« 昼寝を | トップページ | 『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 上・下』ダヴィド ラーゲルクランツ »

2016年9月27日 (火)

メガネとスマホケース

開いているベランダの戸から

風がひとふき入ってきた。

その中に金木犀の香りが混じっていた。

深く吸い込む。

どこにあるのか金木犀、どこかにあるのだ金木犀。

その存在は見えなくても

風に乗って

空気に乗ってそこに住む人に降り注ぐ。

大きな香水です。

    *

21初めて

遠近両用メガネを買った。

遠くを見るのが見づらいので、と、買いに行ったのだが、

なんだか遠近両用になった。

上手な販売員さんである。

うすいピンクの縁のメガネ。

   *

退院してすぐに

メガネを作りに行ったが

いくらチェックしても

レンズを入れ替えても

「変わりません」としか言いようがなく、

店員さんに、「もう一度先生にはかってもらってください」と言われたことがある。

もういいや、と思って

視力のことは言わないようにしていたが、

遠くが良く見えない、

もう一度挑戦してみたら、と言うことで

行ってみたら少しは変わるようだ。

でも

掛けるということになれていず、

しまわれたままのことが多い。

    *

先日

スマホを買ったが、(これもピンクだった、ピンクが好きなわけではない。結果的に、である。)

そのケースを買った。

二つ、いわゆる手帳型というもの。

袋状のをパッチワークや編み物で作ろうと思っているが、

2019一緒に買いに行ってくれた息子の勧めもあり、まずは安かったので。

メガネケースと同じ、紺色のものと、

財布と同じ黄緑色のもの。

どちらもあいにく

まったく同じ色合いではないけれど

仕方がない。

二つケースはあるけれど

スマホはもちろん一つです。

   *

これらはどれも

今年私の元にやってきたものです。

|

« 昼寝を | トップページ | 『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 上・下』ダヴィド ラーゲルクランツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼寝を | トップページ | 『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 上・下』ダヴィド ラーゲルクランツ »