« 真夜中のミステリ!? | トップページ | そば集落から温泉へ…② »

2016年8月14日 (日)

夏休み…①

今年から

8月11日が「山の日」になったという。

で、全国的に「国民の祝日」

もちろんお休みでない方もいらっしゃいますが…

で、我々は

早朝4時半家を出て

松本に向かいました。

途中さほど混むこともなく、

9時ごろ息子2宅に着きました。

松本インターでは上高地方面が混んでいて

それは山の日の行事のためだということでした。

    *

息子夫婦がいろいろ計画を立ててくれているようです。

迎え入れてくれる若夫婦の気持ちがうれしい。

そして夫の目的は、まずは桃!!!

    *

ひと休みして

10時出発で

まず、山形村の「ファーマーズマーケット」の下見に行きました。

そして、その日と翌日に食べる桃やナスなどを買い・・・

86127まだ、おなかが空かないので、近くの朝日村へ行きました。

スキー場には行ったことがありますが、ここには

朝日美術館ー上條俊介記念館(2002年)」があります。

隣には「朝日村歴史民俗資料館(1992年)」

5そして「熊久保遺跡」があります。

市のHPを見ても詳しい記述はありませんでしたが、

パンフレットによると、「縄文むら」と言うようです。

1110静かで

のんびりした村の中心のようでした。

「住居の址が100軒以上ある、松本平西山山麓における縄文時代中期の拠点的遺跡です。」とパンフレットにはある。

鎖川の河岸段丘上にあり、緩やかに下った土地だ。

地図を見ると

なるほど松本平の端っこ、山の際に位置している朝日村。

並んで立っている建物は

木のぬくもりがあり、すてきでした。

34上條俊介作「播隆(ばんりゅう)上人像」が,
颯爽と空をにらみ、美術館に向かって立っていた。
(見えにくいかな。)

江戸時代後半の浄土宗の僧。槍ヶ岳の開山、笠ヶ岳の再興者。笠ヶ岳の東面の平坦地は播隆に因み播隆平と呼ばれている。」(ウィキペディアより)11_2
槍ヶ岳の登山道を整備し、人々が登山しやすくなるよう尽力した。 」という。

松本駅前にも
同じ作者の同じ上人の像があるという。

910_21314


縄文むらの

駐車場の

むくげの花も

今を盛りと咲き誇っていた。

(②へ続く)

|

« 真夜中のミステリ!? | トップページ | そば集落から温泉へ…② »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夜中のミステリ!? | トップページ | そば集落から温泉へ…② »