *

 

エンドロールを見ながら

 

いろいろなことを思い出した。

 

おかげさまで

 

記憶力低下のせいで

 

いつも初めてのような気分で、新鮮にみられる。

 

今回もまあ十年以上ぶりだから

 

もちろん「初めて」のようだった。

 

    *

 

もう一つBBCドラマ「氷の家」

 

二週続けてみました。

 

1997年の作品

 

ミネットウォルターズのデビュー作であるこの本を読んだのは

 

随分昔です。

 

CWA最優秀新人賞受賞作!

 

「蛇の形」「遮断地区」「病める狐」などなど私はかなり読んでいる。

 

|

« 『神の値段』一色さゆり | トップページ | 練習 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『神の値段』一色さゆり | トップページ | 練習 »