« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の22件の記事

2016年5月31日 (火)

田中屋せんべい総本家 大垣

夫がお土産にもらってきた。

大垣という地名は、なじみがあるようでないようで。

18きっぷの時「大垣夜行」という電車があったのを思い出す。

降りたことはあったかなかったか。乗換駅としての記憶がある。

そんな大垣の名物らしい。

227田中屋せんべい総本家 味噌入り大垣せんべい

「沿革

 

創業安政六年、爾来連綿斯業に従事し、常に品質の改良、新種の創製に没頭し来たりしに適々明治初年に至り厚焼きの方法を発見、厚焼煎餅と銘し、又之に味噌を加味し、味噌入厚焼煎餅と銘し発表せしに世の嗜好に適し頗る好評を博せり。是即ち所謂大垣煎餅の始めにして、以来今日に至る迄品質の向上を旨とし、益々販路を拡張し、明治三十九年畏くも時の皇太子殿下の御買上の光栄に浴し、其後屡々各宮家の御用命を蒙り各種博覧会等に於いて受賞すること数十回に及べり。」HPより

1859年ということです。

228300お店のマークは何の形でしょう。

そう、一枚焼きの鉄の焼き型というか何というのでしょうか。そういうものです。

我が家にも似たようなものがありました。むかし。

「駄菓子としての煎餅でない「みそ入りせんべい」ということです。

当時の屋号は玉穂堂といい、現在でもその名残りとして、みそ入りせんべいの焼型には輪になった稲穂がデザインされています。

落花生や豆の入ったものも美味しかったです。

| | コメント (0)

2016年5月30日 (月)

東京ドームで

昨日は

東京ドームに出かけた。

224_2巨人阪神戦

ネット裏少し一塁よりのシーズンシート3枚をもらったのだ。

息子は北海道に出かけていないし、

一塁側で観るのはいかがなものかと、迷ったが

息子がこんないい席めったに手に入らないし、

阪神の応援が見られるのもいいカモなどと薦めたので、

我々二人と

根っからの巨人ファンの人と3人で見に行った。

野球を見に行くのは

久しぶりである。

223_2コンサートでは数多く出かけているが

その時はアリーナで

今選手たちが走り回っているところだ。

野球の応援は本当に久しぶり。

大音響の音楽は少しでも楽しく、さらにかわいい子供の応援風景や、

向こう側の黄色い大きな声の応援風景

笑顔の売り子さんなどの様子に気を取られていれば、

既にアウトになっていたり。

楽しく応援できた。

2連勝していたので、余裕で観戦していた。

ジャイアンツファンも連敗ストップで、良かったね、と思った。

一足先に帰りながら、ジャイアンツファンの彼は今頃歌を歌って

勝利の余韻に浸っていることだろう。そう思うとちょっとうらやましいかな、と思った。

    *

222_22時からだったので、

その前にうなぎを食べに入ったいつものお店が、少し混んでいたので、

あぁもうじき夏になるのだなと、思った。

 

たくさんの人に酔って

かなり疲れた。

でも面白かった。

| | コメント (2)

2016年5月28日 (土)

