« 日曜日は横浜へ | トップページ | 『ヌメロ・ゼロ』ウンベルト・エーコ »

2017年1月25日 (水)

山ウド

近くのミニスーパーで

アサイチがあり、

キャベツが100円と言うので出かけてきた。

母の分と3個買い、

うろうろしていたら

95「山ウド」があった。

今の季節だけですからね、という

品出しをしている馴染みの店員さんにも背中を押され、

そうかぁ、もう少し先じゃないか、と思いつつ

つまり食べたかったので、

買ってきた。

「群馬県産 山うど」とある。

山うどといっても、今はまだ外にあるはずもなく、

これは「野生のウドに近く、 野趣あふれる香り」と言うのが売りのようだ。

 たしかに、香りも山うどの香りがする。

昔、山菜取りに良く出かけて採ったり、東北出身の友に分けてもらった、

深い味、香りのする山うどを懐かしく思った。

69茎は普通は酢味噌和えにするのだが、

なんとなく、辛子マヨネーズにした。

皮を厚めに剥いて、(これはしようと思わなくてもできる!)

ちょうどおでん用の大根があったので、

その皮も使って

きんぴらにした。

68いつもこのように食材を活用していれば

どれだけいいかと思うが、

たま~に、気が向いた時のみであるからして…

だから

今こうして書いているわけでもあって、

昔、友達と川越に行った時、

野菜の皮を使ったきんぴらを出してもらった、

その印象が強く残っている。

とうがらしを入れたので(辛いのが苦手な夫は食べられず)

私がひとりで食べた。

おいしかった。

|

« 日曜日は横浜へ | トップページ | 『ヌメロ・ゼロ』ウンベルト・エーコ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日は横浜へ | トップページ | 『ヌメロ・ゼロ』ウンベルト・エーコ »