« 冬至近し | トップページ | 『ワンダー』R・J・パラシオ »

2016年12月21日 (水)

とうじとうじつ

昨日近くのスーパーに行ったら

かぼちゃが半分で300円だった。

そうか冬至か、と思ったが、買わなかった。

今日薬をもらいに行きながら、寄ったら、かぼちゃがまるまる一個で250円だった。

オー安いぞ、と言うことで買ってきて

54早速半分煮た。

他のことに集中しすぎて、危なく焦がすところだった。

危ない危ない。

せっかく安く買えたのに・・・なんにもならない。

おまけに焦げそうだったので、急いで火からおろしに駆け寄り、転んだ。

危ない危ない。

今日は運気が一番下で、ここから上がるということが

私には当てはまるかな。

だいじにいきましょう。

と言うことで

今日は「冬至当日」であります。(決してこれを言いたかったわけではありません。)

    *

、「冬至」について調べてみました。

今までにも聞いたことはありますが…

冬至といえば、かぼちゃと柚子(ゆず)湯。それはなぜなのでしょうか。

一般的には、風邪をひかないとか、語呂合せとか言われています。しかし、ちゃんと理由があるとも言います。

結論としては、「冬至はとてもハッピーな日」と言うことでした。

冬至(12月21日ごろ)とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日、つまり、日照時間が最も短くなります。

太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差になるそうです。

1年で最も日が短いということは、つまり、翌日から日が長くなっていくということです。

そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日として、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていたと言います。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点となっています。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、ということはつまり、この日を境に再び力が甦ってくるということですから、

陰が極まりそこから再び陽にかえる日という意味の一陽来復(いちようらいふく)(衰えていた太陽の力が再び勢いを増す)ということになり、冬至を境に運が向いてくるということになるのであります。

つまり、みんなが上昇運に転じるという日なのです!(これはめでたいのではないかい?)

よく、冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめると聞きます。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。冬至の七運とか書いてあるものも。

運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているという説もありました。

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。

本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くので、冬に栄養をとるための賢人の知恵ともいえます。

53柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられてもいるそうです。

昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるということで、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習はあります。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同様です。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

まあ、要するに、幸運に向かっていく運気上昇に変わる日ということでしょうか。

やあ、めでたいめでたい。

そういえば

55先日「めでたいレンコン」もいただいて、いま腐らせないように必死に配ったり、調理したり…

見通しがいい、ばかりではなかったのですね。

いろいろ見ていくといろいろありましたが、

いずれにせよ、長い間人々の間で言われてきた風習には

迷信的ないわれと、現実的な根拠もあるのだと分かりました。

   *

52というわけで、

今日は今年の冬至であります。

日差しは斜めに柔らかく、

でも優しい暖かさで差し込んでおります。56


でも

あっという間に

暗くなっちゃうのかなぁ。

なっちゃうんだろうなぁ。

結果として、日は沈んでしまった。
(写真は上→昨日の夕日、下→                                   本日)

 

|

« 冬至近し | トップページ | 『ワンダー』R・J・パラシオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至近し | トップページ | 『ワンダー』R・J・パラシオ »