« 安納芋 | トップページ | 24日…クリスマスの »

2015年12月21日 (月)

兄と弟、バアと孫

土曜の夜

息子2が出張の帰りに帰ってきた。

で、みんなの好きな牡蠣フライを作った。

私の教えのもと、揚げたのは夫であるが…

LLサイズ1キロなのだが、数えてみたら32個しかなかった。

そして写真を撮る前に無くなった。とてもおいしかったからでアール。

53ビール、日本酒と飲み続け、

話は旅の話で盛り上がり、

来年どこへ行くかが最終的に決まった模様。

息子1も弟が帰ってきてとてもうれしそうであった。

それを見ている我々もとても幸せ。

それは12時前まで続いた。

    *

翌日

息子2と我々は母のところに行った。

結婚式以来の孫の登場に

母も嬉しそう。

昼ごはんの買い物をしていったが、

お鍋におでんが作ってあった。

恐らく孫のために、張り切ったのであろう。

夫も久しぶりに息子のために

いつもの母とのおかずのほかに

「キャベツ炒め」までプラスした。

庭を見て話をしたり、植木鉢の草の植え替えを頼んだりしているバアと孫。

そんな二人の後姿をを見ているのも嬉しい。

「干し柿ありがとうね。とても甘くておいしかった。お正月までとっておかないと、」

「大丈夫だよ、おばあちゃん、こんなに多くはないけど、20個ぐらいまだ干してあるから、

どんどん食べていいよ。」

そんなこんなで十分話をして

帰って行った。

またすぐ年末に帰ってくるからね。と言って。

|

« 安納芋 | トップページ | 24日…クリスマスの »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安納芋 | トップページ | 24日…クリスマスの »