« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の21件の記事

2016年7月29日 (金)

梅雨明けと「桃」!

昨日

どうやら梅雨が明けたという。

だから?

梅雨はいつかは明け、その後には暑い夏が来る。

それでも

当地は遅いだの早いだのという。

こうして

人々のこころは

季節を先へ先へと急がせ、

そうしてまた着々と一年を過ごしていくのだ。

(私としては、そんなに急がなくてもいいのに、と思えるお年ごろではある。)

日本という

四季のある国に住む者にとっては

順繰りに巡ってくる四季というものがなにより安心なものなのだろう。

三日ほど前からセミも鳴きだした。これもいつものようであって欲しい。

140心の奥底で

自然が破壊されているのは、われわれ人間がかかわっているのではないかと、

なんとなく
思わせるものがあるから…だろうか。

とにかく今日は

洗濯ものがカラリと乾くのが嬉しい。

   *

図書館に行っている間に

どうやら、待っていた桃が届いたらしい。

届けてもらった。

138139「お手元に届きましたら、箱の蓋をあけ、

風通しの良い涼しい場所で保管してください。」

というので、

早速お言葉に従った。

テーブル脇に置いたので、

パソコンワークする私の目の前だ。

いい香りが

する。

141福島国見町の特秀「あかつき」15玉

「特秀」というものがどんなに偉いのかはわからないけれど、

キット良いものに違いない。

美味しくみんなで食べたい。

楽しみだぁぁぁ

 

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

『永い言い訳』西川 美和

本屋大賞の候補の中に入っていた。

    *

文章の語り口は、見事。

時折、話言葉のよう。倒置法が多い。

テンポもよく、話し手の心情がよくわかり、くすっとしてしまうことも。

なかなか面白かった。

やっぱり

大切なのは一日一日を大切に使って生きること、だなぁ。

と、しみじみと思わせる、今日この頃でもある。

    *

「今更だけど、・・・」と思いを馳せる。 

「後悔してる。…後悔してる。すべてがとりとめもなく、終わりそうもない言い訳めいているが、これから俺はきっと、死ぬまでかけて、いくつも君に放った言葉のあれやこれ、取った態度のあれやこれ、を、じわじわと、思い出しながら、…生きて行くんだろう。」 

「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくはない。 

いま生きている人を、生かすことしか、出来ることってないでしょう。」

うむ。

たしかにそう思うぞ。

内容(「BOOK」データベースより) 

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

文藝春秋 (2015/2/25)37

どうもお疲れモードで、しかも読んでから時間がたってしまい、

感想には至らず・・・申し訳ない。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

「おやき」

先日母のところで一緒に食べたおやき。

母も美味しいと言って食べていました。

    *

信州名物「おやき」。

今まであまり食べたことがありませんでした。

長野にも良く出かけていましたが、

お店で買ってみんなで食べるという習慣が

あまりないので

食べたことがありませんでした。

135137去年あたりから

頂いて食べる機会がありまして、

私は

かなり気に入りまして…

お腹が空いたときにもちょうどいいのです。

すっかり私のお気に入り!

136「おやきは信州のなつかしい郷土色、味の文化財です。」と箱書きにある。

冷凍で

1つ1分ほどチンすると

ふんわり、美味しくできます。

(うす皮おやき)野沢菜、ながなす、きんぴら、ひじき、つぶあん、やさい、

(そば皮おやき)野沢菜、なす、かぼちゃ、つぶあん、切干大根、しいたけ

計15個入っているらしい。

美味しいでございます。朝ごはんに一つ・・・二つ・・

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

忙しくも充実した日曜日…ポケモン捕まえた

(最初に申し上げておきますが、だらだらと日曜日のことを書き連ねた文になっております。お忙しい方は、お読みにならないほうがいいかと・・・)

日曜日の朝7時半

娘のところに電話した。

寝ぼけた声で答える娘。

昨日お祭りで12時ごろ寝たという。

マゴッチ2はあとで、「あの電話の時は、僕は起きてたけどね…」

今日はコチラの友達の家に家族全員で来るらしい。その時間を問い合わせたのだ。

電話で、マゴッチ2がいつもの肉とキャベツの炒めものという夫の得意料理をリクエストしていた。

その前に友人宅で、バーベキューしてくるんだから、おなかはいっぱいでしょう、

またにしようね、というのに、

食べたい、という。

食べても食べなくてもいいから、と、とりあえず用意はしておこうか…(じじバカであります)

さらに、駅まで車で迎えに行ってあげようというジイ。

それで後ろの時間が決まった。

    *

その前に、今日は二人で母のところに行くのだ。

まだ作業が残っているというので

いそいで、8時過ぎ母のところに行き、

朝食に、頂き物のおやきを 3つ持って行った。

それから、

夫は草取り、私は・・・私は母とおしゃべり

それから、9時40分ごろ、近くのスーパーに頼まれた買い物に行く。

母のところに帰って10時40分すぎ

お昼も買ってきたが

まだ早いので、それぞれで食べることに。

なぜか道路も混んでいる。

自宅には11時過ぎ到着

11時半すぎ駅に迎えに行く。

無事送り届けて12時40分ごろ帰る。

キャベツ炒めのお肉を大量に炒め、キャベツ2個を切って、下ごしらえをし、

(婿殿はお肉も好きというので、5~600グラム用意。)

ひと休み・・・したら、予想通り、寝た。

どういうわけか私も、寝た。(昨日の会議の疲れだ!そうに違いない!)

