« 『さよなら神様』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『サラバ!上・下』 西 加奈子 »

2015年7月 9日 (木)

「金」を食べる

青森に出張に行っている夫から

「青森はいい天気だ。」

うらやまし。

こちらは今日も雨ダス。

昨日息子2の電話で話したら、「いいね。」

「遊びじゃないよ、仕事じゃ。」

で、一緒に白神に行ったのは何月だったっけ?と聞くので

いい加減に答えていたが、

今調べてみたら…7月だった。ブログの記事を探すのに苦労した。(青森白神の旅はこちら

私が病に倒れる前、まだまだ、元気はつらつのちょうど10年前のこと。

で、またしばらく読みふけり思い出に浸る。懐かしい。

もう運転はしないけど、まだまだ出かける気は十分あります。はい

    *

今回のお土産。

まめや 金澤萬久 金のかすてら

4253「豪華金箔を一枚貼り

藩政の頃より、工芸が盛んな街―金沢。金沢が誇る工芸の一つが、このかすてらにも使用している”金箔”です。
金沢は金箔の99%を生産しており、全国に誇れる工芸として発展し続けています。

まめや金澤萬久では、金沢ならではのこの金箔を贅沢に使用し、豪華なかすてらに仕上げました。
こだわりの卵「エグロワイヤル」を使用したすっきりと味わいのかすてらです。 」まめやHPより

    *

金箔はおよそ1ミクロンの薄さ(1000分の1ミリだとさ。)

別に

金箔がおいしいのかはわからないけど、

金沢のお土産としては

うーむ、なるほど、ということになる。

美味しくいただきました。

   *

そう言えば、最近かなりの宿で、金箔が振りかけられているのを見ます。

それだけで、上品というより豪華さの追求と思ってしまいます。

   *

で、調べてみました。

今井金箔さんのHPによると、

「食用金箔

豪華さを味わう・・・
黄金の国「ジパング」の美の源流は金の輝き。金は古来より五臓六腑の機能を高め、不老長寿の媚薬としても珍重されてきました。
豪華な輝きを持つ金をお酒、コーヒー、ケーキやお料理に添えれば、華やかさもひときわです。

安全性を追求し、食用専用に特別に製造しております。安心してお料理、お飲み物にお使いください。」

了解いたしました。

食用という限りは、私にはどうやら視覚的な効果のように思えましたが…

私はどうかな。同じ値段なら、一度ぐらい食してみるか、、というぐらいですね。

金に頼りすぎず、盛り付けで、というところでしょうか。

|

« 『さよなら神様』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『サラバ!上・下』 西 加奈子 »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『さよなら神様』 麻耶雄嵩 | トップページ | 『サラバ!上・下』 西 加奈子 »