お料理教室…②


さて、

先日の来客

料理上手な仲間たちのレシピをみんなでメモする。

もう何年もそうしている。

自分で作れるものはしっかりメモをするが

そうでないものは、まじめにメモしないものもある。

ので、

少し不備があるかもしれない。

    *

212①コーヒーチキン

鶏ムネ肉 水500cc インスタントコーヒー 大3 とろ火10分裏返して10分

つけ汁 砂糖大2、しょうゆ50cc お酢大2 沸騰させ、暖かいときに漬け込む。

②ブロッコマッシュ

ジャガイモ3から4個 ブロッコリー1個 ニンニク 水から茹で、牛乳3分の1カップ オリーブオイル小2、塩コショウをいれ、水気が飛んだらマッシュする。

219③スキンピザ

②の新じゃがの皮を厚めに剥き、アルミホイルにオリーブオイルをしき、皮をランダムに並べる。塩コショウ、ピザ用チーズ、パルメザンチーズをふりかけ、オーブンで焼く。

④ゆで卵酢漬け

茹で卵を皮をむいて、ウスターソース3分の1、酢4分の1カップ、酒小1につける。

⑤オレンジジュース漬物

大根200グラム、キュウリ2本 オレンジジュース1カップ 酢大2 塩

214⑥イワシロール

イワシ開いて、シソの葉、梅を載せて巻き、パン粉をつけて揚げる。

215⑦ ロールキャベツ

ハンバーグのアンと同じ。パセリ、玉ねぎ、ナツメグなど。栗の甘露煮をはさむ。

野菜ジュース、トマトジュース、ブイヨン、ドミグラスソースで煮込む。

218⑧ナスの中華風

縦長に切る。塩水にさらす。レンジで5,6分チン。お酢、ごま油、しょうゆ、ニンニク、鷹の爪、白髪ねぎ さとう

⑨サーモンのマリネ

生鮭ひと口大にカット、塩コショウ、小麦粉をつけて焼く。白ワイン、ワインビネガー、さとう。塩コショウ、玉ねぎ、にんじんスライス


217⑩車麩とパプリカの揚げ煮

車麩戻して、4分の1に切る。 軽く絞る。

小麦粉まぶして素揚げ。パプリカ黄赤も素揚げ。

昆布、麺つゆ、お湯で煮る。

216⑪トマト アイコのバルサミコ

皮をむいて、バルサミコ酢50cc、グラニュ糖大1、を煮て、漬ける。

⑫手作り草もち

和菓子

⑬フルーツの盛り合わせ

⑭サラダ 夏みかんドレッシング  213


⑮黒豆ごはん

小玉スイカ

飲み物

赤ワイン、ウーロン茶,水出し冷茶、お茶、ジンジャーエール

ごちそうさまでしたぁぁぁぁぁ

| | コメント (2)

2016年5月26日 (木)

何年ぶりか?仲間の来宅!…①

 

火曜日は

数か月前から決まっていた来客の日。

私のいつもの友達が6名やってくる。

しかも私のことをよく知っているから

一週間前にはメールで「大丈夫?無理しないように。」と

なんなら代わってあげるよ、てな具合のメールもきた。

208209でも、その反面

もう無理って言ったら、二度と来てもらえないかもという気持ちもあり、

やはり、以前ほどがんばれない中、私なりに頑張ったといえる。

大騒ぎして、家族に話しまくって、

あまり騒ぐものだから、

日曜には娘と孫が日帰りで「応援!掃除キャンペーン」に来てくれた。

久しぶりの孫の顔を見てちょっとまた頑張ったり。

夫も大そう手伝ってくれた。

出張の前に床ふきなどして出かけてくれた。

おかげで見事に

リビングだけ」きれいになった。

210お料理もみんなが頑張って持ち寄ってくれて、

撮るたびに増えていくお皿たち。

お腹いっぱいになってもまだ余るぐらい。

しかし

写真はきちんと取れなかった。

211_2またうれしかったのは

花好きの友の自宅から摘んできてくれた花束。

ホワイト系でとてもきれい。

食べ物は無くなっても

花は残り、香りが漂う。

みんなの笑顔がその周りに浮かぶ。

皆さん、ありがとう。

御馳走様でした。

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

花盛り花いっぱい…②

197
199

173172177


176



174
175




178


179



180
181_3


183





185


184

観ていて飽きない

花たちです。

来年も同じ花を見られますように。

待っています。



187


188


189193


194


195















| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

美しき庭…オープンガーデン①

154_2先週母のところに行った時

そろそろオープンガーデンやっているかも、ということで見に行った。

156
155158157お声をかけてから

庭を拝見する。

相変わらず素晴らしい。

159


160


163





162


164


165


166


167


168


169


170


171


完璧な青空に

花たちはまぶしそう。

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

大洲城から帰ります。…⑥

予定より時間が押していると言いながら

予定は着々と、こなしてまいります。

次は大洲城です。大洲は伊予の小京都と言われています。

これもまた興味ある城です。

   *

135 肱川の河畔に望む大洲城は、元弘元年(1331年)鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房によって築城されたといわれ、その後、藤堂高虎等によって大規模に修築がなされ、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町は繁栄していきました。

