« 夏休み真っ盛り | トップページ | 夏の暑さ、お見舞い申し上げます »

2015年8月 5日 (水)

『窓から逃げた100歳老人』 ヨナス・ヨナソン

このところ

バタバタしていて・・・

バタバタしている。

    *

この本は、ちょっと面白そうだな、と思ってリクエストした。

    *

読んでいく文の中に

しばしば、先日見た「鍵泥棒のメソッド」のような空気が流れていると思う。

セリフや文章にも、ちょっとしたユーモアが漂う。

などと思って読み出したのだが、

どんどん話は進み。

物語というよりは

話の筋立て,脚本模様。

しかも奇想天外荒唐無稽

まあいいか。

ある意味スーパーじいちゃんの人生の話。

413ページ

2014/6/24 43

内容(「BOOK」データベースより)

お祝いなんてまっぴらごめん!100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追っ手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさとどこ吹く風。それもそのはず、アランは爆弾つくりの専門家として、フランコ将軍やトルーマン、スターリン、毛沢東ら各国要人と渡り合い、数々の修羅場をくぐり抜けてきた過去の持ち主だったのだ。20世紀の歴史的事件の陰にアランあり!過去と現在が交錯するなか、次々展開するハチャメチャ老人の笑撃・爆弾コメディ、日本初上陸!

|

« 夏休み真っ盛り | トップページ | 夏の暑さ、お見舞い申し上げます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休み真っ盛り | トップページ | 夏の暑さ、お見舞い申し上げます »