« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の17件の記事

2015年11月30日 (月)

七五三

日曜日は

マゴッチ2号の七五三に出かけた。

娘一家の家に着いたのは10時前。

今回は羽織袴なので

みんな少し気合いに欠ける。(?)内緒です。

レンタルの衣装は届いていて、

あとは着せるのみ。

婿殿のご両親がふたりできっちりと着付けをしてくださった。

   *

8483地元の神社に着くと

神主さんもお待ちのよう。

厳かな雰囲気の中

神主さんの「おめでとうございます。」の声に

「ありがとうございます。」と答えるマゴッチ。

「良く似あう」とも言われ、

にまっ!

86姉弟の写真を撮ろうとする

総勢3組6人の影が

周りを囲んで…(姉の時はこちら

    *

帰ってお昼にお寿司を頂き

堂島ロールとコーヒーのおいしいお茶の時間を過ごし、(美味しかった、幸せだった)

夕方帰ってきた。

両家のジジババでしゃべり倒し(すぎ?)

少々疲れた。

いい日だった・・・

   *

娘が息子と歩きながら

今日がどれだけ幸せなのか、今は君にはわからないだろうねぇ。

大きくなったらわかるよ。と言うようなことを言っていた。

そうだ!

この先も

ずっと幸せに暮らしていこうね。

| | コメント (0)

2015年11月28日 (土)

母の喜び

家を留守にしていた間に

マイナンバーとかの書留が来た。我が家にも母のところにも。

再配達の希望をしなければならない。ピッポッパと。

母が「どうしよう」というので

明日来るヘルパーさんに頼んでみたら?と言った。

翌日電話して、

どうした?ヘルパーさんにやってもらった?

と聞いたら

少し得意げに、自分でやった、という。

何回か途中で電話を切ったけど、

やれたと思う。と。

「すごいね、お母さん、やったね。」

母は少しうれしそう。

   *

土曜日母のところに行ったら

「ちゃんと来るか心配だ。」と言う。実は朝から心配していたらしい。

今日の午後、十なん時からのお届け、としたという。

昼過ぎてもくる気配はない。

だんだん不安になってくる母。

もしかしたら

最後まで終わってないかも・・・

押す順番を紙に書いてある。

どれだけ苦労したろうか、と思う。

子機ではできないので、

親機をお膳に持ってきてやったらしい。

やっぱり強がらずにヘルパーさんに頼めばよかったかな。などと言い出した。

大丈夫だって・・・

なんか最後は電話の向こうで「おつかれさま」って言ってた気がする。

自動音声なのにね。おかしいよね。不安がる。

    *

保管期間が明日までなので

私も心配で

帰る前に、電話をしてみる。

かくかくしかじか

ではお調べしてご連絡いたします。

よろしくお願いいたします。

    *

しばらくして

電話のベルが鳴る。

「もしもし、今調べましたら、今日お届けするように持って出ています。

午後の2番目の時間なので、しばらくお待ちください。」

「はーい、ありがとうございました。

母が最後までできたか不安だというもので。」

「そうですか、たくさんの方から分からないとお電話いただきます。」

思わず

「実は90過ぎの母がひとりで挑戦しまして、間違えたかと、ちょっと自信なくして落ち込んでいたので、喜ぶと思います。」

「そうですか、素晴らしいですね。」

「ありがとうございます。」

    *

「おかあさん!!ちゃんと伝わっていたって!5時までに届けてくれるって!!」

    *

母の顔が

パーッと輝いた。

良かったね。

私も大喜び。

私も高揚した心のまま帰ってきた。

幾つになっても

挑戦する気持ちは大事です。

今日はいいことがありました。

母のところに行った日は

いつも嬉しい心になる。(おしまい)

| | コメント (2)

2015年11月27日 (金)

奥湯河原へ

今回は

奥湯河原の宿

急に決めたし、3連休だったし、

御縁ということで

選ぶこともなく、決めた。

ミカンの山の道をしばらく走ると

また温泉街が現れる。奥湯河原温泉だ。

    *

日帰りで来たことはあったが

奥湯河原に留まるのは初めて。

なかなかいい宿であった。

総勢8人

72_2それでも、十分ゆったり

部屋のお風呂も温泉[入らなかったが)、
トイレも部屋に二つ
部屋もふた間 12畳と6畳、737471それにリビング風の洋間、広縁などなど。

雪見障子も新しい。

子供はドアを開け回っていた。

(真ん中の写真は、食事が終わり、お布団敷くのを待っている我らが集まって子供の運動会のビデオを見ている。)
ただ本館ということで、少し古かったけど。たたみは新しかったのでOK!