 明治維新後は、城内のほとんどの建築物が破却されたものの、地元住民の活動によって本丸の天守・櫓は一部保存されましたが、明治21年(1888年)老朽化により、惜しくも天守は解体されました。

136
その後、大洲城を愛する地元住民の城郭への保護活動と、市民による寄付等によって平成16年(2004年)に復元されたといいうことです。

 四層四階の複連結式天守の復元にあたっては、明治時代の古写真や「天守雛形」と呼ばれる江戸期の木組み模型など豊富な資料を基に当時の姿を正確に復元されました。

このように復元に必要な多くの資料が残っていることは大変稀なことで、大洲城の天守の復元は、まさに地元住民の想いと、史料研究の集大成と言えます。

137 現在、江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓は国の重要文化財、城跡一帯が県指定史跡に指定されています。」

「大洲城から見渡す肱川と大洲市  

戦後復元された木造天守としての四層四階は日本初で、石垣から19.15mの高さは日本一となります。また、本来なら建築基準法では認められない規模であったため、当時、愛媛県に建設計画をなかなか認めてもらえませんでしたが、2年近い折衝を経て、保存建築物として建築基準法の適用除外となり、往年の複合連結式による天守群の復元にいたりました。

138使用された木材はすべて国産材で、天守の内部に足を踏み入れれば、城郭建築特有の迫力ある木組が訪れる人を驚かせます。」

139146
何が面白いかというと

153_2

古いお城とは対照的に

完全に1から復元されたお城だからです。

140地元の人々がどれだけ頑張って力を尽くし

完成させたか、

大変なこともいろいろあったでしょうけれど、見あげるお城は誇りでしょうか。

「伝統工法による大規模木造天守の復元」ということで、平成16年(2004)完成。

明治時代に撮影された外観写真のほか、大洲藩作事棟梁の中村家に伝わる天守雛形(木組み模型)など内部構造を知ることができる資料が充実していたため、往時の姿をほぼ正確に復元することができた。

このように、多くの資料が残ることは稀である。史実に基づいた復元

戦後、建築基準法施行以降、最大の木造復元天守
多くの関係者の努力と挑戦によって伝統工法による四層四階の天守が再び甦りました。

「保存建築物として建築基準法の適用除外が認められ、往年の複合連結式による天守群の復元に至った。天守の復元資金には、民間からの浄財が多く寄せられ、その寄付者の名簿は天守内にレリーフで残されている。」

141今回使用された木材はすべて国産材。
   柱に使われた材はほとんどが地元材、なんとその半数ちかくが寄贈木
    梁、床材に使用されているのは、350年クラスの木曾檜、また床下の基礎材には秋田産の栗の巨木が使用されています。

宮大工はじめ、職人たちの力が合わさって、見事に現代によみがえりました。

木の香りのする、現代のお城は住民みんなの思いが詰まっているようでした。

142前は最終便で帰っていましたが、長野まで帰る息子がいるので

1便前の17時5分発です。

飛行場でお土産を買い、

飛行機からの景色はとてもきれいで、私はじっと眺めていました。

    *

案内から車の運転まで、さぞ疲れたことと思います。

また、万難を排して参加してくれたことにも感謝です。

終わってみて、いえ、終わる前から考えていました。

いつまでできるかわからない、

だからこそ

行けるときには行っておきたい、作っておきたい宝物

そう思う気持ちはみんな一緒、  

こういう機会を作ってくれた、みんなに感謝しました。ありがとう。

美味しくて新鮮なお魚と良く歩いた(私にとっては)充実した今回の旅でした。(オワリ)

