« 『衆』 堂場瞬一 と オリーブの悩み | トップページ | 台風  »

2015年9月 6日 (日)

秋田の土産

我々が山形から帰ってきた

その数日後

息子1が秋田へ出かけた。

    *

「近いところに(隣の県である山形)行ってきたばかりだから、お土産はいらないね。」と息子。

「いらないと、勝手に決めるな。」と言い返す私。

「山形でおばあちゃんにアップルパイ買いたかったんだけど、探したけれどなかった。」

と母にかこつけて言う。

「なんか、いいのがあったらね。」「うん、お願いね。」

     *

で、買ってきてくれたのが以下のもの。で、あーる。

     *

畑栄のあんごま餅

「畠栄のあんごま餅は、秋田県八郎潟町の畠栄菓子店の名物で、
地元の人にはとても人気のあるもの」という。

柔らかいお餅の上にあんことすりごまがたっぷりのっている。

賞味期限が短いから、と言われ、確かに密閉性もない入れ物に入っている。

開けてみると、お赤飯とかが入っているような普通のパックに

158一面真っ黒なごまあん。しか見えない。

セロテープで二か所留めてあるだけ。

で、お餅は?

おそらくこの下でしょう。

発掘して一列ずつ食べて、夫と二人で完食してしまいました。

赤福の庶民版、胡麻もたっぷりで、滋養強壮に良い、と思う。ぞ!

今これを書きながら、前で食事している息子に、ふときいてみた。

「このあんごま餅食べた?」

食べるわけないでしょ。帰ってきたら、無くなってた。」

「それはすまなかったねぇ。あまりに急いで食べろっていうものだから・・・」テヘ

    *

003元祖秋田諸越本舗・杉山寿山堂・創業1705年(宝永2年)

「のれん栗」

非常に重い。

大変だったね、と思ったが

羽田までも車だったね。

母のところで山分けしよう。

    *

002「気になるリンゴ」

ラベルに

「この商品は、気になるリンゴ(登録商標)のおいしさをそのままにお作りした、秋田版気になるリンゴです。」

とあった。

そうですよねぇ。

たしかあれは青森だったはず。

あの母の好きなアップルパイのラグノオのものだった。

話が付いているのでしょうか。

    *

001なまはげの里・男鹿工房

男鹿半島の藻塩使用 「塩くるみゆべし」 秋田限定

すべてを担いで、

実家にまいります。はい

|

« 『衆』 堂場瞬一 と オリーブの悩み | トップページ | 台風  »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『衆』 堂場瞬一 と オリーブの悩み | トップページ | 台風  »