7879夜と翌朝の食事

料理も立派、温泉も言うことなし。

母がいるので

階段は・・・とぶつぶつ言ったが、10段ほど上がるのだ、

これでも一番階段が少ないところです、と言われ、

5961なるほど縁側は庭に接している、出られるのは、この部屋だけのようだ。

こちらからは一階なのだな。

お食事の部屋出しが母には幸いだった。

手の込んだお食事も満足だった。

おとなひとり1000円のプレゼント券で

みんなで夕食に生ビールを飲んだ。

美味しかった。

また出来たみんなの思い出が一つ

そんなことばかり考えて

お風呂も楽しみ損ねた気もして、少し残念。

野天風呂が滝見で素晴らしいと

息子が言っていたのだ。まあいいけど。

子どもに優しいプランということで、

ロビーに降りたらたくさんの家族連れがいたのに驚いた。

    *

翌日は

箱根から帰る。

わざわざ有料道路ばかりを使い(大げさな!)湯河原パークウェイ、大観山から、ターンパイク、小田厚、東名というルート。

8182箱根あたりは、走り屋さんの聖地でもあり、

大観山のパーキングは

詳しい人にいわせると、「ため息の出るような名車」が勢ぞろいだった。

80ここは私の好きな場所のひとつ。富士山が良く見える。

今日もほら、あの雲の向こうに。

ここは1100メートルぐらいあるらしい。

666968ここから一気に海の近くまで下りていく。

エンジンブレーキの注意があちこちにあり、

砂でできた坂道も多い。ストッパー(?)

何事もなく駆け下りて、

お昼を食べて解散。

楽しく

かしましく

美味しかった。また行きたい。心から思う。

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

湯河原万葉公園

ミカン狩りに行く前に

万葉公園に行きました。

343536あるのは知っていたけれど、行くのは初めてです。

足湯も有名ですが、見たのは初めて。

37


39こんなに奥深い緑の濃い公園だとは知りませんでした。

46


40


38
川に沿って道があり、

坂道を奥に登っていくと

そこに独歩の湯があります。

4243プールか何かの跡地ということで

そこは広い平地でした。

4445

「万葉集の中でも唯一温泉についてうたわれた湯河原を象徴する公園で、文人墨客や多くの人々が訪れている。」

525049





川に沿って

温泉街も

公園もあります。
54
53いろいろな文人の碑などがありました。

足柄の土肥の河内に出づる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに」
この歌[万葉集143368]は、温泉のこんこんと湧き出している様を詠ったもので、万葉集4,500首の中にただ一首しかない。

その一首が「あしかりの土肥の歌」として湯河原温泉を詠ったものという。

「湯河原温泉は、万葉集で唯一うたわれた 長い歴史を持つ温泉です。

万葉集と湯河原温泉

日本には数多くの温泉がありますがここ湯河原温泉は、奈良時代、約1200年前につくられた日本最古の万葉集で唯一詠われた長い歴史を持つ温泉です。

足柄の 土肥の河内に 出づる湯の 世にもたよらに 子ろが言はなくに

万葉集 第十四巻・相聞

解釈「湯河原の温泉が、夜となく、こんこんと河原から湧いているが、その湯河原温泉が湧き出るような情熱で、彼女が俺の事を思ってくれているかどうか、はっきり言ってくれないので、毎日仕事が手につかないよ」湯河原地方は、その頃から土肥(とひ)と呼ばれていた。」

「明治中期頃には、谷崎潤一郎、夏目漱石、芥川龍之介、国木田独歩や島崎藤村、などの文人たちが多く訪れる様になり、昭和には大岡昇平・小林秀雄・丹羽文雄・獅子文六・石川達三などが訪れています。」なるほど・・・