最初から読むのはコチラ

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

佐田岬へ…⑤

翌日はまず佐田岬へ行きます。5時55分出発

私も尖がった先に行くのが好きですが、

息子たちもそうらしいです。

前に息子1が佐田岬に行ってきた、と言ったのを聞いて

同じ道を通って帰ってくるんでしょ、などと言ったが、

今は行くのは楽しみです。

    *

123147_2途中長浜大橋に寄りました。

148


「愛媛県大洲市の肱川河口にある道路橋。全体が赤く塗られていることから、地元では「赤橋」の愛称で親しまれている。2009年に経済産業省の「近代化産業遺産」に認定された。2014年12月10日に国の重要文化財に指定された。」ウィキペディアより

150あの有名な「肱川あらし」のところです。調べていたら「肱川あらし予報会HP」というものがありました。

写真で見ると、赤いこの橋が霧に包みこまれています。(左下)

ホントにすぐそばが海なのです。

我々は実際に通っていたので、全体像が撮れず、パンフレットから。

かつて日本三大木材集積地のひとつと言われていたそうです。

あとの二つは和歌山県新宮、秋田県能代です。

    *

124三崎港から佐賀関までフェリーがあります。

国道九四フェリーと言って、九州と四国を結び、海を渡って、国道197号線が続いています。面白いです。

さらに奥に進んで灯台駐車場まで、国道ではないので非常に狭い。

海を見ながら突端へ。

しかし

ちょっと歩くとは聞いたが

ちょっとはかなりのちょっとでありました。(私にとって)

駐車場が既に海に面している高台にあり、

風が強い。

「杖持って行った方がいいよ。」と経験者に言われ、

「そんなにぃ?」

まずは歩きやすいアンツーカーみたいで、平ら目の道。

やがて登って、そのうち下って下って・・・

「ねぇ、ずっと下っているんだけど、どうなってるの?」不安になる。

「正確なとこ教えるとね、これからいったん海まで下ってそれからちょっと山を登る。」

「ふ~ん、やっぱりね。まあいいけどね。」

1,8キロ20分ですと。普通の人ならね。

125_2やがて海が見え、

向こうに小さな島というか山。(佐渡島の大野亀みたい)

みんなが波打ち際に降りて行ったすきに

アドバンテージを取り、先へ登っていく。

あっという間に追いつかれるが、この少しの余裕は良かった。

126

軍の施設があったらしい。

ナバロンの要塞風

128


歩道は木のトンネル

少し登ると分かれみち

椿台展望台へまず行く。

最後の階段を上がる。

127


見晴らしのいい見晴らし台。

日差しは時どきしかなく

もやっている。

残念ながら対岸ははっきりとは見えない。

143


144129


関アジ関サバを食べた佐賀関が見える。14キロしかないんですからね。

151


佐田岬

「四国の最西端にあり、日本一細い半島。約50キロあります。

北に瀬戸内海、南に宇和海が広がり、緑の半島と、青のグラデーションを描く海と空が織りなす風景を車窓に楽しむことができる。」

130帰り道には心和む「みかんの花咲く丘」のメロディラインを走った。

132


131

134




133
昼は

八幡浜の漁港のどーや食堂で食べる。

どーや丼(海鮮丼特上)1800円新鮮美味しい。

しかし昨日から新鮮美味しい魚ばかり食べてきたので、

当たり前のようになっている。

ミカンソフトクリーム(⑥へ続く)

