« ドキュメント  敬老の日…① | トップページ | 『迷子の王様』 君たちに明日はない5 垣根涼介 »

2016年9月20日 (火)

敬老の日…②

9月19日 敬老の日の朝です。

深い眠りの中を

かすかに「とことことこ」聞こえる足音

マゴッチ2号が起きてきたようだ。

「ママはいったんおうちに帰ったんだって。」

6時過ぎに出たらしい。新宿方面へ。

マゴッチ2号も昨日の話を聞いていたせいか聞き分けがいい。

「おなかすいたぁ。」「なんか食べたい」「なんか飲みたい。」

朝から元気だ。

続いて婿殿が小田原方面へ。

考えるだけで面白い。

あっちへ、こっちへ。

朝ごはんを仕掛け、マゴッチ2に朝ごはんを食べさせて、

ふと見ると娘がテーブルの前に座り、コーヒーを飲んでいる。

「ありゃっ!もうかえってきたの?早かったわねぇ。」

超高速!往復である。

あまりの速さにみんな感動ものだった。

何しろ忘れ物を取ってきただけではいけない。やらなければならないのである。

前日遅かった当のマゴッチ1はまだ寝ている。

やっと起こして、宿題を始めた。

小田原へ行くパパとは駅でタッチしたという。

忘れ物をした場合そこまでの往復乗車券をくれるという。

18しかし、受け取るだけなので、外には出られないらしい。

なるほどね。

ついでに小田原見物などと言う輩が出ないとも限らないからね。

ついでだからとお土産を頼んだが、

そういうわけで、外には出られず、駅の売店で買ってきてくれた。

箱根らしい寄木つくりの包装紙だ。ありがとう。

   *

我々二人はそういうわけで、

みんなのお弁当を買うために先に出ることに。

走り出してすぐ、私は「あっ!」と声をあげる。

「私からのプレゼント忘れた!」(この日のためにいろいろ用意したのです。)

虎屋の高価なようかん、南高梅のはちみつ漬け、いわしの甘露煮、いわしの明太子煮、鮪の佃煮など。段ボールに入れてありますから、わかりやすい。のを、なぜ忘れた

ついでにスマホも。(スマホも忘れたんかい!)

息子に電話して持ってきてもらう。

こんな時に恥ずかしいが、

こんな時なので、みんな面白がっていた。(笑いをはずさない、わたしです。はぁ)

買い物には結構時間がかかり、11時過ぎに着いた。

息子1の車に乗った娘一家も少し後に着いた。

無事全員集合!!予定通り!リセット!

「宿題終わったの?」

「これが終わったのよね。」

「さすが、やればできる子じゃ。」

こうして

みんなで11時過ぎからのブランチ。

朝食を食べたマゴッチ2だけが食欲がない。

そのあと

甥っ子の子のTちゃんとママがやってきた。

1時半には出るので、ほとんど遊ぶ暇はないけど、来てくれてありがとう。

013おばあちゃんの家では

みんなが覚えている限りの我が家の忘れ物談義をした。

なつかしかった。

もちろん派手なものに限りで、

忘れたことを忘れているものもたくさんある

    *

敬老の日の

楽しい(?)ドタバタの

忘れられない

忘れ物の話でありました。(オワリ)

|

« ドキュメント  敬老の日…① | トップページ | 『迷子の王様』 君たちに明日はない5 垣根涼介 »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

忘れ物談義、たいへん楽しく拝見いたしました!
終わりよければよし!
おばあさまもみんなの笑顔を見てまた活力が湧いてこられたことでしょう(^^)

我が家も忘れ物が多いですが、最大級は神戸から横浜へ引越しの折、大切な大切なものだけを手荷物で運んでいたとき、網棚に乗せるくせのある夫が新大阪への快速の網棚に置き忘れたのを、お仕立て券付きのカッターシャツを作るため阪神デパートについて思い出し真っ青になりました。
結果は無事に手元に届いたものの直に横浜に行くはずが予定の新幹線に乗れず京都宿泊となった思い出。
ほかにも多々あるのですが、改めてブログに書こうと今思いつきました。
いちさんのお蔭で恰好のネタが見つかってよかったです(*^_^*)

投稿: VIN | 2016年9月20日 (火) 13時39分

おはようございます。
いつも「読み逃げ」の私です。
すみません、そしておくればせながら、おめでとうございます。

自分の、そして家族の歴史にとって
忘れ物はところどころを彩る紅(べに)のようなものだと思っています。(赤っ恥?)真っ赤な道にはなりたくないですが。

人に迷惑をかけず、
命にも別状なく、
極論で言えば
お金で済むことなら
笑って済ませたい。

幸いにもそういうことばかりでしたので、
これからもその方向で行きたいです。あは

とにかくお役に立てて(?)
私はうれしい。

投稿: いち | 2016年9月21日 (水) 09時16分

忘れ物の話、笑って済ませられて皆も楽しかったことでしょう。

我が家もありますよ。
最近では、長野行の新幹線で夫が普段は被らない帽子を忘れました。新品だったのに。

私は数年前、御殿場のレストランで、トルコで買ったストールが椅子から滑り落ちていたのに気が付かず。夜になって電話をして代引きで自宅に送ってくれるようお願いしたら、送料はあちら負担して送ってくれました。
感謝、感謝でした。

投稿: こけし | 2016年9月21日 (水) 10時28分

こんにちは
こけしさん 元気ですか。

こけしさんの話を聞いたら
最近、していないと思った私の失敗談を思い出してしまいました。
黒部に行った時、昼に帽子を無くし
地元まで戻ってほっとして、スイカを無くしました、
自分自身でも記憶に蓋をしていたようです。

忘れ物は戻ってくるけど、
無くしものはどちらも戻ってきませんでした。

見るところ
こけしさんは
私より頻度は少ない。
競争するものではないですが、
やはり、しっかりしていると思います。
私と比べてはいけないか。またね。

投稿: いち | 2016年9月21日 (水) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドキュメント  敬老の日…① | トップページ | 『迷子の王様』 君たちに明日はない5 垣根涼介 »