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

三連休に、みかん狩り

この連休

土曜日に娘一家がやって来て

揃って湯河原へみかん狩りに行った。

しかも、

贅沢にも(?)一泊で・・

以前は考えられなかったことだが、

近間の温泉に行く。

なぜなら

それなら母も行けるからだ。

27今回ネットで調べて行ったミカン園は

かなり大きい。

たくさんの人が訪れていた。

みかんを袋いっぱい持って帰ってくる人も多い。

30受付で、ワンちゃんの貸し出し(?)をしていて

それを見たマゴッチ1号は、飛び上がらんばかりに喜び、おねだりして借りた。

名前を「みかん」という犬。

大事に散歩させたり、抱っこしている。1時間半なのかな。

かなり疲れているから、抱っこしてあげて、と言われていた。

マゴッチ2号はワンちゃんにも興味があるが、

果物の「ミカン」が大好きで、ぱくついている。↑写真は「みかんと一緒にミカンをほおばる2号」

2829楽しい時間を過ごし、

奥湯河原の宿に行く。

31


湯河原の穏やかな海にたくさんのサーファーが波を待っていた。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ビートルズ

どんよりした午後

連休持ちますように・・・

    *

いま

先日買った、ビートルズのDⅤDを聞いている。

2015年11月世界同時発売と銘打ったソフトである。

「こんなビートルズ、見たことない!

"究極のベスト、究極のザ・ビートルズ"
全英/全米で1位を記録した永遠の27曲が最高の音と映像で登場

2015年最新ミックス・サウンド HDリマスターによる驚異の高画質
ザ・ビートルズ 初のミュージック・ビデオ集」

というけれど

いささか

ムリもある感じ。仕方がないか。

Uiby15068「2000年にリリースされ、これまでに全世界で3200万枚、日本でも320万枚のセールスを記録している大ベストセラー・アルバム『ザ・ビートルズ1』の最新版ということだ。

今回発売される『ザ・ビートルズ1』は、CDのみならず映像作品としても発売される。ということで・・・

映像も

まとまったのが

ひとつあってもいいかなぁ、という気分で買った。

すべて耳慣れた曲だけれど、

年代が年代

であるからして

ロックがのろい、とか音量が統一されていず、強弱があるとか

文句をいいつつも

やはり思わずその世界にはまってしまう。

さすがだ、

ビデオの中の彼らと

その強烈なファンたちに思いを馳せる。

そして

自分の通り過ぎた時間たちにも…

    *

1.Love Me Do / ラヴ・ミー・ドゥ
2.From Me To You / フロム・ミー・トゥ・ユー
3.She Loves You  / シー・ラヴズ・ユー
4.I Want To Hold Your Hand / 抱きしめたい
5.Can't Buy Me Love / キャント・バイ・ミー・ラヴ
6.A Hard Day's Night / ア・ハード・デイズ・ナイト
7.I Feel Fine / アイ・フィール・ファイン
8.Eight Days A Week / エイト・デイズ・ア・ウィーク
9.Ticket To Ride / 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
10.Help! / ヘルプ!
11.Yesterday / イエスタデイ
12.Day Tripper / デイ・トリッパー
13.We Can Work It Out / 恋を抱きしめよう
14.Paperback Writer / ペイパーバック・ライター
15.Yellow Submarine / イエロー・サブマリン
16.Eleanor Rigby / エリナー・リグビー
17.Penny Lane / ペニー・レイン
18.All You Need Is Love / 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
19.Hello, Goodbye  / ハロー・グッドバイ
20.Lady Madonna / レディ・マドンナ
21.Hey Jude / ヘイ・ジュード
22.Get Back / ゲット・バック
23.The Ballad Of John And Yoko / ジョンとヨーコのバラード
24.Something / サムシング
25.Come Together / カム・トゥゲザー 
26.Let It Be / レット・イット・ビー
27.The Long And Winding Road / ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
VIDEO EXTRAS
Paul McCartney audio commentary / ポール・マッカートニー音声コメンタリー
 Penny Lane / ペニー・レイン
 Hello, Goodbye / ハロー・グッドバイ
 Hey Jude / ヘイ・ジュード
Ringo Starr filmed introductions / リンゴ・スター映像解説
 Penny Lane / ペニー・レイン
 Hello, Goodbye / ハロー・グッドバイ
 Hey Jude / ヘイ・ジュード
 Get Back / ゲット・バック
    *
終わるころには
泣きたくなるくらい
切なくなった。
泣かないけどね。

| | コメント (3)