3時過ぎにこちらに帰ってくるというので、

「もし寝ても2時には起こして。用意があるから…」というので、

2時10分に起きて、起こして

炒め始める。

私はリビングの方づけ。

3時出来上がり。

しかしそうは時間通りには帰ってこない。

せっかく用意してもてなしてくれているそのお心を無下にはできない。よーくわかります。

で、4時すぎごろ

にぎやかに帰ってきた。

マゴッチ二人は早速食べる、

我々もなんだかお腹が空いたのでご相伴。

残りは大きなタッパに入れて、持って帰った。

    *

ご両親様は昨日からの疲れで、ごろり

「なんで子どもはあんなに元気なんだ!」と寝言でつぶやく。

婿殿のスマホで、今はやりの「ポケモンGO」をやっている。

どうやら、リビングの隅で

見つけたらしい。ポケモンを。

「ほら、また、あのケーキの箱のそばにいた。」

(以前私の誕生日に買ってきてくれたタカノのケーキの箱である。)

「あの箱はポケモンの詰め合わせだったのかな。」と私。

「◎ちゃんちにはいなかったのに…」とマゴッチ。

「面白いね、」

「お母さん、ここに現れるってことは

あまりいいことじゃないかもよ。」と娘。

「えっ!ごちゃごちゃしているところに出るのかなぁ。

今日寄るっていうんで、あわててあの辺に物を押し込んだからかな。」

結局、我が家で「5つ」(も?)確保したらしい。

自分の家の中をカメラで撮るから、なぜか不思議!

電池の減りが大きいとも聞いた。

最初の日に

テレビで予習したから(?)良くわかっているが、今のところ

ダウンロードはしない。

「こんなにいっぱいいたよ。」とマゴッチ。

「そうか、妖怪と一緒にくらしてるのよ。バアは。」と私。

「怖くないの」

「時々怖いよ」なーんてね。

    *

そして、6時10分に家を出ます、という娘に

6時からテレビで野球を観ようとする夫。

スタメン発表で

あ、トリが出てない!」かなりの衝撃模様で叫ぶ。

なぜか、我が家で一人だけ、家族のように親近感を持っている、

単に同窓というだけで…まったくねぇ。

ショック状態で車で送って行ったので

かなり心配した。

子どもたちの「バイバーい!また遊びに来てねー」という声は

非常に嬉しい。

ビールとカツオで「今日もいい日だった」と乾杯した後

私はパソコンでお仕事、夫は野球観戦していたら、

娘から8時ごろ「ただいま、キャベツ炒め完食しました。」とメールがきた。

10時過ぎ

昨日から福井方面に出かけていた息子1が帰ってきた。

134越中富山。羽二重餅」福井のものでない、ところがミソらしい。

疲れたけれど、充実した一日でした。

そして、翌日の今日

夫はまた出張に出かけて行きました。その富山に…

(朝から晩までぎっしりと詰まった一日でした。ア、主に私ではなかったけど…ね)

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

ブラックベリー

今日の午前中

まだいくぶん涼しかったので、

夫は前々からやろうと思っていた実家の草取りに出かけてくれた。

私はマンションの管理組合のお仕事。

母も気がかりであり、自分でやることもできないので、

大変喜んでくれた模様。

もちろん私もできないし・・・

今は静かに、疲れ果て、寝ております。

    *

先日、上の方から

「ブラックベリーいる?後で持って行ってあげる。」

と言われ

133夕方持ってきてくれた。

時どき

畑の野菜などを頂く。

先日は新じゃが

孫(?)の足音がうるさいのは、許して、って。

「うん、許す!」って笑って答えた。

美味しそうなジャム。

131132ブラックベリー(Blackberry) はバラ科キイチゴ属の低木です。
キイチゴの仲間はたくさんありますが、なかでもビタミンCが多く、
甘酸っぱい味が特徴の果実です。

日本では、西洋藪苺(セイヨウヤブイチゴ)と呼ばれています。
ブラックベリーは名前がブルーベリーに似ていますが、
果実の形は全く違います。

ブラックベリーの果実は、ラズベリー(フランボワーズ)にそっくりです。
大きさは、ブルーベリーよりも一回り大きく、
ブラックベリーがたわわに実ると、その重みで枝が下に垂れるほどです。」

目にもいいらしい。

調べてみると

育てやすいし、たくさん取れるし、美味しく食べられる。

我が家のジューンベリーは今年は

小鳥に進呈した。

おじさん!おいしいジャムをありがとう。

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

『太陽は動かない』吉田修一

今日は何だか涼しい。デスネ。

    *

「太陽光発電の新開発に関しての情報が

世界を巡る。」といういわばタイムリーな話。

エネルギーを取り合い、支配しようとする人同士が暗躍する話。

今、話題のエネルギー問題である。

限りのあるエネルギーと限りなく増え続けるエネルギー使用量。

話の内容は

世界をめぐり、大きく膨らみ、

壮大な話となる。

エンタテインメント満載であるが、

その分、簡単に移動できたり、心情などにも大ざっぱな部分を感じた。

ダイナミックではある。

「悪人」「怒り」の作者。

内容(「BOOK」データベースより)

新油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に、その背後関係を探っていた。商売敵のデイビッド・キムと、謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された…。いったい何が起きているのか。陰で糸引く黒幕の正体は?それぞれの思惑が水面下で絡み合う、目に見えない攻防戦。謀略、誘惑、疑念、野心、裏切り、そして迫るタイムリミット―。

(2012/4/25)36

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

素晴らしい!!ミニチュアの・・・

128朝から、というか前夜から雨です。

   *

先日「夏のクリスマス」

お呼ばれした時

「みんなに見てほしいと思って・・・」と仲間がとりだしたもの。そう、我々は手作りが大好き!

