« 夕日がきれいな季節になりました。 | トップページ | 『二度泣いた少女』 堂場瞬一 »

2016年10月16日 (日)

はいしゃ

 

昨日

車を1台廃車にした。

バッテリーを新しいものに変えたばかりなのに

乗らないから

またプスッとも言わなくなって…

前から今年の車検でとは決めていたのだが。

長いこと家族全員での旅行に活躍してくれたが

最近は別々の車が多くなった。

ディーラーから帰ってきて、

なんとなく複雑な思いに浸っている。

今はほとんど「軽」を自転車代わりで、乗っている。

   *

つらつら思えば、

家族で

日本国中

テントを乗せて出かけたキャンプ

あっちこっちのスキー場へと走って行ったこと、

やがて

孫たちと母と

大きな声で、車の中で歌いながら行ったことは最近かな、、

車に弱いマゴッチ1も大きい車なら大丈夫と乗り込んできて、

母がいろいろと相手をして、

歌を歌ったり、手遊びをしたり、しりとりをしたりしたのは

それよりも前のことだ。

「お母さん、すごいわねえ。」私は感心したものだ。

なつかしい思い出は次から次へと

10万キロ分

浮かんでくる。

なつかしい思い出、

どれも楽しい思い出ばかり、

事故にも会わず[これからも会いたくはない。]

このワンボックスの前にも

2台のワンボックスを乗りつぶし、

やはり10万キロ以上

我が家がどれほど遊びまくっていたか、

九州一周、北海道一周、四国一周、

そして、鳥取往復数回、長野往復数回、松本往復数回の

定期便のほか、

年に数回の温泉旅行、スキー旅行などなど

母も含めて

やあ、行った行った。

これらのことが浮かんでは浮かび

消えずに浮かび

思い出話は尽きない。

何よりも事故なく来られたことに感謝し、(何度も言うが、これからも会いたくはないモノだ、)

これからは

焦らず近間をちょこまかと、軽に乗って、

後は若手に任せて楽しもう。

今までありがとう、

なんとなく

物悲しくも、感謝して、二人でビールで乾杯したのでアール。

|

« 夕日がきれいな季節になりました。 | トップページ | 『二度泣いた少女』 堂場瞬一 »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕日がきれいな季節になりました。 | トップページ | 『二度泣いた少女』 堂場瞬一 »