2015年11月18日 (水)

カーリン・イェルハルドセンの2冊

どんよりして、どうやら雨になるらしい。

土曜日に借りてきた5冊の本

    *

ちょうど

このぐらいの本が読みたかった。

新しい作家さんではあったが、二冊リクエストしたら

本市には無くて

近隣の図書館からの借り物。

本の上にまたカバーがかかっている。

いつもより丁寧に扱うという気持ちが図書館の方からもうかがえる。

期日も絶対守らなければ。いつも守っているけれど…

二冊を一気読み。

エリカ&パトリックに似ている。

けど、こちらの方が好きかな。よりミステリ要素はある。

    *

パパ、ママ、あたし」 (2014/3/22) 59

シリーズ2作目

かわいい3歳児のハンナ、一人ぼっちで。

私立探偵バルブロ・ダールストロム参上!かっこいい!

72歳で、決してあきらめず、ハンナを探し出した「ご当地ヒーロー」が何とも頼もしくほほえましい。

内容(「BOOK」データベースより)

ハンマルビー署の刑事ペトラは、公園で凍えきった赤ん坊を発見した。近くにはひき逃げの被害にあったらしい、母親と思われる女性の死体が。警察が捜査を開始しようとした矢先、一本の電話が入った。フィンランドフェリーの船内で十六歳の少女が絞殺体で見つかったという。犯人は恋人か、行きずりの男か。子供をめぐる二つの事件は、意外な展開を見せる。ショーベリ警視シリーズ。

    *

子守歌」 (2015/6/29) 60

結末は何とも悲しい物語。

ショーベリ自身の生まれも明らかになる。

内容(「BOOK」データベースより)

眠るようにベッドに横たわる母と二人の幼い子ども。だが喉の傷と大量の血が、彼らが殺されたことを物語っていた。母親は失業中だが夫とは別居し、女手一つで子どもたちを育てていた。一家と親しかったらしい謎の男性の存在。母子が住む高級アパートを買ったのはその男なのか。やがてハンマルビー署、ショーベリ警視以下捜査陣は信じがたい事実にたどりつく。好評シリーズ第三弾。

好評につき

この後8作まで続き、見事完結したようだ。

こちらでの発行、待っていまっせ。

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

ベランダ園芸秋冬の陣

気が付けば

11月も半ば

残念な結果だった、キュウリのかたきはホウレンソウで。

というわけでもないだろうが

15念には念を入れたい秋のベランダ

私も冬の青物はありがたいので

優しいまなざしで、見守っている。

ほうれん草も

順番に種まきをして

いい具合に育っている。

奥はもう収穫してもいいほどに育っています。

16レタスなども

これまた美しい色で並んでいる。

母のところにもおすそ分けして

嬉しそうだった。

私は、といえば、

時折

枯れないように水をあげています。

あ、今日はどうだか、見てないな。

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

週末のお土産

おみやげ

金曜から出かけていた息子のお土産。

今回は車で近間というか(そうでもないか)

近江八幡から彦根、下呂温泉

高山から野麦峠を通り、松本から中央道で帰ってきた、という。

    *

1718クラブハリエのバウムクーヘンなど

たねやのお菓子

赤備え(あかぞなえ

(赤いほうが、赤備えで中身はサブレ、パッケージが兜になる。)」

そんな言葉、知らないと言ったら、それは恥ずかしいから

今日中に確認した方がいいと息子に言われて、さっそく確認した。

なるほどね。なんとなくわかった。

1921純米吟醸 北近江の地酒「七本槍」

「七本槍」というのも何か、因縁があるのだろうな。

調べてみよう。

「雪深い琵琶湖の最北端、賤ヶ岳山麓の旧北国街道沿いで460余年の歴史を刻む酒蔵。

銘柄は賤ヶ岳の合戦で武功を立て秀吉を天下人へと導いた加藤清正、福島正則ら勇猛な七人の若武者「賤ヶ岳の七本槍」に因み、「勝利の酒」「縁起の良い酒」として喜ばれています。また、ラベルの字は当家に逗留した北大路魯山人の手による篆刻を使用しています。」