細かい造花やアイディアいっぱいの様々なアクセサリーを作る方である。

そして、今回のも、びっくり。

129籠のオンパレード

ミニチュアハウス、ドールハウスを趣味にしている人のために

つくった、という。

作っているうちに

本人も好きなものだから

どんどん根を入れて作ったようだ。

130ただ、それを写すカメラマンが

機材不足で、もちろん力不足もあり

それを忠実に写すことができない。

残念無念である。

とりあえず見てください。

比較に1円玉を置きました。

私も

昔は粘土などで

子ども用に野菜など食材を作ったことを思い出した。

しかし彼女は細い針金を基本に作っている、その素材感が素晴らしい。

彼女の作品はいっぱいあるのだけれど、

特にこれ。そしてこれ

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

儀右ヱ門と群言堂…思い出の

私には

大切にして来た記念の服がある。

私が6か月間入院しているときに、誕生日があって、

その時に娘が贈ってくれたものだ。

入院して3か月、まだまだ頭が痛くて、あまり深く考えられなかったころ、

娘がパンフレットを持ってきて、どれがいい?と聞いた。

その時の様子は

写真のように一つの場面として心に残っている。

パンフを私に差し出しながら、見つめる娘の目。

たしか、緑のものと、紺のもの、

よく見れば値段も書いてあったはずだが、

それも良く見えなかった。

それで自分の感覚のみで

大きく乗っている紺のものを指差した。

あとで聞くと、店員の方はそれを聞いて

ほんとうにいいの?もっと安いものにしたら・・・

と、売る立場にあるまじき(?)お言葉を述べたという。

今までに自分のものでも買ったことのない値段であったらしい。

娘はお店の方のアドバイスの通り、上にはおる、レースのボレロ風のものもつけてくれた。

デパートを降りて行ったらちょうどあったとか。待っていてくれた?

今もこのセットで着用している。

さらにジャンパースカートも。

その頃は、病で10キロもやせていたのに、洋服が入るかどうかが心配だったらしい。

というか、なかなか退院できない私への精一杯の思いだったかもしれない。

九州の儀右ヱ門・久留米絣の藍染のものだった。(以前のブログ)

濃い藍と薄い水色の布が交互にはぎ合わされている。

そんなことを聞いていたから

私はことさら良く着たし、大事にしていた。

それを着て、一時帰宅する時の看護婦さんの笑顔が輝いていた。

自慢げに「娘のプレゼントなの。」

だが、ここ二年ほど、

母のところに着て行くと

「色が剥げているね。」とよく言われる。

聞き流していたのだが、ある時思い切って言い返した。

「あのね、この服はね、娘が、私が入院しているときにプレゼントしてくれたものなの!

だから、大事にしているから、そんなこと言わないで!」

121122しかし、しかーし

良く見れば

やはりちょっと色があせている。

背中が特に、だいぶ褪せている。母の言う通りではある。

前のブログで比べるまでもない。

それを聞いていた妹の、「刺し子をしてみたら」、というアドバイスに従い、

「それはいい!」と、心に決めたのが去年の夏の終わり。

刺し子の糸を買い揃え、(どれほどするんじゃ!というくらいの量と色)

図書館で本を借り、一応チェック、(しかし、結論は、私がするので、縫えばいい)

126_2125そして今年6月ぐらいから

毎日少しずつ取り組んだ!

もちろん、私の手が震えるので几帳面な針目にはならない。まあいいか。

針に糸が通せなかったが、

去年妹が誕生日かクリスマスかにくれた、瞬間自動完全糸通し器(これくらい、褒めたい!すぐれもの)

刺し子の糸は少し太いけれど、何とか通った。ありがとう。

ワンピースを壁に吊るして

色褪せた薄いところを狙って・・・

結局考えたら、濃い色にしたいのだから、藍色で刺すのが一番である。

    ☆

そんなこんなを娘に話したら、

もう経過感(なんて言葉ありますか?いいや、無くても)は、かなりだから

寝巻にでもしてください、と

代わりのワンピースを贈ってくれると。

そこでも

いろいろあって、群言堂のブルーの木綿の藍染のワンピースをもらった万座の夜。

万座にも、儀右ヱ門のに刺し子したワンピースとボレロを着て行った。

誰も私が言わないと刺し子にも気が付かない。

123124今回頂いたものは、群言堂のもの。

前から、近くのデパートに入っていて、

「見るのが」楽しみでした。

襟ぐりはアシンメトリになっている。裾も少し丈が違って、後ろが長い。


翌日、温泉に入ってからの

朝食会場には、新しくもらったワンピースを着て行った。

まず第一声!

