« 山形まるごと館・紅の蔵…⑤ | トップページ | 文翔館から…⑦ »

2015年8月30日 (日)

山寺へ…⑥

三日目

(相変わらず頭がぐらんぐらん、ちょっと動いても中心が大きく動いてしまう感じ。 

今までこんな風にはなったことはなかった。 

少し心配だったが、予定より2時間遅めに駅へ向かう。)

    *

とりあえず、山寺に行ってみよう。

幸いなことに,隣に人間の大きさのつかまり棒(?)がある。

しっかりつかまって歩く。

    *

87仙山線で20分ほど

ホームからも全貌がよく見える。

88山寺の駅には来た。

では、山寺に行ってみよう。

ノロノロ歩いて、山寺の階段です。

     *

899092





「山寺は、正しくは宝珠山立石寺といい、貞観2年(860)清和天皇の勅願のよって慈覚大師が開いた、天台宗のお山。

 

正面の大きな建物は、国指定重要文化財の根中堂である。延文元年(1356)初代山形城主・斯波兼頼が再建した、入母屋造・5間4面の建物で、ブナ材の建築物では日本最古といわれ、天台宗仏教道場の形式がよく保存されている。

 

堂内には、慈覚大師作と伝える木造薬師如来坐像が安置され、伝教大師が比叡山に灯した灯を立石寺に分けたものを、織田信長の焼打で延暦寺を再建したときには逆に立石寺から分けたという、不滅の法灯を拝することができる。」

    *

身内に、今現在から今後において、いろいろ心配を抱える今日この頃、この、重要文化財の根本中堂におはします薬師如来さまにお願いすることが、今回の使命であった、と思ったのでございます。(はい、言い訳かなぁ)

山に登るという固い(?)決心も、はや・・・

ふもとを歩くだけでも、今の私には十分!へーい!

    *

9394_2969798


健康お守りを4つ頂き、帰ってまいりました。

99100


101


上には登りませんでしたが、なかなか楽しい「山寺ふもとめぐり」でございました。

102
103


104

神社前の茶店で

玉こんにゃくを

105


106


107


108


109


110


500

それから、

111


ゆっくり

お昼を食べました。

美登屋

「板そば」と「ずんだもち

その後作並温泉に行くつもりでしたが、

お風呂は今の私には、危険ということで、(私と温泉の組み合わせが、危険ということであります。)

112

山形に戻り

市内観光の残りの半分をすることにしました。

駅に設置の見晴らし台から。(続く)

|

« 山形まるごと館・紅の蔵…⑤ | トップページ | 文翔館から…⑦ »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

山寺・…私が行ったのは 8年位前でした
その時だから まだなんとか上まで上る事が出来たけど
今は とても無理ですね。

最近は何処にいても 途中で諦めて引き返す事が
多くなりました。

投稿: ちこ | 2015年9月 1日 (火) 06時48分

こんにちは
ちこさん
私もね、何時間かけても上まで、って思っていたのだけれど、
この調子では無理でした。
「上に登っても見晴らしは良くないよ。」という家族に、
「上からの眺めは何度も見ているのよ。テレビでね。」
家族にそういっている私でした。
さて、リベンジがあるのかないのか。疑問です。

投稿: いち | 2015年9月 1日 (火) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形まるごと館・紅の蔵…⑤ | トップページ | 文翔館から…⑦ »