« 素晴らしい!!ミニチュアの・・・ | トップページ | ブラックベリー »

2016年7月22日 (金)

『太陽は動かない』吉田修一

今日は何だか涼しい。デスネ。

    *

「太陽光発電の新開発に関しての情報が

世界を巡る。」といういわばタイムリーな話。

エネルギーを取り合い、支配しようとする人同士が暗躍する話。

今、話題のエネルギー問題である。

限りのあるエネルギーと限りなく増え続けるエネルギー使用量。

話の内容は

世界をめぐり、大きく膨らみ、

壮大な話となる。

エンタテインメント満載であるが、

その分、簡単に移動できたり、心情などにも大ざっぱな部分を感じた。

ダイナミックではある。

「悪人」「怒り」の作者。

内容(「BOOK」データベースより)

新油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に、その背後関係を探っていた。商売敵のデイビッド・キムと、謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された…。いったい何が起きているのか。陰で糸引く黒幕の正体は?それぞれの思惑が水面下で絡み合う、目に見えない攻防戦。謀略、誘惑、疑念、野心、裏切り、そして迫るタイムリミット―。

(2012/4/25)36

|

« 素晴らしい!!ミニチュアの・・・ | トップページ | ブラックベリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素晴らしい!!ミニチュアの・・・ | トップページ | ブラックベリー »