みて!はいったぁ。」

やぁ、入ったじゃない!」

マゴッチだけが「いいね、すってきだよ。」とささやく。

127「群言堂のも高くて買ったことないよ。」と私。

「でも儀右ヱ門よりは買いやすいよ。」と娘。「そうか。」

何れにしても

ありがとうさん。

大事にするね。

写真は、

ごきげんで(?)、

新旧揃った、私の記念すべき

W(ワンピース)氏たち

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

宴会の用意…150個のカップ

今日も暑いですね。

今実家から帰ってきました。トマトを一箱買ったら、母の近所の知り合いが自分の庭で作ったトマトをくださいました、私の買ったものより立派です。すごいです。

    *

さて、先週のよもやま話というか、こぼれ話というか、アホな話のうちの一つです。

  **

みんなが仕事で忙しい中

私はせっせと

自分自身の「古希の祝い」なる宴会の準備に励んでいた。

相談役は

昼ごはんに帰ってくる息子1

おつまみは買いだめしたのがたっぷり。

在庫を全部詰めこんで行く。

ビールも息子が北海道から買ってきてくれたのがある。

日本酒も、

ワインも・・・詰め込んだ。

夫も驚く量だ。

誰が飲むのか、食べるのか。

良くわからないけど、不足するのは無念だ。

余っても持って帰ってくればいい。

    *

117あとは

カップだね。と息子。

プラのカップを持って行こう。

そんなことを言っていると、、ちょうど通販で安いのがあった。

100個で400円ぐらい。安くない?

ところが、来てみたらなぜか小さい。

息子が見て、

「これ試飲用って書いてあるよ。」…プラカップ1

「あらまあ、知らなかった。」

「安いと思って良く見ないで買っちゃったんでしょう。」

「うん、良く見えなかった、んだけど」

仕方なく

近くのスーパーで、そこには一種類しかなかった、プラカップを

矯めつ眇めつして、買った。

かなり、しっかりしたもの。

よって、ちょっと高い。3個入りを4セット。12個で500円ぐらい。…プラカップ2

夕方帰ってきた息子に

胸張って「プラコップ買ってきた。」今度は文句はあるまい。

すると、息子が見て「これ545mlも入るよ。ロング缶分!」

私は、あちゃー

そこでゆったりと出してくる息子

220ml 50個入り」…プラカップ3

アぁ、これがジャストサイズ。

ついでに地厚の紙皿も、ありがたや。えらい!

100個もある小さなカップも少し持って行こう。

ワインとかいいよね。

現地では

というわけで、

この小さいカップで古希祝の日本酒をみんなで美味しく飲みました。

118119こうして

我が家には今でも150個のプラスチックカップ

存在し、

いつ何時、宴会が始まろうと準備万端でございます。はい

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

お祝いの品々

いい加減

誕生祝いの話はやめろ、と思われるかもしれませんが、

家族からのお祝いの品の記録です。

いつか、「私、何にももらってなぁい」などと言い出した時のために。

    *

既に使い始めている夫からのシニア用スマホ

友達からのお菓子など、今までにも載せましたが、

さらに!であります。

万座温泉にて。

105106紫の風呂敷に包まれた日本酒

ほどいてみると、立派な桐箱。

生まれた年のその日の新聞のコピー

107_2
桐箱を開けてみると、紫の瓶の日本酒。

ラベルは私用、このブログの名前で、

祝古希!とあり、今年の日付も入っています。

スペシャル感満載です。

108109瓶を紫にするのが

高かったとか言っていました。

みんなで、ちょうどいいプラカップがありましたので、(後述)

それで再び乾杯をしました。

飲みやすい美味しいお酒でした。

お祝い事はみんなで分け合おう!」これでみんなももっと幸せに…

当時の新聞の文字が細かいので、簡易ルーペが付いているのが、楽しい。

こういうものがあるとは知っていましたが、私がもらえるなんて・・・ねぇ

お酒の残りは

ただいま冷蔵庫で待機中、チビチビと・・・行きます。

114・息子2からは

ミズノの紺のパーカー

電話でサイズがどうとか話していましたが、

もっと大きいのにしてくれ、と私がいい、

息子も驚いて、「わかった」

すぐ返事があり、「S、M、L しかない」、「じゃあしかたないね、」などのやり取りがあり、(あ、私のサイズが「S?」なのがわかっちゃった?)

入らなければ、娘にあげればいいよ、と息子が言い、そこまでうちあわせをして・・・

とにかく入った。良かった。

116・娘からは夏のワンピース

群言堂の藍染のワンピース

そういうわけで。入るか心配されたが、着てみたら、入った!!

「デザインより入るかどうかだ。」という娘と孫に、

「いや、デザインも・・・」と私。

みんなに言われました。

いつの間にそんなに大きくなったの?」

「はぁ、育ち盛り?」

みんなで母親のサイズ感について、盛り上がりました。

これ以上の成長は、いけません。わかっております。

    **

帰りに実家に寄ったら

妹からのプレゼントが置いてありました。

110111日傘

おや、ピンクかい?