    *

20松本のファーマーズマーケットで「りんご」

サンフジばかりになっていたようだ。

    *

即、地図を開いてルートを確かめる。

野麦峠は以前行ったことがある。なつかしい。

    *

いろいろありがとう。

今回の同行者が、前の週に行ったという仙台からの笹かまぼこももらった。

ありがとうね。

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

『偽りの果実: 警部補マルコム・フォックス 』 イアン・ランキン

急に寒くなったり、寒くなったり

油断した私は風邪を引いた模様。

大学病院は3か月ぶりだった。今回は一人で行った。

母も夫もお医者さんにも、心配された。タクシーなんだけどね。

    *

今回の本は「イアン・ランキン」

イアン・ランキンといえば「リーバス警部シリーズ」であるが

もう一つのシリーズという。

次回作では

この二人が競演(?)すると書いてあった。

気が付けばかなり長いページ数ではあったが、

それも気にならなかった。読みやすかったと言える。

このページの組み方は読みやすくて好きだ。

が、日数はかかった。

布団に入るとすぐ寝てしまうからである。

いろいろ忙しくなる、もうじき年末の私も。

    *

単なる(?)警官の不正と思いきや、何十年も前からの世界情勢、政治情勢の変化が

大きくめぐり

思いもかけぬ(?)

いや思った通り(?)の展開だった。  

内容(「BOOK」データベースより)

不良巡査カーターについての調査過程で関係者が不審死を遂げる。さらにその死者と、二十五年前に事故死した民族主義活動家ヴァーナルとの関連が浮上。マルコム・フォックス警部補は、スコットランドを根底から揺さぶる、ある重大事実を炙り出してゆく―。警官の汚職・不正を追及する監察のプロフェッショナルが、忌まわしき封印を解く。世界を沸騰させる圧倒的警察ミステリ。

(2015/4/30) 58

706ページ

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

「鉄人カレー」

1112テーブルに

「鉄人カレー」というものが置いてある。

息子の友達からの頂き物のようだ。

こういうのを見ると

見るだけで、なんだかテンションが上がってしまう。

色合い、デザイン、いいなあ。箱の前後

    *

13鉄人」といえば・・・

「28号?」

私でもわかる。

いや、昭和生まれだからわかるのかな。

今度マゴッチに聞いてみよう。

パッケージも

昭和っぽい。

    *

「昭和、懐かし味 神戸鉄人カレー」

漫画界の巨匠・横山光輝先生の偉業をたたえる地域復興プロジェクト「KOBE鉄人PROJECT」というものらしい。先生は神戸市須磨区生まれ。

 

そのプロジェクトの一環として神戸・長田に「鉄人28号の巨大モニュメント」を設立した記念に作られたのが『神戸鉄人カレー』という。

 

『鉄人28号』や『バビル2世』『三国志』『魔法使いサリー』『ジャイアントロボ』『仮面の忍者赤影』などの名作がある。

というわけで、鉄人カレーの“鉄人”とは、その通り!

昭和の名作漫画『鉄人28号』のことなのであーる。

    *

二缶あったけれど

一人で食べてしまい、味見もできなかった。

もちろん、言えばひと口はくれたろうが、あまりの速さに言う暇がなかった。

美味しかったらしい。

「三国志カレー」もあるという。

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

電動ポット

ピンポンが鳴って

荷物が届いた。

息子あてだ。

と思ったら、

「ポットが来た!」という。

10少し前に

「電動ポットが欲しい」「買う」とか言っていたので

自分の部屋用の小さいものかと思ったら、

2,2リットル

こっちで使う大きさ。

良くわからないけど、マイコンだからお任せしておこう。はい

私はさほど必要を感じていないが

せっかくだから

ありがたく使おう。

これからは、ストーブを使うので

うまく両方使いたい。

寒いと、暖かいものを飲みたいのだろう。

沸かしたやかんからポットに移し替えるときに

私の手元がユラユラして危なっかしいというのがホンネのようだ。

    *

そう言えば

母にも

随分前、甥っ子がプレゼントしていたが、

一度も出てこない。

仕舞われたままだ。

私と似ている。

私もどちらかというと

堂々、母の世代に入るのだな。

四捨五入すれば(10の位を)どちらも100だ。ハハ

「お母さんも十分年寄りの世代だよ。」と言われた。まあね。

| | コメント (2)

