« 『火星の人』アンディ・ウィアー | トップページ | 秋晴れ »

2015年10月 7日 (水)

深夜の旅行話

6青空。

10月11月のこのいい季節に

お仕事がぎっちりで、遊べないと夫に言われ、

じゃあ、私は一人でも遊びに出かけようと、

一日ジタバタした結果

何となんと

11月の連休は皆あいているということがわかり、  

結局、大勢で行くことになった。やったぁ。

     *

そんなところに息子1も帰ってきて、

3人で話し込んだ。

ノーベル賞の話から、

ニュートリノの話で下呂温泉に行った話。

我が家が仲の良い3兄弟であるからして(女性もいるが。)

互いにニュートリノ3兄弟で遊んだ話。(ブログ)

梶田さんは小柴さんの弟子なんですね。

     *

そこから

息子1主催の「父の日母の日記念旅行」の話を順にした。

「あれって、お母さんが病気になってからだっけ?」

「そうよ。」

私と息子は旅行のことを良く覚えている。

息子は同じく旅好きだし、我々より若いからだし、

私は旅好きなので、

夫はなかなか覚えていない。

自分で調べるようになったのは最近のことで、

現地についてから、どこ行くの?が常だったから。

仕事もいっぱいあるし、息子より年だから、覚えていられないのかも。

     *

そんな時

お役にたつのが私のブログ

パソコンひらいて

始まりから読み上げる。

    *

    ・息子が誘ってくれたこと

2010年 札幌 有珠山 ビール園 積丹半島

2011年 大分、宇佐神宮 国東半島 臼杵 関アジ関サバ

2012年 函館、松前、函館山、大沼、五稜郭、元町

2013年 沖縄斎場御嶽、首里城、辺戸岬、今帰仁城跡 

2014年 長崎、呼子のイカ、平戸のヒラメ、名護屋城、波戸岬

2015年 山形・酒田庄内 羽黒山五重塔、酒田、象潟 万国屋

    *

これらを一つ一つ検証し、感想を言い合い、どこも楽しかった、美味しかった。

何も飲んでいないのに、気が付いたら午前1時半だった。

思い出をみんなの共通意識として長々と語れるのは我々の特技。

来年どこに行くか。考えている。

息子2が来てくれるかが、息子1の気になるところのようだ。

最初の1.2回で一人で運転手と添乗員をするのに相当懲りたようである。

そうだったかなぁ。ご迷惑かけたかなぁ。自覚なし。

さて、次はどうなりますやら…神のみぞ知る。なるようになる。無理はしない…

で、まいりましょう。

|

« 『火星の人』アンディ・ウィアー | トップページ | 秋晴れ »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『火星の人』アンディ・ウィアー | トップページ | 秋晴れ »