開けてみたら

グレー地に赤い縁取り。かわいい。

112113木綿のショール

コチラは薄いサーモンピンク。

そして、夫婦で大喜びなのが

「黒棒」50個入りの大袋を4袋

これは夫が大好物で、出張が多く、疲れたときに重宝だということで

一日2個当たりの目安で持って行きます。

で、月に30本ぐらい。

でも今回はたくさんあるので大丈夫!ありがとう。

夫も出張先で妹にもお土産を買ってきたり。

こころも物も行ったり来たり、ということですね。

    **

115もちろんほんとにいつまでもうれしいのは

マゴッチたちからのお手紙です。

それと

母からも金一封、93の母にもらえる幸せ。

ありがとう、皆様。

こんなに幸せで、

みんなからの気持ちをもらい

71歳までがんばって生きよう!!エイエイオー

| | コメント (2)

2016年7月16日 (土)

上野国一之宮貫前神社…④

80道路から

鳥居をくぐって登っていくと

神社の総門の前に出る。一宮貫前(ぬきさき)神社。

そこに車を停める。

81神社の向かい、登ってきた道の左にも大鳥居があり、向こうには何も見えない。

8283





そこまで行ってみると、市内から登ってくる石段が見える。

84そして、総門があり、その下に立つと

今度はそこから石段が下に続いている。

つまり、車で着いた総門のところが一番高く

そこから両方とも下がっているという形になっている。

8687「境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。社殿は江戸時代に第3代将軍徳川家光・第5代綱吉により整えられ、本殿・拝殿・楼門等が重要文化財に指定されている。」(ウィキペディアより)

「社殿の配置は独特で、本殿が境内入り口よりも低い位置にある。

すなわち、正面参道から石段を上がり蓬ヶ丘上にある大鳥居・総門をくぐると、今度は石段を下ってから綾女谷の本殿に参拝することとなる。このような配置の神社は「下り宮」・「下り参りの宮」と呼ばれている。」

こうした「下り宮」はあと二つあるらしい。

宮崎の鵜戸神宮もそうだという。確かにそうだった。

面白くてテンションが上がった。

88元禄11年(1698年)、第5代綱吉による大規模な修理で極彩色の漆が塗られ、現在の華麗な造りとなった。いずれも国の重要文化財に指定されている。

1500年の歴史を持つ由緒正しい神社です。(安閑天皇元年( 535)の創建という)

104_2平成21年から5年にわたっての「平成の大修理」が行われ、完成したばかり。

ですから、今は

899091とっても美しい楼門、拝殿、その奥が本殿です。総漆塗り重要文化財。

しかも、修理中は奥まではいけなかったというのですから、

私たちはいい時に来ました。はい

9492


本殿の後ろに回ると、奥にはおおきな樹齢1200年ともいう杉の木(藤太杉)がすっくと立っていましたが、枯れそうなのかどうなのか…心配です。

9396ぐるりと本殿の後ろを回っていくと、窪地ですから

太陽が斜めに、屋根の上に照らし、きれいでした。

97


帰りは数を数えながら、

階段を登って行きました。そう大変でもなかったです。100段ほど。

98_2


そしてフーッと見上げると、前には空に立つ大鳥居というわけです。

103
10299100その右側の西門の両脇にも大きな木が立っていました。

右にスダジイ(樹高15メートル、根回り4メートル。樹齢1000年、富岡市指定天然記念物。左にも、大きないちょう。いずれも、とみおか名木10選。)

どちらも素晴らしい木だった。

調べていたら

群馬の名木にはいろいろあって、また機会があったら訪ねてみたい。

101その後
ラーメンを食べ、群馬名物焼きまんじゅうとかいうのを買ってみた。

まんじゅうというより、パンのようなものに甘いたれがかかっている。

驚いた。冷えると固くなって、暖かいほうが美味しかった。

帰りに母のところに寄り、

嬬恋のキャベツなどのお土産を渡して、帰ってきた。

運転手さんご苦労様。ありがとう。

次は・・・

次も楽しみに・・・・(オワリ)

(最初から読むのはコチラ)

 

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

浅間山と鬼押し出し園…③

昨日は朝早くから大学病院行でした。

 

その後、母のところに行き、おしゃべりをたくさんして帰ってきました。

 

今日は近くのクリニックに薬をもらいに。ちょっと疲れました。

    *

さて、日曜日の続きです。

66軽井沢のあたりではどこからも浅間山が雄大に見えます。

子どもが小中学生のころは年末年始に嬬恋にもスキーに行ったものです。

     *

さてこの浅間山は「軽井沢町及び御代田町と群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の標高2,568m成層火山。

6768山体は円錐形でカルデラも形成されており、活発な活火山として知られる。」とあります。

そのふもとの「鬼押し出し園」は久しぶり。

浅間山の噴火の凄さをまざまざとみる一面溶岩のはらっぱ。

69「鬼押出し園(おにおしだしえん)は、天明3年(1783年)の浅間山の大噴火により生まれた、溶岩の芸術です。火口で鬼があばれて岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が、この名前の由来となっています。」HPより