2015年11月 9日 (月)

あわただしくも楽しかった週末

金曜日

 

インフルエンザ(注射)を終えた母と別れ、

 

午後から娘のところに行く。4時着

 

土曜日

 

金曜日夜、出張から帰った夫が7時30分頃やってきた。

 

6時ごろ家を出てきたらしい。

 

8時45分みんなで小学校に行く。

 

9今日は小学校の音楽会。

 

飛び切りの見どころ(聞きどころ?)もあるらしく、

 

一族そろって出かける。

 

昔子供たちの音楽会でも感じたことを今回も感じた。

 

生の音楽はいいな。」

 

マゴッチも満足そう。

 

帰ってから、みんなでビデオを見て,湧く。

 

それから

 

夫はマゴッチ二人を連れて公園に行き

 

「鉄棒のかっこいいところを見せようと思った」が、

 

「危ないからやめた方がいいよ。」とマゴッチに真剣に言われ、

 

素直に従ったらしい。当然である。

 

それから

 

お約束の本屋さんに出かける。

 

それから

 

お約束の「キャベツ炒め」などの材料を買いにスーパーへ。

 

それから、キャベツ二個半を切って多量のお肉と炒める。

 

それから、

 

生いか4杯を刺身にする。

 

今回は塩辛ではないので、「イカ肝焼き」も作るらしい。

 

じゃーワイン飲もう。」と私。(やっと私が登場!?)

 

そして、乾杯して・・・・

 

どれもこれも美味しくいただいた。

 

夫はしばらくして、疲れて、寝た。

 

婿殿はキッチンを片付けたり、いろいろ。

 

私と娘は

 

まだまだ飲みつづけ・・・

 

「飲み切れないね、そうだね。」「でももうすこし頂戴」

 

とか「つまみが無くなった。」「冷蔵庫にチーズあったかな。」てな流れで

 

結局ワインは空になった。塩尻のワイン。

 

くいくい飲めそうもないワインだ、などと言ってたのは誰だ。

 

婿殿が、梅酒の水割りを作ってくれたので、

「マスターありがとう、」などと言いつつ

美味しく飲みながら 

私と娘は共に「女の子を持つ母親の気持ち」になって 

楽しく話をした。

 

婿殿に「居酒屋話が弾んでますね。」と、からかわれながら。楽しかった。

 

日曜日 

朝ごはんを食べて二人で帰ってきた。

 

それから

 

スーパーで買い物をして、車で母のところに行き

 

お昼を一緒に食べた。

 

夕方帰って

 

今度は、珍しく家にいた息子のために

 

好物の「アジのたたき6匹分、ニラレバ炒め、なめこと豆腐の味噌汁など」を作った。

 

どこまでも家族に喜んでほしいのであるなあ。

まあ、それが生きがいであるからして・・・

    *

 

考えてみると、(考えることもないが…)

この週末

 

楽しく過ごしたのはわたくしでありまして、

 

あわただしく過ごしたのは夫でございました。

 

でも、それぞれに感謝もされましたから、良かったですね。

 

まっことにご苦労様でございます。

 

明日からはまた出張でしょうか。はい(日曜の夜 記)

 

