« 『貴婦人として死す』カーター・ディクスン | トップページ | 夏休み…① »

2016年8月10日 (水)

真夜中のミステリ!?

おかしい、

やっぱりおかしい。

この本知ってる、読んだことある。

リクエスト本が来ていなかったので、

カウンター近くの本を2冊借りてきたそのうちの1冊。

ページをめくると

先が分かる

いくら本好き

ミステリ好きと言っても

こんなに・・・筋が想像できるとは。

    *

「大切な話があるんだ。」(と、本の中で言う)

「離婚でしょ!!」(私が、心のなかで言う。)

「ほうらね。」(不安ながらも、自慢げなわたし。)

同じ本を借りてきて、しかも読む、という

いかにも私がやりそうなことかもしれないと思って(過去にもそういう経験は数回 あるし…)

さっき自分の、ブログで「有川浩」で検索した時は

出てこなかった。

失礼ながら有川さんの本の内容に似たのがあった?

さらに読みすすむ、夜中2時過ぎ

やはりおかしい

もう一度今度はタイトル名で検索したら、

なんと

ありました。(2014,6,6) (前からちゃんとそこに有ったのじゃ。)

でも、残りわずかだったので

読みました。

まだおぼろげに覚えていたんだから、まだいいか。

また

いい話だった。

|

« 『貴婦人として死す』カーター・ディクスン | トップページ | 夏休み…① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『貴婦人として死す』カーター・ディクスン | トップページ | 夏休み…① »