« 秋の恵み | トップページ | 『証言拒否 リンカーン弁護士(上)(下)』マイクル・コナリー »

2016年11月 1日 (火)

栗をむく

今日から11月

朝から暗い。寒い。

(と言うことで(?)、昨日の続き)

    *

日曜日、買ってきてもらった、りんごたちの中で

 

群を抜いて高いお値段の小布施の栗

 

これこそ無駄にしてはもったいない。

 

月曜日

 

朝からテレビの前で剥きに入る。

 

いつもだと代わりに向いてくれる人も、あいにく忙しく、

 

私は、けなげにも(?あはは)

 

震える手で

がんばる。

 

たくさんある栗を

 

どこまで剥くか。

 

一応指が切れるまで、と決める。

(本当は「指を切るまで、」じゃないか?誰がって、私じゃ。)

 

しばらくしたら、予定通り(?)

 

傷ついたが、バンドエイドを貼ってしばし考える。

 

もう少し

 

剥いておこう。

 

栗ご飯用。

 

調べたら冷凍もできるらしい。

 

栗の皮を剥いて、水につけて、あく抜きし、

 

あまり水を落とさないものに、薄く砂糖をまぶし

 

密封して冷凍すると、いいらしい。

 

残りの、皮をむかない栗も、

 

水に半日漬けた後、半日陰干しにすると甘くなるという。

 

その半分はそうしてから、

 

そのまま冷凍し、半分は即ゆでてスプーンで食べた。

 

まだ残っているけどね。

 

気のせいか甘く感じた。

 

美味しかった小布施の栗である。

 

左手の指には栗の皮を剥いた勲章が巻かれている。

翌火曜日の今も指はかすかに痛い。

|

« 秋の恵み | トップページ | 『証言拒否 リンカーン弁護士(上)(下)』マイクル・コナリー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の恵み | トップページ | 『証言拒否 リンカーン弁護士(上)(下)』マイクル・コナリー »