« 運動会のあとに | トップページ | お土産、頂き物 »

2015年10月26日 (月)

十三夜(25日)

土曜日

 

婿殿のご両親が「明日は十三夜だからお供えをする。」と話していた。

 

そしてその日曜日25日、我々はいつものように母のもとへ、柿の実を採りに行った。

 

あと一回で終了かな。

    *

その帰り道、夕陽の中に

東の地平線近くに、うっすらと透けたような月が見えた。

まさに「月は東に日は西に」だ。

「その前の言葉は何だっけ?」

「そうだ、思い出した。『菜の花や』じゃない?」と私。

「そうだったかなぁ。」と不審がる相方。

帰って調べてみたら、ピンポンあたり。

    *

それでついでにネットで再確認。

まず「十三夜」

旧暦の9月13日、新暦では10月の中・下旬(2015年は10月25日)。

まさにまさに本日であります。(昨日だけど。)

十五夜
中秋の名月と呼ぶのに対し、十三夜は「後の月(のちのつき)」「豆名月」「栗名月」ともいうようだ。

「旧暦の毎月13日の夜を「十三夜」といっていましたが、旧暦9月13日の夜は、十五夜についで美しい月とされ、宮中では、古くから宴を催すなど月を鑑賞する風習がありました。十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。」

両方鑑賞するといいと言われていたそうです。

「十五夜」

旧暦の8月15日、新暦では9月の中旬(2015年は9月27日)。
お月見、名月、中秋の名月、芋名月とも呼ばれます。

日本では平安時代の貴族の間に取り入れられ、次第に武士や町民に広まりました。

   *

そこで、さっきの

与謝蕪村の有名な句

   菜の花や月は東に日は西に

 安永三年の三月二十三日に詠まれた句だとされており、
 それは1774年5月3日となる。

 この歌が詠まれた日付は当時の暦で三月二十三日で、

 当時の暦で二十三日の月というと、ほぼ下弦の半月です。

 下弦の半月が昇る時刻は、真夜中の零時頃となるという。

 つまり、この日に「月は東に日は西に」という句のとおり、日が西に傾く夕方に月が東の空に昇るというようなことはあり得ないという。
 つまり、この日の夕方に菜の花畑の真ん中に立っても、
この句の情景は見えるはずが無いらしい。


 では「月は東に日は西に」という情景が見えるのはいつ頃かというと、それは満月の前後。

月と太陽の両方が見えることを考えると、満月かその二 三日前ということだ。

そこで昨日は十三夜、満月の二日前。

25日は、東京で、

日の入り 16時55分

月の出  15時30分 ということですから、

計算上は35分この状態になれるということです。

実際にはもう少し短いのでしょうけれど。

昨日はたまたま、その中の16時30分ごろのことでした。

また、これとは逆の立場のような歌

ひむがし(東)の野にかぎろひの立つみえて 

      かえりみすれば月かたぶきぬ」

という有名な歌が万葉集(柿本人麻呂)にあります。

思わず、思い出しました。

さてこの場合はどんな月かな。

    *

39この文を書き終えた暗い夜、

外に出て見ましたら

青白いクールな光が真上あたりから

ベランダのプランターに降り注いでいました。

天高い十三夜の月でした。

夕方見た月の十分の一ぐらい小さく見えました。

    *

今日は十四夜(待宵の(まつよいのつき

月のことを考えていたら、外は真っ青な青空です。

寝ないで考えていたわけじゃありません。ご存知ですよね。はい。

今日も(も?いえ、「は」です)

がんばろー

|

« 運動会のあとに | トップページ | お土産、頂き物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

月に関する考察、興味深く読ませていただきました。
昨夜の月をしみじみと眺めました。

にわか仕込みの情報。
秋の月の出時刻は他の季節より間隔が短いそうです。
十六夜の月、立待ちの月、居待の月などが楽しめるのは
そのためでしょうね。

月の出の1日平均のずれは50分だそうです。

投稿: こけし | 2015年10月27日 (火) 10時07分

こんにちは
コメントありがとうございました。
お互い夕陽鑑賞家としては
空に月と太陽とがあるなんて、見逃せませんよね。
私も久しぶりに見ました。

50分というのも,私も知りました。考えれば当然なのかもしれませんが、面白いですね。
我が家のベランダから、沈む夕日が見られるのは晩秋のこれからです。

お互い、いい夕日に会えますように。

投稿: いち | 2015年10月27日 (火) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会のあとに | トップページ | お土産、頂き物 »