« 便利グッズは使いましょう。 | トップページ | 「関東平野に銘菓あり…みかもの月」 »

2016年2月 7日 (日)

『ハケンアニメ』 辻村深月

1920まだまだ寒いです。

日は出ていますが、

風は冷たい。

風邪も流行っている模様。

学級閉鎖だと聞きました。

18蕾が開き始めた(?)花たち

そして

開花を

待たれる花たち

ということは、もう春?

そう急ぐな、そういう声が聞こえそう。

    *

今回は「ハケンアニメ」と言う本です。

内容(「BOOK」データベースより)

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、新たな事件を起こす!anan連載小説、待望の書籍化。

441ページ

(2014/8/22) 7

ananに掲載された小説と言う。

つまり、女性向の働く女性の、話。

しかもここに出て来る女性は誰もが素敵で、できる!

男性もおしゃれなイケメンが多い。

いいことだ。(?)

アニメについては良く知らないが、

その世界の仕事の話。

読みやすく

面白かった。

「ハケンアニメ」が「ハケン・アニメ」であることは分かった。

(つまり「派遣」ではないこと、)

そして、いろいろ勉強になった。

リア充と非リア

|

« 便利グッズは使いましょう。 | トップページ | 「関東平野に銘菓あり…みかもの月」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便利グッズは使いましょう。 | トップページ | 「関東平野に銘菓あり…みかもの月」 »