いろいろと調べていくと、興味は尽きない。

歴史に残る大噴火も数多く、その様をまざまざとみることができる。

日本のポンペイ、東洋のポンぺイとも言われるが・・・

次は「鎌原観音堂」などにも行きたい。

737470_2


それにしても

この日の突き抜けた青空の無邪気さ、のどかさよ。

岩々の間には木々が映え、草が茂り、花が咲く。

75
やや上りの道を

駆け抜けていく子供たち。

のんびり歩くその他大勢。

それを追いかける私。

という図で進みます。 

77どこを見ても

山と岩という堅いイメージが続きますが、

それは字の上だけで、

気持ちよく晴れ晴れと、楽しく見学できました。

76緑色に光る苔も美しかったです。

昼が遅かったので、

お昼は食べず

駐車場で解散となりました。

みなさま、今回の行事に

参加してくれてありがとう。

お祝いしてくれてありがとう。

ここからは3人1台で家に帰ります。

78途中

六里ヶ原休憩所にチラと寄る。

スキーに行くときも寒さの中

みんなで写真だけ撮ったっけ。懐かしさがよぎる。

    *

79


妙義山。

それから

途中立派な鳥居を発見、

よろよろ!!(寄ろう!の意味)と私はわくわく。

息子は来たことがあるようで、説明してくれる。

私が以前乗っていた車にもステッカーが貼ってあったようです。

(もとは息子の車でしたので)

行きました! 上野国一宮 貫前神社!(④へ続く)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

翌日は上天気…②

翌日は

6時半に露天風呂と満天の湯のはしごをすることにしていた。

53露天風呂に入ったら、息子2夫婦とも会った。

みんな早起き。

(写真はHPから)

気持ちのいい朝だ。

さっぱりして

朝ごはん

前日に娘からは郡言堂のワンピースをもらったので、

朝食会場には

それを着て行った。

みんなに見てもらおうと思って。

「新しい化粧まわしができたの。」と息子に言われ、

「うん、大関になったからね。」と答えた。

マゴッチが「すってきだよ!」と褒めてくれた。

マゴッチも一緒に選んでくれたから、よけいだ。

    *

5810時チェックアウト。

温泉を満喫する人が多いので、10時過ぎの入り口はたいそう混んでいる。

9人で記念写真を撮っていたら、

露天に行こうとしていた男性が通りかかり

「撮りましょうか。」と声をかけてくれた。

何て親切なんだ。

僕もそうするよ、そうか、なんてみんないい人なんだ。

思い思いにお礼を言う。

お蔭で揃った写真が撮れた。

    *

555657



敷地内のニッコウキスゲも青空に映えてきれい。

    *

このまま解散ではちょっということで、

「鬼押し出し園」まで行くことに。

596061


63


62


途中の嬬恋牧場

愛妻の鐘とかがあった。

「嬬恋」という名からきているらしい。

(③へ続く)

 

| | コメント (2)

2016年7月12日 (火)

こきっ!記念の旅…万座温泉へ①

この土日はかねてよりの計画の旅でありました。

(我が家ではなんでも何かにつけて様々なテーマを見つけてはイベントを開催してまいりました。ですから、めでたい、こきっ!に計画するのなど何の問題もございません。はい)

3月前に決まっていましたが、全員参加できて良かったです。

宿を取るのも私であります。

母はちょっと遠いので今回はパスです。

雨模様の当日、我々は3名で6時40分出発。

44渋川から草津、白根山の交通状態の確認をして参ります。

48お釜にまた行きたいけれど、まだ無理のようです。

途中他の二台が、軽井沢から、上田から集合せんと進んでいる様が想像できます。

パソコン上でよく見る飛行機か船のようです。(これ好きなんです。トラフィックなんちゃら、です)

45待ち合わせは

万座プリンスホテル。12時。

4950ランチをここで食べて、お泊りはすぐ近くの日進館。

3階のランチをしているレストランで。

おとな7名、子ども2名。

それぞれ好きなものを注文しました。

左はレディスランチ

右はお切り込みうどん

他にエビチリソース、ざるそば、五目そば、などなど。

51コマクサが咲き始めていました。

チェックインは2時だったので、

下で1時間卓球をしました。

始めてやるマゴッチも、サーブもできなかったのが

時どきすごいスマッシュを打ったり・・・

息子1は中学卓球部でした。マゴッチを教える教師は多かったです。

    *

我が家では、温泉に行くと必ず家族で勝負していました。

「最初はスリッパはいてやっているけど、

最後はスリッパ脱いでやりだすんだよね。そうすると本気なんだ。」などと思い出話を。

特にヒートアップするのは父親と息子。

その頃は私と夫もいい勝負(?)していましたが、

久しぶりにやってみたら、

今は、残念ながら

目が悪いのか、反応が遅いのか

空振りばかりでびっくりでした。

自信を無くしました。

またどこかで挑戦して、カンを取り戻したいです。

婿殿も

小学校の時は卓球部だったと、打ち明け。

初めて知りました。市内で優勝もしたらしいです。

「市内に学校はいくつあったの?」などと冗談などいって

楽しく過ごして時間は1時45分

さぁチェックインの時間です。

ここで過ごせてよかったです。

    *

52部屋に入ったら、少し休んで

即お風呂。

玄関わきの「長寿の湯」(写真はHPから)

それから休憩。運転手は疲れたことでしょう。ぐーぐー

硫黄の匂いたっぷりの青白色のにごり湯です。

食事は5時一番から入場。

その後すぐに「祝賀会(?)」(自分で言っています)。

何といっても、私たちの主催(?)であります。

買い集めたおつまみとお酒。

でも、夕食食べ過ぎて

あまり飲めなかった模様。

プレゼント贈呈などあり…(これはあとで)