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

夕食から道後温泉…④

 ホテルに車と荷物を置いて

歩いて居酒屋に行きます。

お魚が自慢の店です。

事前に予約をしたら

サービスでアラ汁が出ました。

あとでもう一度、正式に(?)注文しましたが、同じものでした。なんかうれしい。

それぞれが飲みたいもの

食べてみたいものを存分に注文しまして、

どれもおいしかったです。満足しました。

1148種盛り刺身とかいうのが土曜日特価で1600円だったか。

出てきたときにはびっくりしました。

また、貝のいろいろ、バターとオリーブオイルのも美味しかったです。

写真はナシ。牡蠣、ムール貝、ハマグリ、あさりなど。鱧の天ぷらも。

食べ、飲むのに忙しく写真はナシ。

「ここは私が・・・」と胸を張るのは夫であります。ごっつあんです。

2時間半ぐらい楽しんで、

大街道を通って市内電車の大街道駅から道後温泉に向かいました。

大街道とは広い人専用買い物通路でした。一般の車道より広いみたい。

松山はかなり大きな街です。(失礼!)

122117終点道後温泉。

結構混んでいます。8時40分着




119_2


120


道後温泉の本館に通じるアーケードには浴衣姿も見受けられ、かなりの人が出ています。

懐かしい、時計台や坊ちゃん電車、足湯

121夜の道後温泉本館

息子2は四国本土には初上陸です。

大三島には来たことがありますが。

で、ぜひと、本館の湯を薦めました。

息子たちで入りに行きました。

我々はちょっと休憩。

また電車に乗って松山のホテルに10時ごろ着き。

明日はまたもや早いですぞ。今日もいい日だった。

5時45分ロビーの予定(⑤へ続く)

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

松山城…③

今日のハイライト、松山城です。

2005年、母と四国に来たとき、道後の温泉から見あげました。

100101103102パーキングに車を入れ、お城にあがっていきます。

ロープウェイを降りると少し上りがあります。







「松山市の中央、標高132mの勝山山頂に本丸があり、裾野に二之丸、三之丸がある日本有数の平山城。

 

天守は日本で最後の完全な城郭建築と言われており、最上階からは360度眺望がひらけ、松山平野や瀬戸内海などを見渡すことができる。

 

日本に現存する江戸期以前に建築された12天守の1つであり、21棟の建造物が国の重要文化財に指定されている。」HPより

また城郭遺構が国の史跡に指定されている。

104107


108


109


110111116_2

118112頂上は広く平らで桜の木がたくさんあります。

桜の名所でもあります。

観光客もたくさんいました。

さすが、です。

大天守の急な階段も何とか上り

最上階からの風は

気持ちよかったです。

下りはリフトで。

帰りは道後を一巡りしてホテルに入ります。

113


道後公園(湯築城跡)は車中よりの観光になります。

まだまだ明るい。

(④へ続く)

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

今治城…②

それから道の駅に寄りつつ 松山城まで向かいます。

92その途中、今治城へ行きました。

山城ではないので、

平らです。

「関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した藤堂高虎が、瀬戸内海に面した海岸に築いた大規模な平城です。別名吹揚城(ふきあげじょう)ともいいます。

949593_4海水が引かれた広大な堀や、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城でした。

明治維新後に建造物のほとんどが取り壊され、内堀と主郭部の石垣を残すのみとなりました。昭和28年(1953)に県指定史跡となり、昭和55年(1980)以降、主郭部跡に天守をはじめとする櫓、門などの再建が進み、雄大な城郭の姿を見せています。」 Hpより

9798
藤堂高虎の馬に乗った姿を見て、山形のお城の最上義光の騎馬像を思い出した。
素晴らしかった。


三大水城
今治城(愛媛県今治市)、高松城(香川県高松市)、中津城(大分県中津市)

(見学中に、息子たちが鉄砲だか、大砲だかを持ってきても届かないほど、幅の広い堀を作ったなどと言っていましたが、ほんとかどうかは分かりません。息子たちの話の中に真実を見極めるのは経験がいるのです。まあ、私は少し経験だけはありますけど。おほ)

