« きらんそう | トップページ | 4月への思い »

2016年4月19日 (火)

人を繋ぐ楽しい電話

130突き抜けるようないい天気だ。

若葉が美しい。

日差しは既に紫外線警戒警報並み

そんな午後

だけど何だか物悲しい

元気が、

出ないぞ。

    *     *

これもまた

しばらく前の話デス。

    *

131娘の家に春休みで留守番に行っていた時の話。

息子2は

昼休み自宅に帰るまでのちょっとした時間に(5分ぐらい)

電話をくれることがある。

その日も私とマゴッチがお昼を食べているときに

携帯が鳴った。

    *

電話出てくれる?

とマゴッチに言うと、うん

そして、

もしもーし、さて、私は誰でしょうか。」と言っているマゴッチ。

向こうで答える声があり、

あったりぃぃぃ」(お分かりとは思いますが、「当たり!」です。)

これはいつも私がマゴッチに電話をする時の決まり文句である。

少し話してから、

じゃぁ、ばぁに変わります。」と返ってきた。

いつものパターンがここでも展開された。

    *     *

その夕方

私が母に電話して、

「明日行くからね。」

すると母が「〇ちゃんによろしくね、」と言うので、

なら、直接話して、とマゴッチに電話を渡した。

おばあちゃん?〇です。」とマゴッチ。

それから、もにょもにょと話している。

おかげんいかがですか?」とか言っている。

「え、おばあちゃん具合悪いって?」とあわてて聞く私。

さらに

どうぞお大事になさってくださいね。」とかも言っているようだ。

    *

あとで、どういう意味で言ったの?とマゴッチに聞いてみると

具合が悪いって言ったんじゃなくて、

 

いろいろ年取ってる人は大変だろうから

 

体に気をつけてね、っていう気持ちで言ったの、」という。

ふーん。

翌日母のところに行き

マゴッチの真意を伝えたところ、

母は

マゴッチのあまりのご丁寧なお言葉にびっくりして、

「焦っちゃって早く切っちゃったわよ。」と笑った。

93歳をも焦らす

10歳の思いかな。

    *

その後

今度は私から母へ電話。

今どきなので留守電にしている母。

「ただいま電話に出ることが・・・」と話す「でんわのひと」。

もしもーし!もしもーし。いませんかぁ。」

なかなか出てこない。「あれ、いないのかな。」とぶつぶつ。

もう一度

「もしもーし、もっしもし、カメよ~」

といったら

「かめです。」とやっと出てきた母。

思わず笑った。

|

« きらんそう | トップページ | 4月への思い »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きらんそう | トップページ | 4月への思い »