ここは

夜に音楽ショーがあるのです。

マゴッチもそれを見る(聞く?)のは初めて、

まあ私だって初めてといってもいいぐらい。

寝てるか、お風呂入ってた。

それでも生の音楽はいいです。

終了後、お風呂に行って、十分温泉を満喫して寝ました。

体全体が硫黄のかおり。満足満足(②へ続く)

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

夏の暑さにも負けず…ご馳走三昧

土日で「こきっ!記念旅行」に出かけてきました。(その話はあとで)

その前日金曜日のことです。いつもの仲間のお宅に伺いました。

いつもクリスマス会も開いてくださる、料理上手、パッチのIさん宅です。

さて今回はどんなお料理でしょうか。

いそいそと出かけました。

その割には写真がうまく撮れませんで…

いつものようにメニューに添ってご紹介。

     *

28_2前菜 (左から)

①タコのコーラ煮(タコを切ってひたひたのコーラで水分が無くなるまで煮る。おいしかった。)

ハーバード大学のスープ(玉ねぎ、キャベツ、など野菜を切ってコトこと煮る。濾す。残りの野菜はカレーなどに。)

③寒天とえびのサラダ(棒寒天半分ちぎってヨーグルトに8時間以上つけておく。えびスナップえんどう。マヨネーズ、すりおろしにんにく、塩コショウ)

④スモークサーモンとアボカドのクスクスあえ(リンゴの蓋物の中,透視「してください。)(クスクス50、100CCのヨーグルトにあえて置いておく。アボカド、スモークサーモン、オリーブオイル、塩コショウ)

テーブル奥から

41⑤かぼちゃのマリネ(4分の一のかぼちゃ。薄切り、オリーブオイル、お酢、塩コショウ。生姜、パセリ、レンジでチン)

⑥キヌアの豆サラダ(ゆでキヌアを作る。キヌア1カップ、水分無くなるまで炊く。15分。ゆでキヌア大5、お酢、出汁50cc、しょうゆ2分の1.砂糖大1、塩少々、砂糖が融けるまで煮たててからゆでキヌアを入れる。→キヌア酢、マメと合える。

⑥ゆでかじきとセロリのサラダ(カジキ1切れ、オリーブオイル、酒ローリエ、塩コショウ、玉ねぎ半分、セロリ半分、キュウリ、カマンベール角切り、ドレッシング<米酢大1、塩コショウ、オリーブオイル小2、クルミ小3、レモン汁少々>

42⑦クスクスとナスのカリカリグラタン(クスクス30を一晩ヨーグルトにつける。ナス2、とまと1、オリーブオイル、ハーブソルト、3~4分チン、トマトみじん切り。クスクス載せて焼く。

32
⑧鰹のたたきとアボカド(アボカド、鰹、大葉、しょうゆ小1、白ワイン、オリーブオイル大1、ごま) 

31⑨食べれば北京ダック(生で食べられる春巻きを半分に切る。鶏もも肉400グラム塩コショウアルミをかぶせて重しをし平らに焼く。皮目から。7~8分、<タレ…はちみつ大2、テンメンジャン大1、コチュジャン小1、しょうゆ小1、五香粉or山椒など>

3334_2⑩新生姜の佃煮とツナの混ぜご飯(新生姜200グラムスライスして、ゆでこぼしてから、さけしょうゆ、水50ccで煮る。

⑪しじみと湯葉のスープ

⑫野菜のヨーグルト漬け(ヨーグルト1、みそ3につける。みょうが、長芋、きゅうり、セロリなど)

36デザート(左から)

⑬寒天の黒蜜きな粉かけ

 ⑭焼き菓子(友人作)

⑮ブルーベリーチーズケーキ37
⑯果物(スイカ、キウイ、マンゴーブドウ)


⑰飲み物 ワイン コーヒー 冷茶など

40_27月生まれが3人いて、Iさんがバラの花をくださいました。

ありがとうございます。嬉しいです。

今頃それぞれの部屋できれいに咲いているでしょう。

本当に、ごちそうさまでした。ありがとう。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

『陽気なギャングは三つ数えろ』 伊坂幸太郎

今日は

先日我が家に来てくれた仲間の家に出かけます。

お料理上手なIさん宅です。

楽しみです。ご報告はまた後程。

    *

これは私の好きな伊坂作品。

「ギャングシリーズ」(っていう名前でいいのかどうか)9年ぶりの

第3作である。(2006年、2009年)

表紙に「長編サスペンス」とある。

「サスペンス」とあるが

さほどハラハラドキドキとは思わなかった。

ユーモアもあって、追いつめられる感じではない。

内容紹介

絶体絶命のカウントダウン!
史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる!
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女――
180万部シリーズ待望の最新作!

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!  必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが!  人気シリーズ、九年ぶりの最新作!

(2015/10/8) 35

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

ついでに、もう一つ「古印最中」

先日、宇都宮に

餃子を食べに行った息子

まめだなぁ、良く出かけるね。

2024「お土産買ってきて、ぎょうざ」

了解!古印最中もいるかい?

いる!

っていうことで

冷凍餃子と

古印最中をお土産に買ってきてくれた。

母の分も。

相変わらず美味しい。

2526ずっしり

足利学校、鑁阿寺

無名だった相田みつをさんとの出会い

今も封入されている栞

コスパもなかなかいいのだ。

19どらやき「尊氏」は各自1つずつで

母の分と自分の分も入れて

4個買ってきた。

ア、これは6月末のこと。もうすでにありません。ご心配なく!