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

インフルエンザ

インフルエンザに

かかったわけではない。

金曜日、

予防注射に行ったのだ。

私と母と。

妹が私のかかりつけのクリニックまで届けてくれた。

母を。

一年に一回のことである。

「お元気ですね。」

「いえそうでもないんですけどね。」

いつもの会話、一年に一度。

92歳の人もいろいろいる。

上もあればそうでない方も。

私は幸せだと思う。

   *

予防注射の人もいっぱいいて。

クリニックは大混みだった。

   *

スーパーでお昼を買い、

よけいなおしゃべりをしていたら、

買い物したお弁当を忘れてきた。

あわてて取りに行った。

近くてよかった。

いい運動にはなったが

これから

娘のところに行くので、

運動はあまりいらなかったかもしれない。

    *

みんなに母のことを褒められて

舞い上がってしまったかな。

これから

娘のところまで、忘れ物をしないように、無事に着きますように。

| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

いちにちにできること

「毎日を大切にいきる

 

そんなことを

 

口癖にしている私だが

 

実際は、大切にしすぎて(?)何もしていない気がする。

 

    *

 

先日

 

テレビを聞いていた時

 

「年になると、同じことをするにも時間がかかるのよ。」

 

そう言っている人がいた。

 

普通に年を取っている人でも

 

そう思うのか、私は少し安心したものである。

 

    *

 

もともと、元来、生まれつき

 

私は動作も話し方も遅い、と思うのだ。たぶん。

 

元の持っている容量が少ないのに(体の容量ではない、もちろん)

 

いまや。病を得てから

 

よりゆっくりとしか行動できない。

 

    *

 

包丁を握りながら

 

友はこの数倍の速さで切っているのだろうか、などと

 

どうでもいいことに

 

遠くにいる友と張り合ったりもしている。

 

    *

 

いちにちにできることと,

やるべきこと

 

その、やるべきことも、

 

今やそう多くはない。

 

自分のための、生きるための基本的なことのみと言ってもいいほどなのだから

 

かなり時間はある、ハズ。

 

       *

 

なのに、なのに…である。

 

   *

 

ソシテ寝るとき

 

相変わらず思うのだ。

 

明日がある。

 

しかし

 

その明日も

それほどは多くはない、

 

 

 

と、ささやく声も聞こえるのだ。フーッ

 

    *

 

今朝もまた

 

朝ドラが始まり、

 

AKBのテーマ音楽が私にささやく。

 

思い通りにならない日は

 

明日がんばろう。♪」はぁぁぁぁ

 

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

便利グッズ

今日は気持ちのいい晴れであります。

    *

電話があり、

今「百均」に行くところだけど、何かいるもの有る?とのこと。

「えーとえーと。何かある気がするけど…

そうだ、ゴム通し、買ってきて。」

「了解!」

で、買ってきてくれたのが

これとこれ。

001今まで家にあったものと形が違う。

「それと

糸通しも買って来たよ。ミシンの糸通しもあるっていうから。」

「どもども」

2私が良く頼むから、

それに苦労している我々であるから。

夫も見えなくて大変らしい。

私は見えないうえに、

手先が震えるので、

見事糸が通るのは、

宝くじよりは確率がいいという程度。

偶然を期待するしかないのだ。

だから

ミシンの糸もなるべく糸を切らない、続けて縫うか、他のいらない布をはさんでおく。

縫い針も、こんがらからない程度に

長ーい糸をつけておく。

あるいは太い針に糸を通す。

そこで買ってきてくれた糸通し

あ、これ昔から家にあったっけ、針セットの中に入っていた。

若いころは何に使うのかわからなかったが、

そうか、

糸通しだったのだ。

こんにちは、これからはどうぞよろしく!ってな感じである。

使い方はこれから・・・

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

週末の収穫

週末に

6実家の最終とり

ちょうど一か月

もう、後は鳥さんへのおやつ。

あちこちの家に「これで最後です。」と言って配る。

母も一安心だろう。

ちょうど植木屋さんも来ており、

8大きくなっていた、ゲッケイジュもバッサリ切られていたので

それも添えて配る。これも喜んでいただいた。

4柚子も一緒に。

柚子の木は今回伐採したので、全部採った。

果汁を絞って取っておくつもり。

また、配りに行ったお宅から、みかんを頂いた。

3庭のミニバラの赤い実も取った。

クリスマスのリースにしよう。

57ついでに

菊の花ももらってきた。

あちこちに飾って、

私はうれしい。

今日は外はどんより、

だけど、秋を楽しもう。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »