« 『サラバ!上・下』 西 加奈子 | トップページ | 久しぶりの友人宅へ① »

2015年7月13日 (月)

『仲良きことは美しきかな』

 

気が付けば、もう一か月も前の話になる。

息子の結婚式に

夫の兄や姉夫婦に出席をお願いしたら

快く遠く福島や宮城からも出席してくださった。

親族のみの式なので・・・

    *

せっかくそこまで行くのだから

帰りに金沢などを兄弟夫婦で回って帰るという。

83から73までの兄や姉たち(うちは末っ子なので、今でも頭はあがらない。)

この前、娘のところに行った時、

マゴッチが面白そうに

「一番上のおじちゃんが、○ちゃん、それから○ちゃん、○ちゃん、○ちゃん、そしてジャーちゃんが『○○○!』」

ここだけ、呼び捨てなのが面白いらしい。ニコニコ笑って呼ぶ。いまどき兄弟5人も珍しいね。

    *

日曜午前中の式だったので、

土曜はホテルを用意した。

そこに来るまでも、東京から一緒だったようで、

仲良くずーっと一緒に電車に乗って

前夜も兄妹みんなで食事して、

終わってからも金沢、宇奈月と2泊して・・・

考えるだけでもいいな、楽しそうだな、と微笑んでしまう。

「おじさんかっこいい帽子かぶっていたよ。」

「あの帽子、孫たちから「77のお祝い」にもらったらしいね。」

兄弟だけでなく

その相方も一緒なのが楽しい。あいにく3組だけだったが。

    *

「我が家はみんな夫婦仲良いからね、(きみたちも、な。頑張って。)

中でも君のお父さんお母さんが一番仲良しだよ、」と言われたと、湯気が出たての息子夫婦が言っていた。(まあ、一応そうは言うだろうか。)

いろいろよかったなぁ。

などと思っていたころ

    *

一番下の、つまりすぐ上の義姉から、お礼の電話があった。

心配していたけど、楽しく無事に帰ってこれたのですね、良かった。

    *

677その後

楽しげな写真が送られてきた。

みんな並んで兼六園で笑っている。

←写真は我々が泊まった時の宇奈月ダム。

    *

『仲良きことは美しきかな』

武者小路実篤

その昔、どこかの玄関にあった色紙を思い出した。

|

« 『サラバ!上・下』 西 加奈子 | トップページ | 久しぶりの友人宅へ① »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『サラバ!上・下』 西 加奈子 | トップページ | 久しぶりの友人宅へ① »