とにかく幅の広い堀で

海に続く、穴が開いていて、そこから入ってきた海水魚が泳いでいます。

クロダイもいました。

以前にはサメもいたとか。

ここから海につながっていると表示がありました。

お堀にはいろいろなものが泳いでいました。フグも。

なかなか飽きません。

面白いお城でした。

99それから「JAおちいまばり直販所さいさいきて屋」というところへ。

いろいろ品物がありましたが、

何しろおなかいっぱいで、あまり購買意欲がわきませんで…買わなかった。残念!(③へ続く

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

恒例!父の日、母の日記念旅行愛媛へ…①

 いろいろと慌ただしい中

14,15日で出かけてきました。

恒例の父の日母の日記念旅行。

今回は

もう少し行動的なものを、ということで

愛媛県松山、佐田岬あたりへ行ってきました。

前回の庄内

日本有数のいい宿に泊まり、美味しいものを食べるということでしたが、

それはもう少し年取ってもできるということだったからです。

    *

83息子2にも前日に帰ってもらい、

翌朝5時45分出発、7時25分の飛行機で愛媛空港8時50分着。

レンタカーを借りて

まず向かったのは

糸山公園

来島海峡を望むところです。

8486「昔より「一に来島、二に鳴門、三とさがって馬関瀬戸(関門)」とうたわれたように最大の海の難所で、鳴門海峡・関門海峡と並ぶ日本三大急潮流の一つです。 」


88


昔息子が行った写真を見て、いきたいと思ったからです。

来島大橋は自転車も走れるので

たくさんの人が橋を渡っていくのが見えます。

とてもいい天気なのでいいですね。




来島海峡…前に向こう側から大三島まで来たことがあります。

その大三島も見えます。10年ぐらい前でしょうか。

そこから昼食会場に決めた「伊予水軍」へ。

858991


早めに行かないと混むかもということで

着いたのは11時30分

「来島定食」1500円はコスパも高く、美味しかった。

海老フライと蛸の刺身を交換して、私は3本の美味しいエビフライをあっという間に食べました。

海峡に面した立地の良い料理店でした。(続く)

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

『震える牛』相場英雄

休みを取った夫と実家に行ってきました。

薔薇のシーズン、

実家の近くの「オープンガーデン」に行ってきました。

相変わらず素晴らしい。

写真は後程・・・

    *

作者の新作「ガラパゴス」を知り

読みたいと思ったが、

リクエストが多かったので、

その前に読もうと思った同じ作家のこの本。

ちょっと前に話題になったようだ。

半沢直樹のミステリー「空飛ぶタイヤ」系あるいは

横山秀夫,今野敏さん系の、警察小説

少々荒いところも見えるが、

面白かったです。

地方都市の空洞化と

食の安全

最後にドドドッと進んでいき…むむむ

内容(「BOOK」データベースより) 

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。当時の捜査本部は、殺害された二人に面識がなかったことなどから、犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。しかし「メモ魔」の異名を持つ田川は関係者の証言を再度積み重ねることで、新たな容疑者をあぶり出す。事件には、大手ショッピングセンターの地方進出に伴う地元商店街の苦境、加工食品の安全が大きく関連していた。現代日本の矛盾を暴露した危険きわまりないミステリー。

(2013/5/13)25

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

ベランダ夏ヴァージョン開始

冬のホウレンソウの部は

大好評のうちに終了いたしました。

常夜なべをすること、数えきれず、

お浸し、胡麻和えも得意料理になりました。

誰の、って、夫の、です。

感謝しつつ

最後は松本に持って行ってお浸しにしました。

    *

8182代わって

植えられたのが

きゅうりとゴーヤ

初心に戻って緑のカーテン

ゴーヤをメインに

プランター一つに一株

    *

昨日の風を心配して

私が急遽作った段ボールの風よけ

ただ間に挟んだだけです。

出張から帰って

おおいに感謝されました。

いえいえ

この程度のことは…

どれくらい実るかなぁ。

って、緑のカーテンじゃなくて、やっぱり食べたいんだ。うむ

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

小判草と

77風の強い中

図書館に行ってきた。

蒸し暑くて

汗をかいた。そういう季節になった。

途中の小さな草むらに

小判草がたくさん。

78_280


2本だけ

もらってきて、

コップにさした。

なつかしい小判草

別名俵麦(たわらむぎ)