皆さんの胸焼けが心配!

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

甘味万来!!

2日のこと。

ピンポンが鳴った。

我がこころの友からのお届け物である。

いそいで開ける。

5大きな箱に私の好きなお菓子の詰め合わせ。

どれもこれも私の好きなものばかり。

いろいろ選ぶのも大変だったでしょう。ありがとう。

67①星の宝石箱

杉山壽山堂

見ているだけで涼しい。


②お馴染み「鶴の子」

8③くろ玉

以前この友と一緒に甲府に行った時、駅前のお店で、お母様が好きだと言って買っていました。

その時初めて知りました。

④薄小倉

桂月堂

1112これも懐かしい。島根県松江市のものです。

17娘が鳥取で仕事していた時、良く遊びや用事で行ったが、(なななんと、2年間に10回であーる。)

ちょうどできた鳥取のジャスコに売っていて、

良く買ったものです。大好き!母にも持って行きましょう。

918⑤鳥取銘菓「二十世紀

「亀甲や」

鳥取で一番の老舗らしい。

梨の輪切り型のお菓子。

13
10⑥干菓子(暦…七夕)

京都 亀屋良長

たくさんたくさんありがとね。

     *

その夜、婿殿のお母様から京都土産で「御干菓子」を頂いた。

164◎「おちょま」

鍵善良房

やあやあ、かたじけない。

1415◎そして、先日会えなかった大学の友人からもずっしりと・・・水ようかん

皆さまほんとに

アッりがっとさ~ん!!

これだけ一人で食べたら

玄関から出られなくなってしまう。

お祝いごともみんなで分けましょう。(「つもり」であります。)

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

二日の夜は

娘一家が

やってきたのは夜8時

大きなお寿司の折と

3ケーキを抱えて・・・

12「タカノ」の美味しいケーキです。

プレートに

「なんとお書きしますか?」と聞かれ、

「ばあ」で、と答えたら

「ばびぶべぼ」の「ば」に「アイウエオ」の「あ」でよろしいでしょうか、と言われたらしい。

なるほど、確認は大事。

見事なハッピーバースデイの合唱に喜び…

それから

宴会となりまして・・・

嬉しい誕生日の夜です。

普通は

その日でなくても、

しなくても、いいのですけど、

70歳ぐらいはいいでしょうか。

「古来稀也」ですからね。(現代では、一般的かもしれませんが、それでも・・・)

ひとつ山を越えました。

話は夜中まで続き

11時半すぎ

お開きとなりました。

子どもたちもスペシャル感にそこまで起きていました、

幸せな私の一日は無事終わりました。

皆さま、どうもありがとうございます。

娘一家は翌日曜日、先ほど帰って行きまして、

我々も投票をしてから、

母のところに行って帰ってきました。

| | コメント (2)

2016年7月 2日 (土)

こきっ !!

先日

息子と新しいスマホを買いに行った。

夫からの誕生祝である。こきっ!

Kyv32_detail_14「BASIOスマホアンドロイド」というものに決めてくれていたらしい。

シニア仕様であーる。

特長1 手にしたその日から使いこなせるシンプル操作
特長2 初めてでも安心の充実した機能
特長3 スマホならではの便利で楽しい豊富なアプリにももちろん対応

ということで、おかげさまで

今までやってたことはその日からできた。

母は80過ぎてからでも、ポットの模様に「それ、年寄りみたいでイヤだなぁ。」などと言っていたが

私は十分受け入れよう。

シニアプラン!

    *

日曜日の混んだ駅前の「ヨド〇シ」へ。

いらっしゃいませ」

これください。」と息子。

私ヨウなもので。」と私。

他の機種でも同じような使い方ができるものがあるのでご説明しましょう。」

あ。そうですか。」と、彼についていこうとすると、

あ、これでいいですから、これください。」と息子。

そうですか。」

順番が来たら連絡をくれるということで

アクセサリなどを見る。

なるほど

店員張りに役に立つ我が息子である。

契約になっても、

私はちゃちゃを入れるばかり。

「店員さんは忙しいんだからよけいなことを言わないように。」

とくぎを刺される。

だって面白そうに笑っていたよ。」

そらそうでしょ、お客なんだから。

きっともっと大変なお客の相手もしているだろうし。」

「私の誕生祝なんです。」

用紙をちらっと見て、

「土曜日なんですね。」「はい」

そんなこんなで

少し時間を取ったが(だれのせいで?私)

帰ってきました。

いらないと言いつつ

新しいおもちゃは

やはりうれしい。

注意として

65歳以上の方ですとタッチパネルが反応しない方もいらっしゃるので

その時はどうたらこうたら・・・

とりあえずは人間として感知された。良かったぁ。

こきっ!であります。

無事ここまで生きられて

感謝感謝!

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

7月です。

24梅雨の中休み

久しぶりの

太陽です。

今日から7月ですね。

先日母の庭のアジサイをもらってきまし

た。

2625明日は

娘たちが来るので

部屋の片づけ

先日友達が来たときに

あっちの部屋にしまいこんだものを

またこちらへ出して…

この

行き場のない二つのダンボールを何とかするといいのだけれど。

ひとつにはお酒がたっぷり…

暮れまでには

何とかしよう。

何とかなるはず・・・固い決心(はい)

飲むしかないか。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »