« 偕楽園の梅…③ | トップページ | 『すてきにハンドメイド』で »

2016年2月29日 (月)

お昼を食べて、弘道館…④

さて、1000円のお食事券が付いているこの企画。

かなりお腹が空いているので、お寿司ではなく、とんかつということで

一致した。

132入ってみると,和幸は「絶賛お昼のランチ開催中」であった。

であるからして、ロースカツセットも800円ちょっと。

これはいかん、もっと高いものはないか、

何しろ1000円分、などとおバカなことを考えて、

しかしあわてていたもので、

で、ロースカツ二枚セットなどというものを浅はかにも二人一緒に頼んでしまった。

これで残したら恥ずかしい。

カツは何とか食べた。当然おなかはいっぱいである。

    *

「ここは私がご馳走しよう。」と夫。

「まあまあ、お高いものを、ごちそうさま。」と私。

    *

銀杏坂の大イチョウを眺め、弘道館へと向かう。

 「水戸藩の藩校として、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により天保12年(1841年)8月に創設されました。藩士に文武両道の修練を積ませようと、武芸一般はもとより、医学・薬学・天文学・蘭学など幅広い学問を採り入れた、いわば総合大学というべきものでした。

123_2122_2当時の藩校としては国内最大規模のもので、全国各地の藩校建築に影響を与えました。
 第15代将軍となった徳川慶喜公も、父斉昭公の厳しい教育方針で5歳の時から弘道館において英才教育を受けました。慶応3年(1867年)の大政奉還の後、謹慎した至善堂(しぜんどう)が今も残っています。」

いかにも由緒ありそうな小学校の門(冠木門)

白壁が続く道。

ここを毎日、小学生や高校生までが通っているのだなあ。

126_2125_2124_2128_2127


129_2







大手橋

彰考館跡

130

水戸城跡の大シイ

(樹齢推定400年、樹高約20m、目通り約4m)

戦国時代から自生していたという。
工事中で近くまで寄れなかった。

第二中学校の校庭の隅にあるといいます。

いいですね。

なかなか雰囲気のある水戸城跡でした。

駅まで歩いて、3時少し前の特急で帰りました。

6時から午後6時、ちょうど12時間の旅でした。つかれたぁぁぁぁ、眠いぃぃぃぃ

でも、いい一日でした。(オワリ)

|

« 偕楽園の梅…③ | トップページ | 『すてきにハンドメイド』で »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偕楽園の梅…③ | トップページ | 『すてきにハンドメイド』で »