シルエットが面白い。

もう一つの花も

くたっとしていたが、元気にシャッキーン。

風は治まったかな。

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

『天国でまた会おう』上下 ピエール・ルメートル

「その女アレックス」のルメートルの作品

「アレックス」と同じ流れのものかと思いきや、違った。

実際はかなり悲しい状況なのだけれど

どことなくおかしみが漂う。

友情

自分を助けたために人生が変わってしまった友。それに対するマイヤールの負い目。

ペリクールと父。その父と子の悲劇的な関係は、最後まで報われない。

ミステリ仕立ての復讐劇ならばもっと痛快に思えるだろう。

そうはならない、だからより深みのあるエンタテイメントになった。

実際に起きた事件ももとになっているらしい。

面白かった。

内容(「BOOK」データベースより)

1918年11月、休戦が近いと噂される西部戦線。上官プラデルの悪事に気づいたアルベールは、戦場に生き埋めにされてしまう!そのとき彼を助けに現われたのは、年下の青年エドゥアールだった。しかし、アルベールを救った代償はあまりに大きかった。何もかも失った若者たちを戦後のパリで待つものとは―?『その女アレックス』の著者が書き上げた、サスペンスあふれる傑作長篇。フランス最高の文学賞ゴンクール賞受賞。

(2015/10/16)22.23

    *

と、もう一冊

「仮面同窓会雫井 脩介

この本は私の読書メモとしての記録のみ、という気分。

雫井作品は好きなのだが、これは・・・

感想は無し、という気分。

最後まで読んだが、

結末が納得いかない。救い無し、後味悪し、

だがそれを作者に期待されている感じでもある。24

内容(「BOOK」データベースより) 

高校の同窓会で、久しぶりに再会した旧友4人。かつて生徒を囚人扱いしていた教師・樫村の変わらぬ姿を見た彼らは、恨みを晴らそうと仕返しを計画。予定通り、暴行して置き去りにするも、翌日なぜか樫村は暴行現場から2km離れた溜め池で溺死体となって発見された。いったいなぜ?そして、4人のうち誰が彼を殺害したのか?それぞれが疑心暗鬼に陥る中、新たな犠牲者を出した殺人事件が、高校時代の衝撃的な秘密を浮き彫りにさせる。過去と決別できない者たちを巧妙に追い詰めていく悪魔の正体とは?

