« 小田原へ、小田原城へ…① | トップページ | 清閑亭と。…③ »

2016年11月22日 (火)

天守閣から二宮神社…②

57_258_2常盤木門から入ります。

大きな門です。

本丸の正門と言うことです。

59_2


60_2城内には

たくさんの古い木があります。

61_2
真っ青な空に映えます。

さて登って行きましょう。

いろいろ説明があります。

ミニシアターで北条氏について学びました。

マゴッチたちもおとなしく見ていました。

62いたぞ!

武将が。

台に乗り
背伸びして

やっと、です。

72

74

天守閣から、

海が見えます。

 

(下)

海の向こうに

真鶴半島と

伊豆半島。

右端に一夜城

あんな近いところに作られたら

やっぱり驚くです。

73

天守の瓦に留まって

見守る雀

95子ども遊園地で

マメ汽車に乗り、

それから

報徳二宮神社へ。64


6569










イチョウの木の下では

風が吹くと

ギンナンがばたばたと落ちてきました。いたっ!

いい雰囲気の神社でした。

7170報徳二宮神社は勉強と商売の神様ですって。

七五三の家族

結婚式の方々

そしてお宮参りのご家族

いろいろなお祝いで幸せがあふれていました。

そこで千歳あめを買いました。(表裏、とても趣深い色と模様です)

ということで、

「七五三っておもわれちゃうかな。」「すっごく地味な七五三の家族がいたよ。まったく普段着だった。千歳あめを嬉しそうに持ってたね。リュック背負ってたし…」なんて言われているかもね。うふふ

と言いながら、皆さんの間を帰ってきました。次は清閑亭です。(③へ続く

|

« 小田原へ、小田原城へ…① | トップページ | 清閑亭と。…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原へ、小田原城へ…① | トップページ | 清閑亭と。…③ »