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

母の日にさくらんぼ

世の中

母の日

私にも・・・

7271開けてみたら

丁寧に箱詰めされた

さくらんぼ

一つずつ

並んでいる

「ありがとう」とメールすると

7573「健康のために良いものを少し」

甘くておいしいが

勿体なくてなかなか食べられない趣向になっている。

ひとつ、もうひとつ・・・

ありがとうね。

今日の夕ご飯は息子が調達してくれるらしい。

ありがとう。

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

松本アルプス公園へ

57翌日2日は

二人は仕事に出かけました。

どこに行くか、温泉か。

しかし、予定では今日の夜仕事から帰ったら

4人で我が家に帰ってくる予定なのです。

5960あまり疲れてもいけない、ということで

今度はコチラが運転になるので・・・

近くの61

アルプス公園に

ご挨拶に行きました。63_2




69


70


68








67_2緑がいっぱい

日差しは強め

やがて来る夏を予感させます。

    *

7時過ぎ松本を出て、

双葉あたりで夕食を食べ、

ゆっくり安全に走って

11時ごろ家まで帰ってきました。

とりあえず

無事着いた記念にビールで乾杯しました。

明日は

二人は横浜に散歩に行く予定。

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

中山高原の菜の花

信濃大町中山高原に向かいます。

4748その前に

白馬の道の駅で昼食。

私はソースかつ丼を。    

それから中山高原。

今は菜の花畑になっています。

秋はソバ畑になります。

    *

524950_2NHKの朝ドラ「おひさま」のロケ地だそうです。

私も良く覚えています。

ソバ畑の中を行くシーンを。

入り口に駐車場もあり、

なかなか便利です。

   *

買い物をして

再び夜は酒盛りとなりました。楽しかった。

53


5456





55

51

| | コメント (2)

2016年5月 5日 (木)

白馬へ。野平の桜とかたくり苑

29翌日は白馬方面へ行きました。

白馬の山とはあまりご縁が無いようで、半分ぐらいは雲の中です。

今回もはっきりとは見えないようです。昨日なら見えたのに…    

32白馬岳を真正面に見る丘の上。

野平というところに行きました。

つい最近まで前の地震のため道が通じていなかったそうです。

さらに前日の強風で桜は全く無くなっていました。

連れてきてくれた人はがっかりしていましたが、なかなかのロケーションです。

人もいないし…

33_235次に「長谷寺(ちょうこくじ)」

1391年開祖

杉の大木は推定樹齢5~600年。

3431
36


次に白馬五竜にある

かたくり苑に行く。

まだ

ゴンドラも動いていて、

普通にスノーブーツの人とすれ違いました。

人それぞれの楽しみですなぁ。

エスカルプラザのすぐ上、鐘の近くに黄色のカタクリがたくさん咲いていました。

始めて見ました。

37_3





ここから少し登って、15分

かたくりは盛りを過ぎたということでしたが、

行く途中の道端にも

たくさんのカタクリ

キクザキイチゲやニリンソウ

さまざまな山野草が

あふれるほどに咲いていました。

豊かな山です。

42434445_2











40

3938_2


41







| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

春の味

3_24日はみんなで母のところへ行ってきました。母も久しぶりで嬉しそうでした。

帰ってから、息子は友達と会いに出かけました。

   *

30日、朝4時半過ぎに家を出て

高速に乗ったのが5時過ぎ、

もっと早くてもよかったかと思うほど明るい。天気は上々。

4混むことはなく、

すいすいと

松本の息子夫婦の新居に初めてお邪魔しました。

少し休んで

車で大町方面へ散歩に行きました。(車で)

6雪解け水が

大きな音を立てて流れています。

一昨年に行ったルートの再確認です。

今年は私ではなく、

他の人が「カモシカ」に会ったようです。

791011121314やはり、にらめっこしたらしいです。

こういう時はどうしたらいいのかな。

    *

161718_2それからお蕎麦を食べに行きました。

「信州 安曇野 そば処 早乙女」というところ。

電話したら、予約は難しいようでしたが、行ってみたら、ちょうど(?)空いていて、良かった。

しっかりしたお蕎麦で、美味しかったです。

天ぷら、デザート付きでプラス200円は安い。

    *

19202123それからちょっとだけ小岩嶽城跡へ。

緑に染まるようで気持ちよかったです。

    *

262528さらに、途中の田んぼの

あぜ道には

タンポポの綿毛

山と花と・・・

常念岳も

久しぶりに

気持ちもよい一日でした。

夜は楽しい宴会となりました。(続く)

27

 

| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

GW前半松本へ行ってきました。

2先週土曜日早朝

4時起きで息子のところに行ってきました。

春の山を楽しむために。

Photo


楽しくおいしい3日間でした。

で、昨日仕事を終えた二人を載せて

11時ごろこちらに帰ってきました。

写真を整理して

載せますね。

お気に入りのアルプス公園の緑の中で深呼吸しました。

(続く)

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »